FC2ブログ
one day something
スポンサーサイト
------ / --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
7
20070628 / 11:17
うわぁぁぁ、ニコニコ動画で私がラルクにはまったきっかけになった
2000年9月8日放送のFUNの映像があったぁ!
これずっと見たかったんだよ。ありがとうありがとう心優しいツンデレさん。
めっちゃ嬉しい!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm491561
http://www.nicovideo.jp/watch/sm491670
http://www.nicovideo.jp/watch/sm483613


この時はトークがおいしい所満載でねー。
この時期出たプロモーションの中ではかなり好感の持てるTV出演でしたよ。
ユッキーが「ヤメテー!」だのハイディが「いやぁ~っ!」って言っててねぇ。
まぁ、私はそこよりkenちゃんとハイディの車のクラクショントークがツボですけどね。
「鳴らしなさいよー。」の言い方と「あ、鳴らさな!」っていう時のポカーンとした顔がかわいい。
「なんでそいつの為に俺が交通違反せなあかんの?」っていう発言にははっとさせられますね。
あ、絶対現実感。
うまくいえないんだけど、ハイディって人が陥りやすい人の世の道理、
集団によって地盤が固められた「そういうもんだよね」っていうルールを
一歩引いた所から見て本質を見抜くところがあるんですよね。
簡単に言うと「流されない」って事です。むやみに世間に反対するパンク精神ともちょっと違う。
だって、ルールに背くって言うのも、ある種ルールだもんね。
そういうところを私はハイディのもつ「絶対現実感」だと解釈してます。


トークも充実してましたが歌もまた、アルバムが出た後でメドレーやって豪華でしたね。
ほんとに好きになった瞬間の映像は残念ながらありませんでした。
この放送で「LOVE FLIES」も歌ってたはずだけどアップされている動画には入ってなくてですね。
その瞬間は見るなって暗示できっと玉手箱にでも入ってるんでしょう。
しかしまぁ、この時のハイディって今以上にお目目がたらーんとしてるわねえ。
で、化粧も薄めで眉ががっつりで東洋系ですね。
アジアプロモーションをしてたって言うのもあるのかな。


トークの話に戻りますが、なんと!ドライブ中の人格の話をしているときのバックにかかっている曲がDead or Aliveの『You Spin Me Round』でした。
(参考までに→http://www.youtube.com/watch?v=CMwdAc1Dzfg)
最近のハイディのインタビューを読んでいる方なら分かりますね?
『SEVENTH HEAVEN』を作る時に意識した曲、アーティスト。デッド・オア・アライブ。
何の因果か。7年目にたどり着いた楽園と、7年前の出会いがこんなところで繋ってるなんて!
馬鹿みたいに奇跡だと思った。
スポンサーサイト
余すところなく
20070628 / 01:42

あー。神戸行きたい。神戸行きてー。本気で行きてー。
実は福井から意外と近いんですよ。日帰り余裕でオーケーよ。


なんかもう、正直18日まで待てなくてさ。


図ったかのように、最近おとさたなかったレガシィのCMがまたばんばんながれてきてね。
はやく、これを歌うハイディを見たいのです。聞きたいのです。全部貰い頂き受け取りたいのです!


私はネタバレとかあっさり見るほうです。
ネタバレに対する警戒心とか、ネタバレをどの程度見るかという両方においてあっさり。
実はですね人様のレポートってね、ライブ前に見るのとライブ後に見るのとじゃ
見るところが全然変わってくるのですよ。
正直、今のところ私がネタバレで重点的に見ているのはほぼMCとあとセクハラとか(笑)、
そういったメンバーの印象的なアクションぐらいです。
だから、たとえその人がどれだけ演出や新曲に関して思い入れをもって伝えたとしても、
そこはスルーしてます。だって、説明されてもわかんないもの。自分が見聞きしてないもの。
たぶん、ライブ前は大雑把で明確なところだけで十分。
細かい部分、個人の主観は後で照らし合わせて見て初めて面白くなるんですよね。
「あぁ、あの曲!」とか「そういう風に思ったのねぇ」とか「あ、そんなタイトルなんだ」とか
「そんなことしてたの!?」とか「そんなことまでいってた?」とか。
曲のところの感想飛ばしてるとだいたい曲順なんていうのもわからないし
衣装はそこまで重視してないし、あとはセット?あぁ、これはちょっと想像つくと面白くないかな。
ってぐらいで、私としてはたぶんレポを見ようが見まいがそれほど初見の驚きに差はない気がします。
今見る楽しさはねー、旬のものを今食べるっていうのと一緒だなぁ。
私そこまでライブに対してストイックじゃないのさ。
我慢した分の驚きと各地の面白ネタ寄せ集めだったら後者の方が大きいのです。
楽しいことは受け取れるだけ受け取ったほうがハッピー!
あと、その人が楽しんでる感じを受け取るのもハッピー!
ライブ以外の時間でふつーに観光してる人の旅行記みるのも楽しくて好きです。
そういうのみると、「行ったことない県に行きたい病」が再発するんですよ。

疾走
20070626 / 11:27

お久しぶりです。えー、もう10日以上もたってるのですね。
ラルクはあちこち飛んで回って。いつのまに中国・四国方面に!
そして新潟ご当地cielちゃんは米だったのか!酒樽かと思いました最初。
平面で見るとまるっきりCielちゃんが隠れてなんか損してる感じですが
立体化されたのはちゃんとCielちゃんが見えるようで、且つよいしょ、と抱えてるのが
ほかのCielちゃんよりかわいい、かもしれません。
で、富山はどうなのかしらね。ほんと、使いまわしだったらやーよ!
ホタルイカも白えびも鱒寿司も防風林も蜃気楼もみんなスルーして米だったらどつくよ!


なんか、中国・四国方面はは交通の便と日取りの関係でチケットが世にでまわってたりしますね。
愛媛どうだったんだろう。
ちょうど運よく休みだったりしたら飛んでいきたかったよ、行きたいよ!島根。


9年前の絶頂期は、メンバーのケツに火が点いてるかのよう疾走してて、無我夢中で必死で
外の景色をシャットダウンされた中の移動をして、ここがどこか分けも分からず
ごみ置き場から会場入りして…。
ライブ会場だけ、点から点へと飛んでいくような全国ツアーって感じが
いつかのkenちゃんのインタビューを読んでしていました。
9年たった今、4人でサービスエリアでうどん・そば食ってるなんていう
のどかな目撃情報を聞けることに無上の幸せを感じます。
でもね、そんな過去があったから今余裕ある疾走ができる。


「今思えばあれは間違いだった」っていうのはよくあることだけれども、
「今思えばあれはあながち間違いじゃなかった、いや、いい効果をもたらした」
っていうのがラルクマジックにには含まれてると思う。
テちゃんいわく、過ちだったらもういないもんね。


うえー、久しぶりに記事書いたら重い!
最近の出来事を箇条書きで。


・「ガチャピン日記2」を買いました。どこの本屋にも平積みしてあります。
・LOFTのガチャピングッズのところにめずらしく人がいました。
・オカンの行きつけの美容室んとこの娘さんがガチャピン好きだと発覚
・この人気ぶりに驚きと戸惑いを隠せません。
・料理してるページが可愛い。
・地味に縄跳び引っかかってる瞬間のガチャピンが間抜けで可愛い
・彼はまたスキューバダイビングに挑戦するそうで
・「やさぐれぱんださん」が売ってません。こちらはどの本屋に行っても売ってません。
・重版しろおおおお
・このままでは7月に発売されるDVDを買ってしまいそうです。実写版。生瀬さんと堺さんが。
・まぁ、自称「白黒ならパンダよりペンギン好き」です。
・パイレーツオブカリビアンは2作目見てないのに3作目見てしまいました
・ディズニーは血の描写はタブーなはずなのに心臓とか脳みそとかはいいの?
・うん、バルボッサが好きだなー。よく知りもしないのに言います。
・最近またカフェめぐりを始めました。福井を探る!
・痩せました。仕事始めたら痩せました。けど、二の腕は以前よりがっしりしてる気がします
・ハイディの体脂肪率がまた徐々に増えてってるのをみてニヤニヤしてます。
・おいしいもん食ってるって証拠だね!
・最近、オタクより(花ゆめ系)ではない少女マンガにはまりました。
・マーガレットコミックスからでてる「君に届け」っていう漫画がたのしい。
・男の子と女の子がどうのこうのより、女の子たちの友情がほほえましくて好き。
・昔は「少女マンガってどれも一緒!」って思ってたんですが、一時期のオタク文化のブーム以降
かえってオタク向けの少女漫画、ファンタジー漫画(白泉社、スクエニ、角川)のほうが
絵柄、ストーリー、萌えポインツ等々均一化されてるような気がします。
・そうじゃねえよ!って思った方は、何かお勧めの本を紹介してください。
・あ、でも久しぶりに涼宮ハルヒアニメが見たくなってきた(今「God knows」を聴いていた)


うし、じゃあまた何日か後!

かかっていきます
20070614 / 11:37
 
ぎゃっほい。
ムックでやいのやいの行ってる間にラルクがすごいことに。
めざましに目覚まされた月曜の朝。さらっとすごい情報いうもんだからびっくりした。
これはガチャピンの逆襲とみたね。
すごいなぁ、ラルク元気だなぁ。元気すぎて涙が出ます。
スタッフの方が今回のロケットスタートの意図について説明されていたそうなんですが、
そこはかとなくテちゃんの意地と愛情が見えますよ。
今回ライブの集客人数が少ないって事はインタビューでおっしゃってましたしね。
それでまごついてるファンの為にもリリースで補うと。
いっぱい曲出来てるからさくさく出したいという気持ちもわかります。
で、出しちゃうわけね。ライブでがつがつやっちゃうわけね。かかってこいってわけね。


あー今年から社会人でよかった。


お金ならあります!出します!このときをしかと待っていたのさ私は!
いいね社会人。かっこつけてリボ払いしたい今日この頃です。


ハイディの体脂肪率にも涙が出ます。
ハイディもの5分の1は脂で出来てんのねぇ・・・なんてミもフタもないこと考えてたんですが
その後図ったように『機械の不具合でした☆テヘ』と修正されたのには
作為を感じずにはいられませんでした!
大変!ハイディが自分の頭をコツンとたたいて舌をペロッと出してるのが見えます!
「ウソウソ!これ体脂肪率じゃなくて体内マシュマロ比率なの☆」とか言ってます!
どうにかしてください。
確かにハイディの腕の内側はマシュマロか羽二重餅のようなものでできてるようにしか見えない!
ハイディに限らず腕の内側っていうのは刺激をうけてない一番綺麗な肌なんですって。
しかしまぁ、最初の値がでた時ハイディはどう思ったんでしょうね。
「こんなもんなの?ふーん」っていう感じだったのか。
「うっそぉ!ほんとにぃ?」と頬に手をあてがーんとしていたのか。
ま、ハイディがどう思うに関わらずファンは妙に大喜びしてましたけどね。
数値一つで妄想と想像があふれでんばかりですよ。罪な人。
もうスカートずっと穿かせてやって頂戴よスタイリストさん!


昨日夢でご当地cielちゃんのガチャガチャやってる夢をみました。
私が行くのは7月の石川。あと1ヶ月ちょい。ちょい。早く行きたいなぁ。
あ、富士急は25日だけ行くことになりました。
交通の便があまりよろしくないんですよねぇ。
何が何でも富士急行使ってチンタラ来なさいって感じです。コノヤロー!
富士急って静岡じゃなくて山梨だったんですね。


今年はこのラルクのライブ2つと、あとはmonoralリリースパーティーと
東京事変の名古屋公演あたりにいければ御の字かなぁ。
もうちょっと地元ライブ行きたいねぇ。ランクヘッドとか久しぶりにいくか?
あ、PINKLOOPがくるんじゃん福井に!全国アルバム引っさげてのツアーだぁ!
これはぜひともいかねば。
ラルク意外でも今年はアルバムやライブが盛りだくさん!
近々2007上半期アルバム感想書きたいと思います。



ムクムクのムック
20070609 / 23:43
 
フジテレビKIDSクラブの「ちょっとだけうぇぶちゃんねる」で
ムックとMUCCのコラボレーションが見られます(会員登録いります)
ガチャピンがムックに頼まれて書いてたよ。頼まれなきゃ書かなかったのかもね。
そして、今日はムックの日。もう、ムックがノリノリです。
めちゃめちゃかっこつけてポーズとってます。
どうやら、今回の件でガチャピン=体育会系(アウトドア派)、ムック=文化系(インドア派)
のキャラが確立したっぽい。そうやってムックもアイデンティティもっていくといいとおもうよ!


ムックに会った瞬間のメンバーの反応がいいなぁ。
SATOちとYUKKE2人の素直な喜び方がほんっとかわいい。ジャンプしてイエー!
その後思いっきり抱きつくYUKKE。うあわぁぁ…めごいわぁ。
ミヤはハイタッチ。達郎君はムックボール片手に大喜び。あ、YUKKEが着ているシャツの
左胸についてるキャラクターがどことなくガチャピンみたい。
いやぁ、ライブになるとムックかなりノってましたねぇ。途中お客さん煽ったりやるじゃない!


しかしまぁ、今のいでたちと雰囲気だからこそムックも入れるんだよ。
3年前とかだったら無理だった。子供番組のキャラクターが
「大嫌い」を歌うMUCCと一緒のステージに立つなんぞ無理な話。
そんな今のMUCCがとても好きです。
昔を嫌ってるわけでもないし、今だけに固執してるわけでもなくて。
昔があって、あらゆる経緯をたどってきたからこその今がいいんです。
そこんとこはラルクとおんなじだな。うん。


始まりの灯
20070608 / 10:15
 
ムックがMUCCのライブに…!
なんたるコラボ。
ムックはああ見えても結構踊るんです。毛がファッサァアとなびくんです。
皆抱き合ったんだね。もっふぅ!と。
いーなー。ヤフーの期間限定ブログちらっと拝見しましたけどSATOちの反応がかわいらしかったです。
そして、この件に関してガチャピンブログでは一切かかれていない件。
さすがガチャピンです。


さ、今日からラルクさんもツアー開始ですね!
早かったなぁここまで。
ツアー特設サイトの富山のCielちゃんが何の形をしているのかさっぱり分かりません。
どう考えてもたけのこしか浮かんできません。
しかも新潟と同じじゃないですか。米?なんなんだー。
何がともあれ楽しみです。
ヤマトナデシコ七変化
20070603 / 10:09
 
テレビ(MUSIC JAPAN・音楽戦士・Mステ・CDTV)でしょー。
ラジオ(SOL・ラジアン・キューン兄弟)でしょー。
で、とどめに怒涛のサイトコメント(WHAT'S IN!?ExciteBARKSyahoooricon)でしょー…
いやんもう、あっちもこっちもハイディがかわいすぎてかっこよくてやっぱかわいくていいわぁ・・・。うーん、選べない!(そもそも権利がない
かわいくてどこかあたらしいハイディがぽろぽろでてくるんだもの。選べない!(個人的に


コメントさぁ、たぶんyahooとかoriconのは先にとったほうだと思うの。
まだ、ちゃんとPVや曲の説明をしようとしてるのが分かる。
それからexciteもまぁ、ツアーやCDの宣伝してるからまだ、やる気がある時に録ったほうだ。
で、ひどいのがBARKSとWHAT'S INとキューン兄弟。
可笑しい度を比較すると下のような感じ。

(まとも)yahoo>excite>oricon>>BARKS>>キューン兄弟>>>>WHAT'S IN!?(変)

1曲に対して角度変えた質問や同じような質問してくるから
疲れきっちゃってどうでもよくなってきてるっていうか、ハイディ自身が
インタビューの内容以外(つまりは話し方)で変化球つけてんのね。
っていうかネジがどっかで外れたな。ゆっるゆるの会話だよ。
それが、もうもうもうもうもうもう…!こんな子私知らない!こんな子今までいた!?ラルクに。いねぇ!ニューハイディ万歳!
私より一回り以上違おうが「子」です!あの子この子よわばりです。
もうね、ハイディっていう1人の男をきゃーきゃーいいながら見てる、っていうより、
ハイディっていう一(いち)生命体をじっくり観察して新たなる発見に一喜するっていう
感覚なんですよ。どっちでもあってどっちでもない。だから、ハイディがたまに男っぽいことしてたりたまに(最近では頻繁に)女子っぽくなったりどっちにでも甲高く反応するわけ。


WHAT'S IN!?のハイディは撫でまわしたい。
洋服くるっくるくるっくる弄繰り回してるハイディを弄繰り回したい。

「ふぇしゃっしぃぶりの…(久しぶりの)」

もう、何語よ。フェスティボーって言った。絶対いった。
ハイディの頭ん中はフェスティバルです。
「すみはすみずみエブリバディ」(byラジアン)がふと思い浮かびました。
もしくは「しゃぷれぱにゃよ」。えぇ、もう赤ちゃんレベルです。
「はいどでちゅ(byラジアン)が違和感ないのも気持ち良いのも、すっかり赤ちゃんレベルに本人様がなっておられるからです。
でさ!「や…約2年ぶりなんだからさぁ!」ってところで首をふいってするじゃん。
あそこ、超萌えた。
跪きたいぐらいのお姉さまぶり発揮ですね。
赤ちゃんになったりお姉さまになったりせわしなく変化しております。
ユッキーの「日々」発言に「うっわ・・・日々とかいうしー。」っていう
ハイディはなんかちょっと若者チック。まぁ、ああいう反応普通の人がしたら私イラっとしますね。
「作品のえぴそーどとかいわれても、ないんだもん!」ってうっかり本音が出てしまうコメントでした。
テちゃんも雑誌で同じようなことを淡々とおっしゃってましたけど、ハイディがいうと
いつもどおり一生懸命つくったんだなーってほほえましく見てられるのよね。
まぁ、ようはものの言い方なんだなぁって。
「ない」っていうのを熱を持って伝えるか持たずに伝えるか。
それで、人の受け取り方ってすっごくかわるから。


BARKSは、放送事故寸前。ハイディは寝てるのかと思いました。
そりゃ、いつもだんまりなユッキーさんも「いやいやいやいや・・・・」「ちょ、ちょ、ちょ、」と
あわてるのものです。でも、その後咄嗟に出た「みんな明るくなりましたよ」は、
あまりにも的を得すぎて笑いました。なんだかんだでちゃんと見てるのね。
その後のテちゃんのフォローもよかったな。ほんと、いい歳のとり方をして、
無理なくほどよいメンバー同士の距離感が保たれてる。
そうそう、ハイディが疑問視している「ラルクアンシエルの何が良いんですか」という問いには
まさに、この「距離感」と返答したいものです。ファンとの距離感、そしてメンバーとの距離感。


あ、下の日記、主語がなかったんだよね。まぁ誰かは分かるとは思うけど。
ハイディな。
両乳らしいよー。変なところで規則正しくシンメトリー。
かわいらしいっていうかちょっと間抜けな感じですね。両乳って。
片乳やって、癖になってもう片方やっちゃった、とかね。どんだけMやねん。
ハイディは自分自身すら素材にして何かを残したり、刻もうとするんですかねぇ。
そういう心意気は想像するだけならおおいに萌えるんですが、実際やられると
勿体無いって思っちゃうんですよねー。
これ以上あれこれオプションつくと安っぽいロッカーになっちゃうよ。
その体がファンにどれだけ天然記念物扱いされてるか・・・。
身一つで十分なのに。


音楽戦士、よかったですねぇ!目がうるうるきらきら。
あと、この番組に関してはユッキーがにわかに心を開いているので楽しいです。
その時のユッキーがたまらなく可愛いです。このときばかりはユッキーに気持ちが傾きます。
あと、ハイディをみるより、ラルクを目の前にしたテンションの高い梶原を見るのが好きです。
同じもの、人を好きって人の気持ちは見ててほんと幸せになるんだよ。
それを、どうも青木さやかからも感じるんだよね。あの人、お世辞でもなんでもなく本気で
「どうでもいいけどほんっとかっこいいですね!」って第一声でいいましたよ。
これは、相当好きになってるなぁと見た。
ラルクと一緒に仕事して、ラルク好きな梶原と一緒に仕事してりゃ感化されるよねぇ。
アキバに片足突っ込むkenちゃん。フィギュアを全員分作ろうとした心意気が可愛いと思いました。
メイドカフェなぁ。ブームも去ってだいぶ落ち着いたから行くなら今だよ。
kenちゃんはふつーのおねーちゃんがメイド服着てるだけのような
安っぽいメイドカフェが合うと思う。テちゃんはもうちょいアニメ萌えをねらったメイドさんのいる、
いわばオタク向けなメイドカフェ。もしくは内装がモダンな建物のところ。
ユッキーはどこでもいいから、接客の質の悪さにテーブルひっくり返してキレればいいと思う。
ハイディはシャッツキステに行けばいい。メイドさんはともかくあの空間はたぶん好きだと思う。
ハイディが、やたらくしゃっと笑った顔をみせることが多かったなぁ今回のトーク。
笑う度に、目と眉の距離がいっそう縮まって外国人さん顔になる。いいねぇ。
あと、ハイディやせたなぁ。剥げてはいないけど(笑)痩せたね。
口の周りの肉がなくなって骨格がしゅっとしてる。
だから、"The answer in a minute thirty-one"のところで顔を横に背けて手を出すところの
顔のラインがめぇちゃくちゃシャープで綺麗で、プラス目線が見下し目線だったりするから
たまらんのですよ!!!あぁ、もう、好き。これに尽きる。
お歌のところはもうちょいまじまじと見ますわー。他の番組と一緒に。


CDは発売日に買いました!
クラフトはkenちゃんだったよ。
車の中でガンガン聴いてます。今回、いろんな音が入ってるっていってたけど
それを確認するにはインストバージョンがぴったりです。
個人的に2番からkenちゃんのギターメロが繰り返しくるくる回って入ってくるところが好きかな。
パンク、私今までで一番好きかもしれない!一番聴き続けていられる。
テンポがころころ変わって飽きない。テちゃんのファルセット綺麗。
もう、あの「ウォーオーオー」っていうコーラスはいかにもラジアンスタッフが作りそうなノリだし。
このアホっぽさは個人的に好きです。「SEVENTH HEAVEN」の皆が歌って踊れる(酒飲みつつ)曲
っていうのと繋がるしね。まとまりのある1枚になったんじゃないかなぁ。




copyright (C) one day something all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。