one day something
スポンサーサイト
------ / --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
20070830 / 10:46
 
今日はお休み。
4連勤→お休み(ライブ)→4連勤というここ2週間弱ハードな感じだったので
昨日は10時に寝ました☆
さて、マニキュアもばっちり塗ったことですし、お昼から外に出ますか。
あいにくの雨ではありますが。ね。
思えば今月全くお買い物してません。買っても消耗品。
おかげさまで土曜日富士急行ったっていうのにお金に余裕がありまくりです。
というか遠出したのにチケ代抜いた総支出額が25000円弱。うち、20000円ぐらいが交通費。
この前友達によく遠征してお金もつねー、といわれたのですがたぶん買い物してないからです。
そこへ来て給料日。やーちょっと顔にやける。
秋物見に行こう。お化粧品もちょっと可愛いの買ってこよう。ポーチと鏡!
それからラルクのシングル。
おー、久しぶりに物欲があふれて来た。


それからどっかの店で腰落ち着けてレポも書きますよ。
スポンサーサイト
富士急ハイランドまでの珍道中
20070826 / 09:51
 
行ってきたよ富士急。
午前中は品川でまったりペンギン見てました。
あぁ、この数時間後にこのペンギンと同等、いやこれより可愛いハイディにあえるのねーん、
なんてのんきに考えてたらうっかり開演に間に合わなくなるところでした。
その一部始終を、まず。


特急列車で新宿から大月までいき、ついたのが15時半。
ここでトラブル発生。

15時46分の特急に乗れない。

どうやらこの列車最大3両か4両ぐらいしかつなげないらしく、
しかもこの時間帯は2両編成だった模様。
この列車にのるとだいたいハイランド駅には30分前について、
まぁグッズ買ったりのんきに歩いてたらちょうどいい時間になるだろう、という時間帯。
と、いうか開演にきっちりまにあうのはもうこの時間しかないわけです。
次に出る電車は59分発の普通。一時間近くかかるので、ついたら即ダッシュして会場に向かい
なんとか滑り込みセーフでつくかどうかという時間帯。
それにも乗れないことが発覚。
え、じゃあ次は・・・16時28分発。

確実に間に合わない。

初めてです。こんな状況。遅刻?うそおぉぉぉん。
でも乗らないことには着けません。渋々乗りました。
正直、一瞬行かないでおこうか、とも思いました。帰りも同じ状況で
夜行に乗れない場合を考えたからです。まぁ、次の日の仕事は昼からなので
夜行けって朝方新幹線で帰ればいいか、と、最悪の場合を想定しつつ行く事にしました。
あきらめなくてよかった。あ、臨時バスが急遽出されていましたがどうだったんでしょうか?
まよったんですよねぇ、そこで同じように迷ってる2人と電車の中でおしゃべりしてました。
もー、なにがかわいそうってまきこまれた一般人。と、普通の観光客。
おばあちゃんはめを真ん丸くしてました。いつもはすっかすからしいですよ。
そうです、この富士急行線、これがまた富山のローカル線並みにローカルで。
もっと、観光地的なイメージをしていたんですけれどもね。地味ーに地元民の足になってましたね。
気は確かに急いているのに心は懐かしさでいっぱい。
民家から、学校の校庭から、駐車場から、ぱんぱんの車両をものめずらしそうにみる人たち。
平穏な田舎に訪れた異端。
にしても、車輪と線路の不協和音がひどかった。さぞ重かったことでしょう。今日の車両は。
こんな状況で富士急行のメイン、富士山なんかみる余裕ないかしら、と思ってたら
見たことある形が目の前に飛び込んできて「あれ富士山じゃない?」と咄嗟に口に出しました。
ひょっとしたら勘違い?とおもったのですがどうやら周りの人たちも「富士山だー。」といい始めたので確信しました。ちょっとだけ落ち着かない心が和らぐ瞬間。
がしかし!一分でも、一秒でも早くついて!そして開演は一分でも一秒でも延びてくれ!
とある無人駅の横っちょに天使像をみつけ「あぁ!ミカエルハイディどうかひとつ!」と、お祈り。
そんなこんなで駅に着き、右も左も分からず流れに乗りコニファーフォレストまでのバスに乗り込む。音は聞こえてこない、まだ。
隣にのった人が「友達からメールあったんですけどまだ始まってないみたいです」との知らせ。
オゥ!サンキューミカエル様!
バスから降りてもスタッフさんが「まだ始まってませーん!走らないでくださーい!」
と、叫んでる。ああああ、もうどうせ1曲目から3曲目まではあきらめてました
「Thity-one」のフリもできないと覚悟しておりました、
それをここまで伸ばしていただいてありがとうございます感無量です悔いはありません。
ですが走ります。あと一息!
これまたみんなで全力疾走する姿は(しかもいろいろ重装備で)はたからみたら
おかしな光景だったんでしょうねぇ。


30分押しの5時半開演。映像が始まったところに滑り込みセーフ!
空はゆっくり夕暮れ時を向かえ涼しい風が迎えてくれます。野外気持ちいーなー。
眺めはまぁまぁ、あれ、こっちまできたら近いんじゃないのー?
いい席じゃない!なんてこと。
あぁ、こういう時をなんというんでしょう。そうです。

終わりよければすべてよし!

ちなみに帰りは叙情詩の1番が終わった時点で抜け出したところ、
すし詰め状態ではありましたが予定していた時間の特急にのり、
ぶじ夜行バスにも間に合い現在この記事を書いている所存です。


あぁ、もういろいろ最高でした。盆と正月とクリスマスがいっぺんに来た感じ。
詳細はまた今度ね。
今日行かれる方は余裕を持った行動を。
あと昨日を教訓に今日はおそらう臨時バスとかもっと出ると思うんでそこらへんは
駅員の人にきいたりした方がよさそうです。
皆さんが無事開演前に会場につけることを、そして無事に家路に着くことを祈ってます。

夏のおわり
20070824 / 10:57
 
ぎゃー!オカンのジーンズがぴったり。
いや、ね、オカンが「このユ○クロのスキニー買ったはいいけど、
サイズでかいわ伸びるわちっともスキニーじゃない!」

と私に渡されまして。ちなみに私もその2サイズでっかいのを同じときに買ったのですが
オカンと同じくゆるゆるでまったくはいてません。
で、いくらなんでも2サイズ下は無理だろ・・・と思ってはいてみたんですが
ぴったりでした。おおぅ!スキニーだ。スキニーになってるよオカン!ほっそりぴったりだよ。
まぁ、のびるしね。うん。オカンのぴったりサイズは私にはまだまだはけません。
しかしまぁ・・・仕事初めてほんとにやせました。5キロ突破しそうです。10の位が変わりました。
ダイエットもクソもありません。物理的に仕事場で走り回って重いものもってるだけです。
ビリーなんてやらなくてもいいんです。店で売ってますけど。なんか安くなってましたけど。
ちょっとブームから遅れて入荷したからねぇ。
そりゃあお客さんにも「遅!」っていわれるもんです。


もうすぐ夏も終わりますねぇ・・・。
お店にはちょくちょく親子連れのお客さんが来て
「子供の自由研究に重曹欲しいんですけど・・・」ってきいてきます。
研究終わったらお母さんにあげてね。掃除するときに使えるからね。
あと、「赤ちゃん用の水遊びパンツないですかー」ってよく聞かれます。
おじいちゃんが買い物頼まれたのか、何がなんだか分からんって感じできいてきます。
お盆の時には日焼けしてまっかっかになった人が駆け込んできて、
日焼けの後の火照りやヒリヒリ感を抑える薬を聞いてくること多数。
家族でずずいっと詰め寄ってきてねぇ。す、すみません、ただいま品切れでして…
発注してもなかなか入ってこなくて・・・ほら、みんな考えること一緒じゃない。
子供が店中を駆け回ります。広いし涼しいしそりゃあ楽しいことでしょう。
そこで買ったばかりのアイスを食べればもう天国です。
でも、誰かがぐずって泣き出したり、お菓子をめぐって兄弟がけんかを始めると地獄です。
広い店ですがその店にぎゃーぎゃー声が響き渡ります。
子供のエネルギーはすさまじい。発電できるんじゃないかって思う。
世のお母さんは大変。お母さんが仕事で自分がたまたま休みになったから
1日中面倒みることになったお父さんは慣れてない分もっと大変。
おじいちゃんおばあちゃんが孫をつれて店に来てるところをみるとなんだか和みます。
両親共働きで、うちにいるじーちゃんばーちゃんが昼間面倒を見てるんだろうなぁ。
自分もそうやって小さいころをすごしてきたんでね。うん。


お店にいると、夏だなぁとおもわせるシーンによく出くわします。
今年は地元の花火大会も仕事でいけなかったし祭りも行ってないけれど、
妙なところで夏気分を味わってます。
あー、だけどプールだけは行きたかったなぁ。
先週友達と会ったとき、今週末行こう!と、誘われたのですが
なにせ、そのころ山梨県にいるもんだからさ・・・。
あー、水着せっかくだから着たいんだけどなぁ・・・はっ!


富士急でビキニを着ればいいのか。


いやいや、焼け死ぬ。Bブロックからどんだけ必死なの。
さ、今日の夜出発です。初の野外ライブ、精一杯夏気分を味合わせていただきます!





PV
20070823 / 10:05
 
某所で「MY HEART DRAWS A DREAM」のPVをフルでみました。
ついでにいうとやっと正式音源をフルで聞きました。
なんかもう、ボファアアアアアアアア!っと思いの丈があふれ出ました。
ハイディが「どんな状況であっても何かしら夢を持たずにはいられない、ちょっと切ない感じ」
ってインタビューで言っていた意味が、
この曲にこめられた「夢を抱く」前提にある世界が、一気に見えてきたので
独り善がりにちょっと書きます。


全体にわたってモノクロカラーの映像。
これって単純に、「絶望」というとちょっと極端ですが、
先の見えない雲行きの怪しい世界を現してるんじゃないでしょうか。
ハイディはそれを歌詞の中で表現してるんですよ。

雲の先に太陽を感じる

雲の上に太陽がある、つまり太陽は雲に覆われてる。どんよりしてるわけです。
まさしく、先の見えないよろしくない世界。
けれど、太陽が「ない」わけじゃない。ちゃんと太陽があることを感じている。
絶望のどん底ではなくって、そっからちょっと這い上がってる、
自分が描くだけの希望は残ってるってことをこの短い歌詞の中であらわしているとしたら?
そう、PVをみてこの部分の歌詞が意味するものに気づいたんです。


で、この歌詞とつながる歌詞がCメロにでてきます。

視線は日差しを捉えてる

PVに出てくるメンバーの目線、子供たちの視線、若干斜め上です。
みんな、雲の先の太陽を見据えてるのね。
そして、最後に子供がクレヨンで描いた世界がカラーになる。
「そうなるといいな」「そうなるきがして」「そうなることを祈らずにはいられない」
そんな思いが最後のシーンにこめられているような気がする。
白黒の世界がカラーになる、といえば「snow drop」のPVですが、
あれはオチがちょっぴり物悲しく終わってまして(夢オチみたいな)
それに対してこれは「希望」を残して去る、みたいな感じですね。


ものっすごくシンプルでわかりやすいPVだと思いました。
時間がなくてけして凝ってるとは思えないPVですが、
逆にそのシンプルさが曲の世界をより分かりやすくしてくれたのかもしれませんね。
kenちゃんの横顔が好き(唐突に)。
「つぎはぎであろうと」って歌うところのハイディが体をくの字にまげて歌うところがすき。


余談ですが、公共広告機構のCMに使えそう。
地味に暗くてぞっとしてあとでどんよりするCMよりこういう希望を残すようなCMも流してほしいよね。
お先真っ暗だらけじゃ夢を抱く気力もなくなるもの。



ほー。
20070823 / 09:04
 
すげーなぁー、佐賀北勝っちゃったよ。
開幕戦で、地元校が負けたとき「なんだ、佐賀に負けるとは・・・」と正直がっくりしてたんですが、
それから2回戦再試合するわ、帝京に勝つわ、まぁ負けるだけの理由はある高校だったんですね。
県立進学校が細々とグラウンドの片隅で地道に練習して、予算やりくりして、
そんで試合一生懸命やって日本一。天晴れだ。涙出るよ。
この日本一はその努力が認められた故与えられた「おこぼれ」みたいなもの。
次試合してまた佐賀北が勝てるかっていったら分からない。
それでいいよ、もう決勝まで来ると疲労にしろパワーにしろ五分五分で
勝負決めるのは「運」なんじゃないかなって思ってる。
去年のような派手さもスター性も無いけど、すごく正統派な高校野球を見せられた気がしました。



monoral NEW ALBUM RELEASE PARTY 『Turbulence』 in Shibuya AX
20070819 / 11:12

Anisが体調を崩されて名古屋のインストが中止になったそうで。
今年がんばってるもんね。あちこちまわってお仕事してるし、この厚さだし。
お体気をつけて、あー、ハロウィンどうしようか?
仮装しなきゃいけないからなぁ。メイド服ぐらいしかないよ。しかもロング。
あっついなー。
では前回のmonoralリリースパーティーのレポートどうぞ。


いやぁ、いい会場でしたねー。monoralのライブ今回初めて行ったんですけど
AXぐらいの広さががっちりはまってました!高さと広さがちょうどいい。
これ以上狭いときっとAnisの声も腕も広がりきれずに終わってしまう、
けど、ホールとかアリーナって感じはどことなくそぐわない。
monoralは外か広めのライブハウスがいいです。
そんななか私は、後ろの一段高いところで見てました。機材がおいてあるところの横っちょ。
もたれつつだるーんと。Anisはタッパがあるからよく見える。


ステージには最初薄い幕がかかっておりました。そんでもって1曲目は「kiri」。
ステージにうっすらと5人が浮かび上がります。(ここでチームmonoralが5人であることを知る)
幕があるからそこにいるかいないかのような漂ってる感じ。遠目だとね。
初っ端からこのバラードで来るか!とびっくりしました。
初めての生monoralバンドサウンド、潤いと広がりのある音で箱中が満たされる。
森の奥の綺麗なところで恵みの雨を受けてるような、とかくもう、気持ち良い。
最初っからノリの良い曲で火をつけるより、水を介してじっくり奥から温めていく
monoralの罠にずるずるはまっていくのです。
このら辺、達観してるっつーか、若さと勢いだけが売りのバンドとは違いますね。


2曲目、先ほど降り注ぎ満たされた水がこの曲のイントロで沸々と湧いてきます。
影が幕の上をさまよう。あぁ、どうしよう!どうしようもなくかっこいいよ!
曲が展開した瞬間幕がざばっ!と落ちる。「Like you」
おわぁぁぁぁぁぁぁAliとAnisがスーツだああああ!正装だ!「Turbulence」のアー写の2人だ!
水は沸点に達し、血は騒ぐ。
この曲に隠されたAnisとAliの悪意が蔓延してしてやられた感ばっちり。


さ、この最初の2曲の流れのイメージが強すぎてあとが飛んじゃってます。
アルバムで割りと好きな曲「Pompadour」はわりと序盤でやったはず。
この曲さ、Aメロの入り口はわりとさわやかなのに終わりが不穏な感じが漂ってるところがすきー。
Anisが何をしゃべったかはもうほとんど覚えてないなぁ。
「タービュレンスの曲ぜんぶやります!」って言ってたような。
「monoral至上最も長いライブになる」とも言ってましたっけ?
あ、今年はあっちこっち回ってライブやってて、ファンの子に「ライブでこの曲やってください!」
ってリクエストをされるんだけど、その中である一人の子がずっとリクエストしている曲があるって
ことを話してました。
その瞬間上手中央側から「きゃぁぁぁぁぁ!」と声が上がってました。その子がいたみたいです。
Anis、「あー、来てるねぇ。」そりゃ来てるだろうよ。
そのリクエストしてる曲が、「I am I am」っていう現在廃盤になってて
買いたくても買えないCDに入ってる曲なんだから。


そのリクエストにmonoral応えてくれました。6曲目で歌ってましたね。
ミディアムテンポでけだるくてちょっとエロい曲。うん、好き好き。
でも、聞きたくてもCD無いから聞けないのねえぇ。
で、その後にやった曲がドツボにはまりまして。イントロのギターの重厚感が
どえらいエロティックで私の中のよからぬものががだだ漏れしそうだった。
Anisエロい、Aliエロい、あぁこの空間全部エロい。

this band has not begun.

この曲は幸い、今でも販売されている「in stereo」っていうミニアルバムに入ってるので
ライブ終わってから即買ったんですけど、いかんせんライブでの印象がきつすぎるのか、
CDの音では物足りない。全体的におとなしくて薄暗いのよね。
「in stereo」にしても廃盤になってるCDにしても。
今のようにがつんと派手にやっちゃってる方がかっこいい。
いっそあたらしく録り直して出せばいいのになぁ、なんて思ってます。


密室的な2曲が続いた後はさわやかにシングル曲2曲が続きました。
Anisの動きがいちいち可愛い。どっか1点焦点定めて歌ってる時とか
後ろ向いて左右にぴょこぴょこはねてる姿だとか。
でもやっぱり基本はかっこいいかな。


すっげぇかっこいい!とドツボにはまった曲2つめは「weird kind of swings」
確かAnisが拡声器もって歌う曲。その拡声器をもってゆらぁっと構える仕草もすきなんだ。

ものすごく悪どい感じがして。

Anisの中の悪魔が姿をあらわすんですよ。にやにやしながら。
その悪意に飲み込まれてもいい!なんて馬鹿な私は思うのです。
Anisはさ、「wash」の歌詞見てるかぎりだと私がグーを差し出したら
グーを乗っけるような、相手に従ったりつくしちゃう健気でちょっぴり変態なMなんだわ
と思ってやまない・・・やまなかったんですよ。
けれども、サイン会での「ちょっとだけ、優しい。」といった発言や、
Perfect Goldの力強く甘美で妖しい誘惑や、
拡声器を持った時のにやりとした悪どい笑顔を見ると、
Anisの中にSの悪魔が潜んでる気がしてならないのです!最近。あの優しい顔の下に!
こうなったらAnisの脳内暴いてやる!と、探ろうとしたら思いのほかガードが固かった。
ちょっと崩したら一部露呈されました。ちなみに、ハイディとの関係性はこんなかんじ


「sparta」は血が騒ぐね。Anisはこの曲の前に「次が勝負・・・」っていってました。
あー、もっといろんなこといってたのに!ちっとも思い出せやしない!


アンコールはFUJIROCK前夜祭でできなかったアコースティックライブを
やってくれました。
「Monkey Cage」と「wash」の2曲。「Monkey~」は一応みんなのリクエストで
やったみたいだけど、この時点でアルバムでやってない曲がこの曲だけだったので
どのみちやることにはなってたんだろうね。
個人的に「Tente」をやってほしかったなぁ。私この曲すぅごく好きなの。
でもね、この単語の発音が分からなくてリクエストできなかったのさ!
あまりこの曲好きっていうmonoralファン見かけないんですよね。
アルバム1曲目だし、アルバムの中でも代表曲に選ばれてるもんだと思ってた。
「wash」はインストの時からあぁ、たぶんファンの中で名曲化されてるなぁって
思ってたんだけど、CD聞いたら私も途端に好きになりました。
やっとみんなが歌っている部分を知ることができたよ。in this coming of darkest time~♪


さ、アコースティックライブだけではアンコールは終わりません。
びっくり!ほんと長い長いライブです。2時間越えてます。
「Don't you look~」とAnisが歌い始めます、細々ながら跡に「Don't you look~」と
ファンが歌います。この曲も盛り上がるわねー。
その後の曲がめぇちゃくちゃかっこよくて、でも何の曲か分からなかったんですけど、
調べたらビートルズのカバーでした。「Helter Skelter」
monoralライブでは定番化してるのかしら?すんげーよかった!
わりと海外のアーティストでこの曲カバーしてる人多いみたいですね。
曲とってもいいんだけど、やっぱりmonoralサウンドで欲しいわー。


最後は「Tame me」前作アルバムの最後の曲。
「みんな調教されやすい曲、仲良く」とかなんとかいってたかな。


そのほか。
Anisはライブが進んでいくにつれて徐々に服がカジュアル化していきました。
ジャケット脱いで、ジャケットの下に来ていた白のカッターシャツのボタンがはずれ
羽織るだけとなり、アンコールではTシャツに。
Aliはジャケット脱いだらベスト着てた!ぬおぉぉう!好きだ。
個人的にはかっちりした服をちょっと着崩すぐらいがすきです。


Anis、MCで唐突に「あぁ、今ものすごく頭の中妄想が・・・」と言い出す。
なんだっけ?「○○(メンバーの名前)と○○が~・・・」「○○がマイク持ってー」
「Aliがビデオまわしてー。」「僕は監督でー・・・」
な、何の話がしたいのかしら?Anisは。
なんつーか、Anisのトークのテンポは独特だ。時々ついていけない時がある。
Aliは「ロズウェル60周年!」と嬉々として話そうとしたところ、
客席の頭から「?」が浮かんでいたのを見て、話すのやめました。ちょっとしょんぼりぎみ。
あぁ、この人は音楽バカだ。生粋の。
すげー気さくに話すのに、音楽のことになったらまわり無視してノンストップだ。


途中、何かの曲で最初ミスって曲がストップしましたね。
Anisが「ストーップ。」とまったをかけた。「ちゃんとやろう。」
最初が静かで、いきなりガン!と音が盛り上がる曲。タイミングが確かにとりづらそうな曲だった。


レポを書き連ねましたが、改めて、monoralはかっこいい!
とてもじゃないけど小動物をみるような感覚ではみれないわ、笑
人として、ミュージシャンとして、一人の男としてかっこいい。
やさしさと、危うさと、攻撃的、この3つの要素がバランスよく配分されているライブで
癒されたい気持ちと圧倒されたい気持ちが同時に消化されました。
monoralは今年で6周年。前作のアルバムが出たころだから。
私は、えっと・・・2年ぐらいですわ。これからも何卒良しなに。

好きなものに囲まれる日々
20070815 / 02:40

ガチャピンにあってきたよ!13日にシダックスで。
ぎゃほー!去年の11月ん時より間近で見れたし触りまくったし一緒に写真もとったぜー。
もこもこもふもふしてたー。毛が逆立って手のあとが残るとスタッフさんが
一生懸命毛並みを直していました。
ガチャピンの歯につんつん突っついてる人もいたね。チャレンジャーだ。
あー、とにかくかわいかった!
ガチャピンを堪能した後は6時間みっちりラルクターイム。
ひっさし振りに、否、初めて?
ラルクファン3人で最初から最後までソロに逃げることも無くラルクを歌い続けました。
一人あたり25曲は歌ってたよ。そして気づいたよ。
ライブで1人でぶっ続けで20曲以上歌い続けることの大変さとそれができるハイディのすごさが!
私は15曲目ぐらいからのどが可笑しくなってました。のどが開かなくなるのが如実に分かった。
昔の曲がさっぱり歌えませんでしたねー。そこらへんは友達がうまかった。
「追憶の情景」とかさっぱり。うん。よく歌えるなぁと思った。
私は「THE NEPENTES」とか「cradle」とかたとえラルクファンがそこに居合わせていたとしても
歌わないような曲ばっかり歌ってました。「Coming closer」が意外と歌ってて気持ちよかったです。
やっぱり立って歌うと腹に力はいるわー。


「瞳の住人」をきいたらすっごく「SMILE」が聞きたくなりました。
初回の衝撃は「AWAKE」が大きかったけど、今になると意外と「SMILE」が好きなことに気づく。
聞きやすいっていうのもある。重くないから。自然と笑みが出るから。


「WHAT'S IN?」ばっちり購入済みです。
あぁ、ハイディのアップの写真がものすごくシロガネーゼ?代官山マダム?
みたいなセレブリティあふれる笑みをなさってますよ。
うおおおお美人だー。こういう女性が好みです。ほんと。
いつぞやか、ガックンが「HYDEが女性だったらいいのに。」っていってたけど
ほんと、こういう顔立ちの女性がいたらいいのに。むしろハイディ細胞分裂して
2人になってかたっぽ女性になればいいのにね。
今回の写真いい感じにナチュラルでいいですね。ハイディはツアー中だから
ちょっぴりお顔がやせてて、アイメイクがそれほど施されてないのでお目めも
そこまでパッチリしてない。
薄めの顔をしていらっしゃる。どことなく亀梨君にみえるな。


ハイディの歌声と歌詞を感覚でつかさどり作曲するkenちゃん。
そのkenちゃんの頭の中を読み取って歌に徹するハイディ。
いいなぁ、いいなぁ。もういつまでもいつまでも来世でもこの2人が
一緒に何かをやっていられたらいいのに。そう願わずにはいられない。


「体が歌う」かぁ。
確かに、カラオケでも座って歌うより、立って動きつつ歌うほうが明らかに声は出るし
感情の入れ方も変わる気がする。
不思議だね。「体が歌う」ってちっとも難しい漢字使ってないし難しい言葉言ってないのに
とても魅力的な表現なんだよねぇ。
その体が歌っているハイディを実際見ているからかな。妙に納得させらた。
ハイディは単純に言葉を組み合わせるのがうまいよね。
年齢とか経験値に見合ったそれ相応の言葉を組み合わせて、
誰も辿りつけない孤高なところにいる。




オフ友の蜥蜴ちゃんから、バトンいただきました。

『妄想同居人バトン』

同居人はバトンを渡す人が事前に指定します。
で、指名された同居人というのがですね、「虹の女王様といかが?」と、書いてありますが・・・。
えーっと、その・・・女王様は虹の麓に住んでおられまして・・・。
その麓というのは入り口が女王様の性格のように屈折しており、めったに入れないところでして・・・。
え?近くにレオ●パレス用意した?最近線路脇にできたあそこですか?
で、女王様は社会勉強?た、大変だぁ・・・
(すでにここから妄想です。)


では、気を取り直しまして、答えます。


◆彼との同居が決まった時まずあなたが口にした台詞は?
「あ・・・朝ごはんはパン派ですかごはん派ですか?」


まちがっても「ビスコを食べれば良いのです!」なんていわないでね女王様。
(by『夜は短し歩けよ乙女』/森見登美彦著)


◆ではその時の心境は?
(その前に食べるかどうかきくべきだった?)


◆新生活スタート! 2人の間に3つ約束事を作るなら?
1.何時に帰ってきてもいいけど相手が家にいるときは「ただいま」を言うこと。
2.2人で何かを見る、作業する時間を2週間に1回はもつこと。
3.物を投げて八つ当たりするときはやわらかくて食べ物以外のもので。破壊はしないこと。

うーん、1は私が寝ているときは別に起こされてもいいけど逆を考えると迷惑か?
けど、「起きているときは」って条件つけると絶対どこかで帰ってないフリするよね。


◆同居生活における家事はどんなふうに分担しますか?
食事の後の洗いものだけ頼みます。
それを私は食卓で斜め後ろからみてます。
以前、お皿を洗ってたという書き込みをhydeistで見たときものすごく見たい!と思ったので。
あと、自分の部屋の管理だけは自分でしてほしいなぁ。私じゃ責任もてない。
見ちゃいけないものもあるだろうし。


◆朝はあなたより1時間早く出る予定なんだって。
朝ごはん食べるならその30分前におきます。
そうじゃなければとりあえず起こさないでくれますか。
たぶん、ハイディが家を出る前に目は覚めてると思うんだけど、
ただ、身支度する彼をこっそり布団の中でぬくぬくしながら見ていたいので。


◆やけに余裕のある朝だと思ったら時計が止まっていました。
あのハイオタマネージャーに電話。
「ハイディの体内時計が止まりました。」


◆慌てた彼(ら)が忘れそうになったのは?
タバコもってってライターもってくの忘れそう。


◆急激に決まった同居生活の事、友達に話す?話さない?
ハイディがいいって言ったら言う。
話したくはなると思う。
だって、ハイディのあれやこれやが見れてしまうのよ。
で、こんなブログかいてるのよ。
人に知らせたくてしょうがないよ。で、みんなでほわわんとするのさ。


◆帰ってきた彼(ら)に言う台詞
おかえりー。


◆夜ご飯にて彼(ら)に好き嫌いが発覚
うわ!生食わず嫌いが目の前で展開されている!おいしいなぁ。
あぁ、嫌そうな顔だ(にやにや)
とりあえず、残してもいいけど自分から「これ嫌いなの?」っては聞かないし
そのときは取り除かない。それをどうするかを最後まで見届ける。
次からはちゃんと入れないようにするよ。

逆に何も言わないけれどこれ好きなんだろうなっていう食べ物を見つけるのも楽しそう。
異様にそれだけむしゃむしゃ食べてるとか。子供みたいだ。


◆お風呂に入ろうとしたら彼(ら)が先に入ってました。
自分が見られたことより自分が見てしまったことに困惑する。
そして、珍しいなって思う。先に入ってるなんて。
ハイディは一人だったらそうでもないかもしれないけれど、2人以上いたら
「入れ。」っていうまで入らなさそう。めんどくさがって。
かくいう私もめんどくさがりですが。


◆腰にタオル一枚の姿を見てしまったあなたの対応と心の声
「ちゃんと身体拭いてよね。」と、言いつつhydeistパジャマを即座にもってくる。
(ち、乳首ぴあすっがっっ…!)


◆ちょっとした事でケンカしました。原因は何?
私(ハイディ)がイライラしてた所にハイディ(私)が頼みごとをした。
ケンカって言うよりきまずぅぅうぅい雰囲気が30分ぐらい続く。


◆仲直り成功!!あなたも彼も寝るまでまだ時間があります。
明日着る服を2人で決める。ついで自分のも決める。
それをベッドの横においておく。


◆疲れたのか彼が布団に入らずに寝てしまいました。あなたはどうする?
頭ひょっこり持ち上げて枕をさしこむ、タオルケットをかける。
広さがあれば自分もその横で寝る。

なんか、自分だけ布団でぬくぬく寝るのもねぇ…


◆あなたが寝ようとしたら彼の口から寝言らしき声が。何て言った?
「kenちゃん、これどう?」

仕事でも何気ない日常会話でも、何かしらkenちゃんが出てきそうな気がした。
そして私がkenちゃんのフリをする。



なーんか、基本傍らで観察していたい願望が強く現れた回答となりました。
同居するにあたっての関係性は特筆されてないのですが、
なぁんか、私の回答はペット放し飼いしてるみたいな感じ。
尽くして、相手に自由にさせる。だって、自由にしてるところが見たいんだもん。
ただ、時折彼の感性に触れたいので一緒に何かをする、ということを生活の中に
入れたいなぁとおもって回答しました。



「ガチャピンに会ったよー。むふふー。」と言いつつ、『WHAT'S IN?』を読みふける私。
母が、「ガチャピンが好きとかラルクが好きとかsuicaのペンギンがどうのこうの・・・
あんたの趣味がようわからんわー。」と言うので、私は咄嗟に、

「えー!そんな!好きなものはたくさんあったほうが幸せじゃん!第一こっちも(『WHAT'S IN?』を掲げつつ)ある意味小動物眺めるのと同じようなもんだし!

と、返しました。えーっと・・・あってますよね?
ペンギン見るような感じなんだってば!
ようはちょっとシュールでブラックで可愛いキャラクターが好きなだけですよ。
ラルクもろとも。

夏はせわしない。
20070803 / 10:17
 
あぁぁあああ会報来るわ、韓国の写真うっかり見ちゃうわ、ハイディのかばんの中身を余所様のブログで拝見するわ、
頭が・・・あたまがせわしなーい!
ちっちゃく前ならえが可愛すぎて・・・あのロングコートで4人の中で一際引っ込んでる感じが可愛いのよ。
なにもkenちゃんの前にならばなくても・・・おうおういい仕事してるよ。
PATIPATI撮影合間のおにゃのこ姿でこっくり眠るハイディの顔が蒼白なのに対して、
意外に首がごりっと太いことにどぎまぎしますね。長袖身にまとうと華奢に見えるんだけど
生身は肉つきいいんだよね。2次元の世界で抱きがちな理想から離れてるところがまたいい。
ハイディは女の子みたい、あんたもうそれ女の子の感覚だよ、とつっこむさながら
どこかで「あ、やっぱり男だ」と思う瞬間も愛しいんですよ。
ハイディのインタビューのお写真、前髪のふわっとした上がり加減、ピートバーンズのお話してるから
ちょこっと80年代のヴィジュアル系意識なのかしら。


「忘れないもん。」…もん…(悶)


いや、さ、ほかの日の日記でも「~もん。」って使ってるんですけど、その日の日記の最後が「~もん。」で終わると何故にこうもキュンとくるのかしら。
なんかさぁ、ハイディの日記を読む感覚が、ガチャピン日記読むときと同じなんだよなぁ最近。
「かっわいぃぃなぁ~こいつぅ!」って、指でつーんと小突きたくなるような。
すいませんすいません。

行ったよ。
20070801 / 01:34
 
実はmonoralのリリースパーチーに行ってました。
30日。もうね、29日の夜行でいったんだけどその日仕事が昼から、つまり遅番で。
最近店長代理と遅番一緒になると、大概余計な仕事を増やして勝手に人の段取りかき乱して
帰りが11時以降になるという日々が続いておりまして。
いくら温厚な私とはいえもう我慢の限界でして。
というか日々我慢してきた分を今日使わせてもらおうということで、
「絶対10時までに帰らせてください。」と、先に釘刺しておきました。
それで、理由のひとつでも答えろといわれたら『叔母の引越し手伝いに東京に行く』と言う所でした。
半分正解だもん!10月に引越しだもん。手伝いは必要なそうだけど。
まぁ、幸いそういうことも聞かれなかったので東京行ったこともばれてません。


というわけで無事夜行にのりまして。monoralリリースパーチーにもいけました。
行く前はあちこちブラブラしてました。
去年お世話になった渋谷のアプレシオに今回もお世話になり、
うっかりめざましテレビでラルクと出会い、
スタバで遅い朝ごはんをいただいた後、上の本屋さんへ向かいました。
suica好きが高じて「ペンギンのABC」という本を購入し、
その後suicaグッズを探す旅に東京駅へと向かい、
さまよった挙句「パンのカンヅメ(suicaのカンバッチ付)を購入しました。
パンを食べた後は貯金箱になります。貯金しません、ましてやそれを誰かにやったりもしません。
かわいいんだもの!誰が某1日チャリティー番組に寄付しますかっての!
さて、ここらへんでお昼になりまして。
うんまいカレー屋求めて荻窪に行き、お隣の駅が吉祥寺だったので
ちょっと寄って、めちゃイケで岡村さん大絶賛だった「Paris吉祥寺」を発見した後、
広い公園を散策。都会の喧騒から離れしばらく緑に癒されます。
その後原宿へと向かいTシャツ専門のユニクロでTシャツ1着購入。
ラフォーレの4階にあるちょっとした野外のボーっとするスペースで
ボーっと東京の空を眺め、ふと、気づきました。

原宿嫌っ中ほどきてるのに明治神宮入ったことない。

ここは1つ、観光っぽいこともしておこうと明治神宮にもお邪魔しました。
ここもまた深々とした緑が高々と聳え立っており、都会の喧騒の中で
気持ちがしゃんとしました。ライブ前だというのにやたらと気が落ち着いて
とっても気持ちがよかった。
本堂は、きらきらピカピカ豪勢!といったような感じではなく、
古くて重みがあってずーんとたたずんでいました。とても威厳を感じました。
お供え物がすごかった!西瓜とメロンとバナナがどーん!と山になって
飾られてました。
あと、巫女さんが本物!っぽい。正月近所の神社でバイトする子とはちがう
日本的な質素さと美人さを兼ね備えておりました。パーフェクト!
やっぱり有名な建物なだけありまして、外国人さんが7割ぐらいでした。
人ゴミと音から離れたこの地で、ちょっとだけ丁寧にお祈りしました。
ほんといい所だったよ。


とまぁ、こんな感じで。
あー、ライブのことを書いてませんねー。
ぎゃー全部中途半端!
でもいつかちゃんとアップします。
monoral素敵よ。ほんと。普通に「かっこいい」っていう感情を抱いたわ。
タッパがあると様になるんだな、と、認識しました。
明日研修行ったら休みだから!そしたら全部書き上げたいと思います。
取り急ぎ近況を。ではー。



copyright (C) one day something all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。