FC2ブログ
one day something
スポンサーサイト
------ / --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
寝姿にもんどりうつ
20080429 / 10:49
 

昨日のめざましテレビでYUIが出ていてCMに使われている曲を歌っていたのをきき
久しぶりに1stアルバムなんぞ引っ張りだし聞いています。
3rdアルバムは兄がどうも買ったみたいで私の机においてあったんだけど、
しばらくYUIからも離れていたからいーやーってほっぱらかしにしておいたら兄もってっちゃった。
すいませんもっかい貸してくださーい。
正直なところ、映画に出てから若干この子がアイドル的扱いされ始めたのが
見ていてつらいものがあったのね。
(おそらく本人の意図せざるところでそうなってしまったんだろうけど)
かわいらしい歌を歌ってるのが嫌で(LISMOのあれ)、
それが音がとっつきやすいのと、歌詞が共感できるの何だのでやっぱり売れちゃうわけで。
結果、「かわいい女の子の等身大のロック」なんてなまっちょろさを周りが作り上げてしまって、
若者の青春テーマソングっぽい低年齢な扱いにも辟易して、しばらく離れていたわけですが
それはこの子自身もきっとよーくよーく分かってるだろうしこの子に罪はないわけで。
なんだかんだでヘビーな曲やかっこよくてのりのいい曲も作っているわけなので、
もうちょっと素直に曲きこうかなって気になってきました。最近は。
なんたって3rdアルバムのタイトルに惹かれた。


I loved yesterday.


私は昨日を愛していた。直訳するとこう。
咄嗟に聞いて、ポジティブorネガティブ、どちらに捉えますか?
私は最初、「昨日までは良かった」というネガティブな方に捉えました。
けど、昨日を愛していたということは、昨日の自分を肯定するということであって
ようは過去を受け入れるっていうポジティブな方向にも受け取れるんじゃないかなぁって
思えてきたわけです。
で、どちらにも取れる表現をだしたっつーことはね、この子自身の迷いと葛藤が織り込まれてる
アルバムなんだろうなぁと。
ただちやほやされて音楽やってるお馬鹿ちゃんじゃないわよっていうのが
このタイトルで分かります。分かる気がする。
この子はたぶん、ちやほやされてることに疑問を抱いてる、はず。
イメージが一人歩きすることに怖さと葛藤を覚えたはず。
かわいらしいく頑張ってるイメージで周りが見る中で、それを鵜呑みせず流されることなく、
ちゃんと自分を見据えて曲作ってる。
周りからみた自分を嫌いになったりもしたかもしれない。虚像だと思ったかもしれない。
でも、さまざまな葛藤を得て、最終的に昨日の自分を肯定していこうっていうポジティブな
強さが窺える。
迷いと葛藤の最中にある歌や、それを乗り越えた直後の歌は
ものすごいエネルギーもって甘美な音色を出す。初期衝動と同じぐらいの。
それはあくまで私自身の感覚なんだけど。
だから今回のアルバムは好きになれるような気がしますね。まだちっとも聞いてないけど。



とまぁまだまだしつこくらるく離れのトリップ中ですが、
あれあれ?座席の前のネットになにやら冊子が・・・。







会報Vol.55だー!









引き戻されるラルク界隈。た、ただいまー。


ぎゃー!ハイディの寝姿が!!!


左手、内腿の間にすりこみ、右手脇下にすりこんでる。


あぁ、この子はもう・・・。身構えてんだか無防備なんだかどっちなんだ。
あれって、なんだっけ?確かに座ってるときとかでも不意に股に手をすっと入れちゃうんだけど。
退行じゃなくて・・・あれをするのは何かの衝動の表れだったような?
甘えたいんだっけ?あぁ検索で調べようにもエロ小説しかでてこなくて困るんですけど!
にしても、いいポーズ。母性本能をくすぐられるような。あ、こっそり前髪ピンでとめてる。
あの状態で箱に入れてお届け物にしたらいいよねぇ。
母親か飼い主なら間違いなく溺愛するわ。
冷静に考えると、上にかけるものがなくて末端が冷えるから、
体温がある脇下と内腿の間に手が自然にいったって感じですかね。



そのほか今回は美人写真多めで、メンバーコーナー無しでもまぁそれなり楽しめましたよ。
ドレッドヘアーでトランプ鋏で切ってるハイディの斜め上からのショットが格別!
かと思えば打ち上げ2軒目の2ショットはもう年相応も相応でほんわかするし。
2月10日の不思議の国ササノ(バックステージレポート)でkenちゃんが「ハイディ~」って呼んでる
のにびっくり。茶化して呼んでるのか、自然とその呼びになったのか。
ぜひとも肉声で聞きたいもの。
ライブ写真だと、22ページのスタンドマイクで歌ってるハイディがよろしいです。
ぱっとページ開いて1,5秒ぐらいは本気で女かと思うよ。うん。


クエスチョンズ・フロム・ルシエルで
「ユッキーはダンテとネロどっちが好きですか?」という質問に対し
「ネロの顔はhyde君に似ていると思う」と答えるユッキー。




で、ネロが好きなんだよね。


スポンサーサイト
ここは日本の空の下
20080428 / 09:33
 
ラルクちゃんがお空を飛び、アジアの熱気と雨に打たれている頃、
私は日本の青空を眺めながら、雨の滴る男の歌を聴いて光に包まれています。


なんのこっちゃい。


ようは、ラルクちゃんが遠いところにいるときは他を聴くチャンスだ!と、
ここぞとばかりにACIDMANのニューアルバムを聴いているわけですよ。
わずかな情報必死で追いかけるのもいいけど、他で大きく流れているものを
捕らえずにいるのはもったいない。どちらも好き、あれこれ好きなんだから
私もらるくから離れてしばしのトリップ。大丈夫、5月末までには戻ってくる。


お髭面ハイディはみましたけどね。お髭サングラスken様(様付けしてみた)もみました。
やけにかっこいいユキヒロさんは、この前でたDVDのDisk2の沖縄ファイナル終わって車に
乗り込むときの私服がスタイリッシュなユキヒロさんを思い出させるようで。
ほんと、一人間としてみたら彼が一番かっこいいよ。家庭教師に来てほしいよ。
沖縄の格好、キャップはずしたらドラマ版ハチクロの野宮さんみたいで好きだ。
ハイディはぶっとんでますね、相変わらず。沖縄でも上海でも。
あの、ストールをしてないときはまだスマートだなぁっておもって眺めてたんですが
会見でストールつけてきたときには、いよいよどこぞの流れの人みたいになってきていて
目じりから笑い涙が出ました。肩さすってるのみたらもういっぺん淋しい雰囲気になって
哀れみの涙が出ました。おいちゃん、肩さすってあげようか・・・。
テちゃんは、こういうときは一番見てて安心感を与えますね。不思議だ。
4人全体通してみると、あぁデジャブ。どこかでみたようなこの4人のたたずまい。
超絶いやらし渋サドken様がどーんと構え、その隣をゆらゆら漂う危ういおじ様ハイディ。
バラエティ組の2人がものっすごく近寄りがたい雰囲気をかもしている中、
言葉足らず組の2人が、かわいくかっこよく無難にたたずんでいる。


あ!8年前。
2000年のステイアウェイレコーディング風景をCMにしたあの頃の4人がちょうどこんな感じ。
あのときの髭面ウエーブハイディの不釣合い度がわりとみていてどきどきしたんだなぁ。
と、懐かしい感じで上海会見を眺めていました。


my speceの日記は適度に英語のお勉強になっていいですね。
ひさしく自分で和訳して読んでいます。
懐かしい熟語が出てきたりして感動して。ルッキングフォワードトゥー。
関係代名詞とかね。うんうん。
シエルちゃんが「てるてる坊主たくさんたくさん吊るしたんだー!」と書いているのを読んで
私の頭の中に咄嗟に「よつばと!」5巻がでてきました。
様々なサイズのてるてる坊主をたくさん作って、一個でっかいのを吊るしてあとは床に並べて
お祈りする図。あしたはれにしてください。何の宗教だよ。


あれ!ACIDMANのアルバムの感想書こうとおもったのになー。
仕事行く準備しないとなー。
とにかく!ラルクちゃんが元気でやってるならそれでよし。
生中継はいけません!まず、やるってなった瞬間私はいつが休みならいけるんだ?と
考えましたがその近辺がっつり仕事でした!やっぱり5月末までお預けだ。


旅つれづれ。
20080425 / 10:55

「そうだ、京都へ行こう。」


思い立っていける場所、それが京都です。
富山よりも近い。余裕があれば普通列車でのんびりゆられてもいいぐらい。
そんな春の日の一日。
4月のはじめに行ってきました。



画像-0132


前田珈琲本店様。お昼ごはんチキンカレー。
ココナッツミルクが入ってるのが好きです。まろやかになるから。
セットでウインナー珈琲たのんだらガラスのちょっとおしゃれなカップに入ってきた。
セットで通常の珈琲以外のものも頼めて850円。
嬉しいお値段、コーヒー豆をお土産に買いました。いいにおいー。


画像-0138



三条通りを練り歩き。
と、その前に新風館のビレバンでスナフキンの器とムーミントロールのお皿と
ミィのマグカップの3点セット購入。1000円。プレゼントに最適です。クリスマス会とかにね。
あ、これは自分用です。ミィがニョロニョロに水かけて意地悪してます。かわいい。
三条通りはレトロなレンガの建物がいっぱい。あっちもそっちもこっちもうわーっと。
写真はそのうちのひとつ。文椿ビルヂング。
ギャラリーになっていたりこ洒落た雑貨屋がはいっていたりカフェもありつつ、うん、お洒落。
中の照明とその内装がよかったのだけれど写真とって良かったのかわかんなかったので割愛。
SAKURAビルのとなりにあった雑貨屋さんに猫足のふわふわペンケースがあった。
白いのがかわいかった。癒されつつおさらばしました。
京都文化博物館もおすすめです。この周辺のレトロビルのなかで一番風格あります。
旧日本銀行京都支店。こういう銀行の建物どきどきする。お金なくてもお金ある人になれそうな。


てくてくてくてく三条大橋に向かって歩いていくと、小腹がすきました。
京はやしやのパフェがいいかなぁ、とも思ったのですが、
いつのまにか人通りの多いところまできていて。見覚えのある風景。
あ、ここ寺町と京極のあたりなのね、ってことは「スマート珈琲」が近くに確かあったはず・・・。


画像-0140


あったー!何年ぶり?母親と以前来たときはそんなに珈琲に目覚めてもいなかったころでした。
昔の人が好む、浅煎りの酸味がある珈琲で。
で、そのときは珈琲よりプリンがおいしくて。
お店に入るともう店内全体に染み付いた珈琲のいいにおい。アルファー派でます。
メニューを見て悩む。珈琲のお供はなににしよう。
プリンおいしかったなぁ・・・でもここのホットケーキは有名なの・・・あ、でも写真見ると
シューケーキがすっごくおいしそう・・・








画像-0139



ホットケーキにしました。
歩いてちょっとのどが渇いていたので飲み物はアイスコーヒーに。
見よ!この芸術といわんばかりのホットケーキの均一な焼き目と艶!惚れ惚れします。
幸せの色です。こういうの食べて子供はすくすくと良い子に育つのです。
見て美味しい。そして食べて美味しい。


画像-0144



腹を満たせばあとは目を潤す旅!
4月3日に京都に行ったんですが、ちょうど桜が満開のときで。
三条大橋までいってかわら沿いを歩けば花見気分だー!
・・・と、算段するもその前の小橋でぴたり。
桜、桜、桜。の通りがほらそこに。
よし、計画変更。右折。横切って四条条河原に向かおうじゃありませんか。


画像-0150



やー。あっちもそっちもこっちも桜、桜。いいですねぇ。堪能。
桜は満開の時期から少し日がたって、今から散りますってときがいいです。
色づくからね。咲いたときより花びらが、ピンクに。
桜のアーチが。くぐりたいけど小川なのでくぐれません。


さて、桜も堪能しましたし、暗くなってまいりましたので帰りましょう。
四条河原町より駅へとバスに乗ろうとバス停へ・・・ん、信号青なんですけどなんで
進まないんでしょう?みなさん片手に携帯とカメラ。何かが通るようです。








画像-0158



あら!素敵京美人のお通りです。
よくある舞妓さん体験で歩いてる人じゃなくて、ほんまもんです。
よーわからんのですけどこれは舞妓さんの格好?それともおいらんさんの格好?
とかく外国人の方々は声を揃えて「ゲイシャガール!」と呼んでおりました。
アンビリーバボー!グレイト!ビューティフル!マーベラス!



画像-0164



このあと人力車にのって四条から五条へと向かっていきました。
去り行く一瞬をパシャリ。
うなじ綺麗ですねー。うらやましい。


画像-0171



最後に、もういっちょ見とけ!と夜桜が目に入り


画像-0170



ぶらり京都一日旅が終わりました。





にくまれっこよにはばかる。
20080414 / 10:50
 
ボブになりました。

名前が。
いえ、髪型が。

さんざっぱら美容師さんに「後悔しませんね!後戻りできませんよ!」と念押されました。
春先はね、やっぱり髪切る人多いみたいで。で、1週間ぐらいして飽きる人続出らしくて。
プレッシャーあるみたいですよ。長い髪をカットするというのは。
あとは、初めて応対する人にいきなり「私パーマかかりにくいんですけどパーマかけたいです。」
っていうむちゃぶりされんのも相当プレッシャーらしいです。
特に熱処理してる髪(縮毛等)はどうしようもないと。
それから、痛みまくった髪で「パーマかけてください」とか、
女性の変身願望に髪質がついてこないのを、己の技術でどうにかしなきゃいけない美容師さんは
大変です。皆さん、どうぞお手柔らかに。傷つかない程度に注文してください。

幸い、今の自分の髪型気に入ってます。まだ1週間たってないけど。
自分の頭の形から考えてこっちのほうが合うっていうのは分かってるんだけど、
どうしても小さいころショートカットにしかしてもらえなかった反発で
ロングヘアーでいたいという思いも強くあるんですよねぇ。
そうそう、ユッキーが小さいころコーラ飲ませてもらえなかったようにね。


さ、話は変わりまして、ハイド日記。もといキツネ丼話。


画像-0145


最近みつけた隠れ家的カフェ(上写真参照)にて、初めてキツネ丼の記事を見たときは、
そのカフェの居心地の良さとあいまって、
「あら、ハイディが(おそらく人様のブログを参考にしたであろう)技巧を凝らした文章を書いてるわ。
なんだか新鮮ねぇ。」なんて余裕かましてたんですよ。
まだ、ね、そこまでエスカレートしてなかったっていうのもあってほほえましぃくみてました。

が、回を増すことにその恭しいまでの文章が今度は鼻についてイラっとしてきてね。
3と4ぐらいがピーク。なんかいまいち状況がつかめないところもあったりで。
(出前をとりにいくのはマネージャーなのにハイディがなぜか玄関に向かうところとかね)
テーブルの上に何もなかったことを詩的に語るあたりや、
出前がきたことに確信を示す文章のしつこさとか、勝手な定説を入れ込んでる辺り等、
一瞬「この人なんでソロになるとこうなるの・・・」と思って、眉間にしわ寄せため息をつきたくなるぐらい
本気でイラついてまして。ハイディにこんな感情抱くの正直初めてですよ。

が、ですが。
その感情に転機を迎えたキツネ丼7の6。

きっかけは「小春日和」。
えーっと、この言葉は勘違いされる語句としてしばしばとりあげられますが、
もちろんこれは春の暖かい日和を指し示すものではありません。
もとから春の気候である今日の日和に、「春」と名づけるなんて邪道です。
これは冬のはじめに時折訪れる穏やかな暖かい日のことをいうんですね。

それをまんまとハイディは今日の春のやさしい日差しに対して使ったんです。
まぁ、「違ってるかもしれないけど」ってあとで書いてるあたり、
違うんだろうなっていう自覚はあるみたいですが、ね。
これまでかっこつけて書いてきてね、ふ、っと画的にかっこよく窓の外の景色を眺めるなんて
描写書いて、でた。「小春日和」。
ここに、「かっこつけてるけどどこかぬけてるハイディ」、「完璧のようで完璧じゃないハイディ」、
そして意味がちがってるって気づいてるけど意味をとるより、いかに今の景色に「小春日和」が
似合ってるということをとってあえてその表現を使ったハイディの暢気さ、穏やかさ。
あーこれこそハイディなの!私が好きなハイディなの!

どんなにかっこつけてもそこは隠し通せないのがあなたのいちばんのぶきなのよ!

冷え切っていた私に一筋の日差しが舞い込んできた。あー春ですねぇ。
そうそう、こういのを「小春日和」っていうのかしら。たとえ違っていたとしてもそれでいい。
もうね、そうなったらこの恭しい文章もブログ女王ばりに書いてやろうじゃないかと
ハイディが一生懸命考えてでた結晶であって、
その魂胆と過程を想像するとわいらしく見えてきました。
そう、大人の必死な姿はかわいいものです。そして私は単純。


と、いうわけで。
今日は私もハイディに見習いまして、多少ではありますが
たぶん読んでる人には多少イラつくであろう恭しい表現をたくさん使った文章でお送りしました。
お粗末。なむなむ。















春爛漫!
20080409 / 10:29
 
京都に花見に行ったり近場に友達と花見に行ったり
どべーっと寝てるレッサーパンダみたりしてます。春爛漫!
寄り道して堤防沿い車でかっとばしてます。
春は短し歩けよ乙女。


hydeも満開です。らるくも満開です。いっぱいいっぱいです。
あぁ所詮花よりラルク。いえいえどちらも花なのでここは両手に花ということで。


DVD!うへへ、うちのブラビア様の出番ですたい。
お化け屋敷にて全身全霊で恐怖を受け入れるハイディのかわいらしいこと。
びっくりしてるのに顔がにやにやしてる。驚いた後気持ちよさそうにしてる。
そして怒涛のタコ驚き4連発。
(タコ驚き・・・2005年ぷっすま出演時、「箱の中身はなんだろなゲーム」でタコを触ったときの
ハイディの素のおどろきっぷり、足をじたばたさせるのが特徴)
kenちゃんがぐったりしてる時に「無理せんときや。」と声をかけるハイディが
なんか、もう、こみあげてくるものがあります。何かは良く分からないけど、このふつーに
気を使うハイディっていうのをね実際目にすることってないからかなぁ、うん。
空港での金属検査。胸の辺りでピーっと。
なってましたね。調べられてましたね。この部分を収録した意図はそこですよね?
そこ最終兵器だもんね。セクシービーム出るのよね。エロテロリストハイディです。テロリロン。
そんなハイディのセクシーコーナーもばっちり収録。
くどいぐらい入ってましたね。あれは袖に入るノリノリのスタッフに向かって攻撃してたんですね。
最初のカメラに向かって軽く挑発してる顔がよかったなぁ。最後の半脱ぎになってくねくねレロレロ
しちゃってるのは、うん、やりすぎだ。


まさか「さようなら」が入るとは思わなかった、な。
何気なく聞いてたけど「この朝に別れを連れてきたよ。」って表現、すごいですね。詩人ですね。


打ち上げのときのハイディが何気に美人さんで好きだわー。
ファンの中を練り歩いて楽屋に戻ってきたときの「あーどきどきしたぁー」って言いながら
両手を胸に当てているしぐさがかわいいです。
「ぜんぜん平気」っていいながら心臓バクバクしてるハイディがかわいいです。


あー、髪きりたいなぁ。
ハイディがきると自分も切りたくなる病です。やーい真似しっ子。




copyright (C) one day something all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。