FC2ブログ
one day something
スポンサーサイト
------ / --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
多趣味多忙な毎日を
20090325 / 09:41
 
オカンから「ためしてガッテンの本探してー」といわれアマゾンさんで買うことになり、
送料無料にするために「キネマ旬報」の堺さん表紙のやつカゴに入れました。
先週の情熱大陸、30分前までは目がギンギン開いていたのにいつのまにか0時過ぎてたよ。
見忘れたああぁぁぁあおーんっ!おうぅおぅっ・・・ぶっちゃけ今VAMPSのテレビ見逃すことより
ショックが大きい。だって、ラルク関連はネット強者や情報屋がすぐ流してくれるもの。
あ、kenちゃん関連は誰かアップしてないかな。そろそろ誰か・・・って思うじゃん。
けどさ、堺さんサイドはそうでもなさそうじゃん。しかも再放送はなし・・・うわあああぁぁ。
って、おもってたら昨日心優しき人がアップしてくだすってた!ありがとおおぉぉぉ!
タバコすうんですね。背中丸くしてあるいてるのが珍しい。
わかんなそうな本読んだり、舞台でのあのいかにも舞台人!って演技だったり、もうたまらんです。
現在、おうちには「アフタースクール」「クライマーズ・ハイ」「壁男」のDVDがあります。
「アフタースクール」は見終わりました。まんまとだまされてすっきり。
「ジェネラルルージュの凱旋」の小説は文庫本ただいま上巻読み終えたところです。
速水が息切れするほどかっこいいです。そりゃ、翔子ちゃんじゃなくともときめくわ。
そしてとどいたラルクinフランス。


や、ようは、何が言いたいかっていうとですね、
楽しみがたくさんあるっていいことだなーってことです。


VAMPSばっかり無理して追っかける必要もないなぁなんて思ってるんです。
いろいろ決まってる事項があるらしいんですけど、興味ないときはあっさり興味ないでいいや。
なんでたぶんツアーいかないでーす。kenちゃんはその時期になって行きたいなって思ったらいく。
それより今は堺さんの舞台に行きたいよ。今度久々にやるらしい。
音楽、映画、舞台、本、アニメも、か。あれこれ手伸ばして浮かれてたらほんと3年なんて
あっという間だなって思います。だってほら、もう1年。
けして無駄に待って過ごしてるってわけじゃなくて、その間にもいろんなものに興味示して
楽しんで感性を得てこんなにも充実してる。むしろありがたいとさえ思えるこの期間。
で、ラルクにまたかえっていければそれでいいんだよねぇ。
なんだかんだでね、ラルクinフランスDVDのブックレット見てるとあ、この人等やっぱり好きだって
思う自分がいるわけで。今は、それで十分。
たとえ情報を追えなくても焦る必要はないですね。
今好きなものをめいっぱい愛しておこうと思います。


多趣味多忙なブログではありますが、私の好きなものに付き合ってくださる方は
これからも何卒良しなに。

スポンサーサイト
ジャージの二人
20090322 / 00:21
 
えー、まだまだ冷めやらぬところで。
昨日「アフタースクール」と「ジャージの二人」と「ザ・マジックアワー」を借りてきて、
とりあえず「ジャージの二人」を見ました。
監督さんが「ジェネラルルージュ~」の人と同じです。
この人はどうもストーリーテラーではなくこまかーい人間模様を描くのがすきみたいですね。


まぁ、だっさいジャージでね、その色の組み合わせガチャピンとムックかっていったやりたくなった。


ほのぼの映画、なんだろうけど、最終的にはひりひりしました。
んー、こう、要所要所で、ですね「あ、これ以上嫌な空気になるところ見たくない見たくないあー通り過ぎてった。」っていうのが続いた結果、あれそれでいいんかな?って。
言えばいいのに、言わない。言葉のないところでもんのすごく思いが渦巻いててそれが誰とも絡み合うことなく結局は何かがちょこっと触れた拍子に一人でずるずる解決してく。
誰もかれも、核心に触れずにいる。それが、優しくて苦しかったな。
微笑が絶えない堺さんだったからこそその笑みがわずかにでも途絶えたときがひどく怖かったり、
ちょっとした言葉のとげが地味に痛かったり
北軽井沢のあの避暑地は涼しいけどひんやりしてますね。


でした。と。んー、枕に手を添えて寝ている姿が非常にお上品でかわいかったです。




ルージュ追記。
20090320 / 09:28

私は映画フリークでもなんでもないただのミーハーです。
映画を見れば大体そこにでてきらりと光っていた俳優さんに1週間ほどどっぷりはまる感じです。
社会人になって見に行ってる映画のほとんどがドラマが映画化したものとか原作ありきのものとか
とかく、邦画ばっかり、です。

社会人になってからの「2時間」っていうのがすごく貴重なものになってきまして。
休日の昼、「2時間」拘束されることがどれだけ大きいことか。
1時からみれば3時、その後お茶してもう夕方、3時から見ればもう夕方、1日終わりです。
かといって朝イチでみにいくほどしゃきしゃき朝から動くのもなんだかなぁ・・・です。
ね、映画見るってすっごく「賭け」なんですよ私にとって。

だから、昔はそれこそ単館上映もののものっすごくけだるーいマイナーな映画とか、
しょーもない映画見てもそれはそれで自分の肥やしになるって信じて見てましたけど
今じゃあはっきりいいます「2時間返せ」。
雰囲気が大事とか空間を読み取るとかかっこいいこと言って逃げんな。
そういうのはもうあわないんです。私には。

だから、邦画なのかなぁ。
あんまし考え込まないスカっとするアクション映画が好きだっていうおばの気持ちも分かる。

で、私にとって映画っていうのはその2時間が「長く」もなく「短く」もないこと、
そして「軽く」もなく「重く」もないこと、見る前と見た後で自分が劇的に変わらないこと、
私の人生に影響を与えない程度の支障を残すこと(俳優にはまる程度)、これらが大事になってきます。
その2時間だけ私を現実から放して、「楽しかった」と思わせてくれればそれでいいんです。
テーマがどうの、社会派がどうの、芸術がどうの、批評するために映画見てどうする一般人が。
それだけで楽しくなくなる。

私が一番嫌いなのが原作にとらわれる人。原作はこうだったああだった、物足りない。っていう人ね。
逆に原作と一緒過ぎて批判する人もいますよね。もうどっちもどっちだと思います。
本と映画の得意分野は違うんです。だから作家と映画監督がいるんです。
それって単なる欲張りなだけじゃないかなって思ってます。

原作ありきのものは原作見ずにいってあとで補完するために原作見る方が楽しめますね。
ただ、最初置いてけぼりになるのがいやな人はウィキで軽く下調べして見に行くとか。

さて、「ジェネラルルージュの凱旋」。医療ミステリーというわけで、ミステリーは私にとって
ベストな映画だと思うんですよねぇあとくされのなさが(謎解きの疑問が残りさえしなければ)。
ただ、医療の現状を訴える、という点でちょっとひっかかっていて2時間、重いなぁ・・・と
ちょっと肩に力はいった状態で見始めたわけですが、難なく見れました。
「あーよかったぁ・・・」と陶酔状態で映画館出てきたいい2時間でした。
まぁ、真剣なところは真剣なわけですが、とらわれたのは医療現場の過酷さより俳優陣の演技です。
堺雅人の迫真の演技に「うわぁ、医療の現場って大変だぁ・・・」じゃなくて、
「うわぁ、この人かっこいい・・・」が勝ったことがよかったわけです。
ね、ミーハーでしょ。
あ、山本太郎とのコンビネーションもよかったなぁ。体育会系と頭脳派の組み合わせ。
同人的にも立派な萌え要素として使え、る・・・     すいません。


そんなこんなで次は「ホノカアボーイ」でも見に行こうかなぁ、と。ちょっとほのぼのしすぎか。
あと、「アフタースクール」を借りて見よう。




第6指
20090319 / 09:36
 
唐突ですが、「ジェネラルルージュの凱旋」見てきました。
堺雅人見たさのミーハー故に。原作知りません!バチスタ見てません!
ですが楽しかったです。
謎解きの段階で、「え、」「うそ!」「あんたいつどこでそんなことしてたのさ!」
ってあべひろしに突っ込みたくなること多数でしたが
まぁそこは切れ者である彼とドンくさい私との違いということにしておきましょう。
その謎を次々と調べつくすところを見せたかったわけでもないみたいですしね。


すっかり堺雅人にはまりこんで、帰りに「やさぐれぱんだ」のDVDを買ってきてしまう始末。
静かな怒りを携えてる演技ができる人が好きです。
優しい笑顔でさらっと残酷なことをいえそうなあの表情もたまらんですよ。
「第6指!第6指!アハハハハハッ!」って馬鹿笑いしてる様もね。


そもそも「この人、ウッチャンにちょっと似てるなぁ」から始まったんですけどね。


3/6 MONORAL TOUR JAPAN 「Via」 in 神戸VARIT
20090313 / 09:05
 
さて、神戸本編、ライブの話をいたしましょう。
と、いっても細かいことはどこへやら、です。


まず、VARITの中に関してですがこれが一風変わっておりました。
入った瞬間「2階はいっぱいですので1階におりてくださーい!」 ん?2階?
あ、2階席なんてあるんだぁ、階段は・・・?ない。んん?
と、いうのはですね、フロアに入ったそこが既に2階と呼ばれているところで
そこからちょっと降りた先が1階とよばれるところだったのです。
あれ、2階いいですね。終わってからドリンクのみつつ2階から見下ろしていたんですがいいですね。
そして、1階フロアの狭いこと。ステージの奥行きが広く高さが低いこと。
私は1階の最後尾でみていたんですがそれでも、「あ、意外に近い」って思えたんで
こりゃさぞや前の人は近かったんじゃなかろうか。どきどきだねぇ。
で、2階席はアニスいわく「ブルジョワ席」だそうで、ダイゴにいじられるのは絶対だと。
案の定いじられておりました。


そして思う。人増えたねええぇぇぇぇぇ。埋まってる、ライブハウスがうまっとぅ!
初めてワンマンいったタービュレンスのレコ発ライブ、渋谷AXはまだ彼らには広すぎて
後ろすっかすかでした。さみしかったです。でも今なら埋まるね。
「Tanged」の時の「e,e,e,e,e,e,e,e,・・・」もめっちゃみんな声でてる。私が大声出しても
自分の声がそこまで聞こえてこないよ。うをををおぉぉぉぉ。嬉しや嬉し。
そして、あのダイゴのノリノリMCだからねぇ。活気付いたねぇ。1年前とは大違いだ。
まぁね、今回のその人が増えたことに関してのもろもろの問題はあれどですね、
やっぱり盛り上がるっていうことはいいことですよ。
私はどちらかというと郷に入れば郷に従えの側です。
と、いうかですね、郷に入ったほうが楽しめるんだけどなぁと思う派です。
あのね、どちらかの側にしか立てずに相手を意のままに従わせようとしている人はとにかく
いろんな人のライブにいくといいと思いますよ。ほんとに、いろんなの。
ヴィジュアル系、フェス系、バンド以外のライブ、コンサート、とにっかくいろいろなの。
立って2時間見続けるのが普通だと思ってますか?そうでもありませんよ。一青ちゃんは座ってた。
いろんなの行って見た上で、あ、この人たちはこういう楽しみ方をしてるんだなってことを
認識していただければそれで十分ですよ。
和解に必要なのは「理解」ではなく「認識」。私のモットーです。


はい、ひとつ年取ると1行ばかし説教が長くなるってもので。


アニスは始終しゃべりがだらだらしてましたね。リラックマあげたい。
「あのさぁ・・・タモさんいるでしょ。あの人ってめったにテンションあがらないじゃん?
僕日本語しゃべるとき張り切るじゃん?やめようかなって、こういうテンションでいこうかなって・・・。なんか、けだるそうでしょ?そう、寝起きみたいで。」

って、だらだら目をとローンとさせてしゃべってるアニスが、すごく、うん、困った。エロくて。
リラックマどころじゃないや。寝起きドッキリしたくなってきた。
「タモさんがテンション上がるときっていつだっけ?タモリ倶楽部?あれ、たいしたものあげてないよね。」そういえばkenちゃんがまたでますね。また、性懲りもなく。
その流れで行ったかどうか忘れましたが「sun shadow」がどえらくエロく聞こえました。
私ぶっちゃけ「Via」はあんまし聞いてなくてこの曲も1度2度聴いたぐらいなんですが
すっかり好きになりました。断言しますが私はエロいアニスがすきです。
下ネタをニヤニヤしながらいうアニスより好きです。


「sometimes」前のMCではめずらしく曲に関する話を・・・してたのか?
慣れないことはするもんじゃないね。なんか、ミキオ君が出ていたエレカシのライブに行って、
そこで長々と曲の説明しているのに感化されたらしいよ。そういう柄じゃないよね。
「この曲は僕がAliの家に通ってる頃にできて、(っぽい発言で、なんだかファンがニヤニヤしアニスもニヤニヤ・・・)まだ、MONORALっていうバンド名もなかったかな。とくに表にでるとかそいういったことも考えてなかったから適当で、「自動販売機」っていう名前だった。(ファンから「自販ー!」の声)そうそう、そうやって略して呼んでほしかったのね。で、毎回アルバム作るたびにこの曲が出てくるんだけど、
『まだだね。』『入んないね、入んないね』って。・・・なんかヤバイよねこの言葉(ニヤニヤ)」

また、うっれしそうに・・・。
なんかこの曲のサビあたりでこっそりアコーディオンの音入ってるらしいです。
「アコーデオン買ってきて・・・(客席から微妙な笑い)・・・アコーデオン、え、おかしいの?え?
ディ?アコー、ディ、オン?(チッ)くそ、カタカナむかつく。カタカナ意味わかんない。」
マルチリンガルならではの文句です。変なんだろうねぇ、日本人は「ディ」が「デ」になるとおっさんだと思うんだよ。「ディ」のほうが正しいと思ってるからねぇ。英語的なのが正しいという判断なのです。
で、肝心のアコー・デ・オンの音は心して聞かないとわかんないそう。


aliはこのとき「一緒にいたころ、アニスが『目覚ましは任せて!』っていうからお願いしたらX-FILEで起こされた。すごい曇り空で一日テンションひくーい感じだった。なのに、アニスは自分の目覚まし『ロッキーのテーマ』なんだよね。」と、ぼやいてました。どんまい。
で、もう一人だれかアニスの目覚ましの犠牲になった人がいて、その人はホイットニーヒューストンの
「エンダーーー!」っていう曲・・・・なんだけど「ダン!エンっ・・・・!」で寸止め。
やりきれない朝だああああああああ。アニスのスはSのスだもんしょうがない。


ぽんやりしながら「someteimes」まったりしますねこの曲は。
やっぱり熱が上がってきたのは「casbah」あたりからですねぇ。一回イントロでとまったけど。
ダイゴがまだまだ準備不足と判断したようで、客の(笑)。「あ、ここでしゃべればいいのか。」と、
アニス。まったりしてもう一回。Ah~Ah~は既に音が入ってるのねぇ・・・。
なんか、あちらさんのお国では「sparta」が大人気らしいんですが、日本でやるとわりとさらっと
終わってない?これから盛り上がりゾーンに入りますよー的なところでこの曲が入る。
えー、私も「エ・スパルタ!エ・スパルタ!」ってアンコールしたい。ってぐらい好きなんだけどなぁ。
アニスの黒いところがめいっぱい感じられるから好きよ。
「you」とか「Pompadour」とか「perfect gold」とか。
連れて行かれたい感じ、どこか、この妖しい人に。


毎回入るコピー曲。今回は「kick out the jams」でした。
こちらもノリよくてついつい踊っちゃうんですが、個人的にはヘルタースケルターが好き。
いつまで続くのこのエンドレスリピートっていうノリが。
「Tanged」であああぁぁぁあぁぁタオルが・・・!タオルがないよ。買おうと思ったらお金置いてきた。
とりあえず跳んどけ!ひゃっふぅ。


アンコールは2回。にプラス1曲。いち早くいったお客さんのリクエストで「kiri」
これはほんとのほんとに予定調和ではないおまけだったのかしら?だとしたら嬉しい。
こういうことができる小回りきくMONORALであってほしいなぁ。いつまでも。
シングルオンパレード。「pocketful of joy」「Visions in my head」「Turbulence」
あとなつかしおひさし「Like you」
いいなぁ、初めてワンマンライブいった時とかインストいった時がこれらの曲をバンバンやっていた
時期なので、うきうきした。そうそう、まだ社会人になったばっかりのころでした。
雨男なMONORALだけど(神戸もお昼までは雨降ってました)、
これらの曲は晴天の空をいつでも私の頭に思い起こさせます。からっとした初夏、5月の空。


ダイゴのMCタイムは上(かみ)、下(しも)、ブルジョワ席にわかれてコール&レスポンス。
下手側にいた私ですが、ダイゴの反応はいまいち。っていうかダイゴが何いってるかわかんなくて全部「イエー!」で返してたよ。HIROKI並みに早口です。

「モノ!」「ラル!」
「ビ!」「アー!」
「こう!」「べー!」


あの・・・なんか、もっとなかったんですかね神戸って・・・。
大阪だと「もうかりまっかー!」「ぼちぼちでんなー!」が定番ですけど。


その神戸初ライブのMONORALだったわけですが、アニスの神戸の感想はというと?
「なんか、ジェットコースターみたいだよね。駅周辺のこう、道があがったりさがってりしてるの。」
そうそう、空中経路がねぇ。仙台とかもそんな感じですよね。
「ジェットコースター大好きで、乗ったら最初っから最後まで笑ってる。アハハハハハハハハ!って。
たまに写真とられるやつあるじゃん?一番いいところで。あれってみんなどうしてる?
目瞑って映ってる?僕めっちゃ笑ってる。ずっと笑ってるから降りるとのどがカラカラ。
カラカラ・・・?ガラガラ?喉は・・・?カラカラ。お客さんがいないのは・・・?ガラガラ。
ガラガラ蛇ってなんでガラガラヘビっていうの?あれって、蛇が丸呑みしてガラガラ(周りが?おなかが?)になるからガラガラヘビっていうんだと思ってたんだけど。あ、ガラガラって鳴くの?へぇ・・・。」

途中からガラガラ蛇の話になってもう神戸って何なのさ・・・。
履き倒れと洋食とスイーツの街じゃない!ハイディにチョコを買って帰っておあげなさいよ。


最後の「kiri」は感動の一言。
そうですね、ほかにリクエストで声が上がっていた「wash」と「kiri」はMONORALの曲の中で
同じような位置づけにあるような曲で、最後に歌われたいって感じ?
どっちが好きかっていったら私は断然「kiri」ですね。アニスも「kiri」好きっていってました。
足洗った水のみほすより、一緒にワインを飲みあかす。そんなアニスのほうが私はいい。
狭いライブハウスの中で広さを感じられる、突如として大量の酸素が舞い込んでくるような
この曲が好きです。妙に救われた気持ちになるよ。


まぁ、このアンコール前にメンバー間で一悶着あったんですけどね(笑)
アニス一生懸命みんなのリクエスト聞いてるのにほか4人かたまってヒソヒソ。
「え、もう一曲何やるかってはなしじゃないの?何?『もう1曲やるか飲み屋に行くか相談してた』ってそっちの相談?いつもこう!4対1でね。よくある。」


そんなMONORALで結構!せいぜい楽しく飲んで楽しくライブやっちゃってください。



1分間でkenちゃんにフォーリンラブ
20090312 / 13:10


kenちゃんの、握手会に、いきたいかーーーっ!?


いきたああぁぁぁぁぁぁぁあっぁぁぁぁぁいっ!げふっ。
のっけからアメリカ横断ウルトラクイズ的ノリですいません。
はたまた、「誰がkenちゃんの握手会なんて行きたがるかアホンダラ!」っていう風にもとれて
すいません。前者の意味でとらえていただければ結構です。
なにやら大阪と東京でやるそうで。詳細はまだ。抽選ですか先着ですか全員ですか。
kenちゃんのことだしその場でじゃんけん大会とか○×クイズとか壁にぶち当たって
どろんこまみれになるとか壮絶な早押しクイズバトルの末あのビュティホーハンドを手にすることができるんじゃなかろうか。
と、いうことで冒頭にいたる。


いいなぁ、ライブもいいけどとにかく今の私はメンバーにかんする何らかのイベントにいきたいのです。
屋形船もいきたかったのです。でも無理だからミステリーツアーの日程が
どうかどうか無理のない日であることを祈るばかりで、その矢先この握手会の知らせがきた。
握手会なら!いける!いけるわ私!大阪の地に飛ぶ!ついでにリラックマストアいくし。


あぁ、願わくは全員で。握手会、アニスとアリとならあるけどラルクメンバーはないですよ。
あれよね、まず、手の大きさを比べたい。
私のこのかっぱえびせんの小指を嘲笑ってくださいken様。
hydeの指の短さには負けん。
そしてその流れでフォーリンラブしたら完璧!よね。


あ、CDかってきますー。




三ノ宮散策
20090309 / 23:28
 
3月6日、神戸に行ってまいりました。
あ、その前日誕生日でした。干支ふたまわり。お祝いメールくれた友達サンクス!
ちなみにズームインと同じ誕生日です。歳は違うよ。
あの人からもお祝いいただきました。2度目のメール。



祝 御生誕 ○○ちゃん


チュッ ( ´ ゝ3・) -☆チュッ


音の家庭教師 HYDE




「´」の意味が分からず顔文字だと判断できませんでした先生。
眉毛?ねぇ、眉毛!?いや、その距離はありえない。


ただ、去年の差出人よりは分かりやすくて個人的には嬉しかったです先生。
「昔の家庭教師」って最初読み間違えました。何そのときめく感じ。


さて、話を戻しまして神戸。
前回ラルクで神戸行ったときはあんまし神戸というものを堪能できなかったので今回は
地図本もってひたすら散策!ガイドブックガン見しながら堂々歩いてました。だって私は観光客。
最初は方向感覚つかめなかったけどなれると楽でした。
海側山側で覚えるのね。ちょっと京都と似てる。



お昼は洋食の定番中の定番「グリル十字屋」に行こうと最初思ったのですが、
デミグラスソースの味は老舗だろうがなんだろうが予測がついてしまうということと、
口コミで一部評価のよろしくない部分があったのでやめました。
で、味が想像できないもの、未知なるものを求めて軽いフレンチに。
と、いうわけで行ったのが「BRASERIE L'ARDOISE」さん。
もうね、「L'」って文字がつくだけでファンは胸ときめかすからせわないね。
駅中心からちょこっとはなれビジネスビルとマンションが立ち並ぶ中にそのお店はありました。
中がフランスのアンティークの調度品でそろえられていてかわいらしかったです。こういう店すき。
ラルクちゃんのあの写真集の1ページをそ、っと飾ってもいいかも。
あの、おフランス写真集にのっていそうな写真もありました。ちょっと印象に残った。
最初こそ緊張したもののすぐにほっこり。そんなにかしこまらなくていいのもまたよし。
前菜とスープとパンとメイン、あと食後のコーヒーで1500円。プラス500円でデザートついたんですが
甘いものは甘いもので別の店でいただきたいということでデザートはなし。
前菜は少々口に合わなかったのですが(あちらさんのスパイスがだめでした)
その後の春キャベツのスープとメインのお肉が文句なしにおいしかった。
お肉やわらかぁい。あまーい。ソースこってり。
それからそれから食後のコーヒー!これがまたおいしかったのなんの。
ミルク入れすぎたのが悔しかったぐらい理想のコーヒーでした。
富山でいきつけだったカフェのコーヒーや、福井で時折食べに行くここのお店よりもっと
軽いフレンチのお店で飲むコーヒーと一緒!
富山の行きつけのカフェもフランスのガレットや食事、ワインを出してる店だったし、
こういうフレンチ関係のお店で出すコーヒーって共通してるのかしら。とりあえず満足!
HP行って見てみたら夜のメニューのブイヤベースがおいしそう!
前、スマスマでアラン・ドロンがブイヤベース注文して食べてたの見てから
ブイヤベースが気になってしょうがない。フランスの家庭の味、でしたっけ?


神戸といえば・・・スイーツ!
ぱちしえ!パティシエー!シェフー!ということで、老舗洋菓子店「ボックサン」へ。
細い路地の角にあるものだとおもっていたら、リニューアルして表の広い道沿いになったんですね。
イートインできる場所もテーブル席の2階とカウンター席の3階に分かれ私は3階のほうでまったり。
もう、ケーキのメニューみて目移りしまくった。あれもこれもそれもどれも食べたい・・・!
久しぶりだよこういう感覚。だって、最近のケーキ屋さんのケーキって凝りに凝り過ぎてて、
その凝った部分が少しでも自分の好みに合わないと選択肢から除外されちゃうんだよね。
だから、大概ケーキ屋さん行っても本当に自分が食べたいケーキっていうのが
2,3個で絞られるんだけどここのケーキはシンプルかつどれもおいしそう・・・。
そして一番おいしいのはお値段。
そうです・・・最近のデパ地下のケーキとかって普通にショートケーキが450円以上するんです・・・
あれ許せない!で、大しておいしくなかったりクリームが濃すぎて胃がもたれるとなおさら許せん。
それが、老舗庶民価格ショートケーキ350円。
昔から地元民に愛されてきたデザートって感じですね。そう、スイーツじゃなくてデザート。
迷った挙句そのショートケーキにしました。やっぱり基本いっとこうかなぁと。
あぁ、いつぞやの会報のkenちゃんみたいにあらゆるお店のショートケーキ食べ比べしてみたい。
イートインするとケーキの横っちょにミニソフトがついてお得。しかもなかなか濃厚。
ケーキは生地はふんわり、わりとあっさりめで軽く2,3個はいけそうです。
あー、落ち着くこの味。で、感動したのがイチゴ。みずみずしいことこの上ないイチゴ。
だって、ケーキのイチゴって大概ハズレのもの多くないですか?かすかすだったりすっぱかったり。
それが、周りがコーティングされてて水分が保たれてるんですよ。じゅわっと!
あれは、イチゴだけ丁寧に残して最後に食べる価値はありました。


先月の流れでショコラティエ様にはまり、神戸のショコラティエ様のお店にも立ち寄りました。
La Pierre Blanche。また胸ときめかす。もう「L'」とか「La」に弱いよ、ファンは。フランスに弱い。
ってか彼らがフランスでやってしまったのがね、余計にフランス意識を強くさせたよ私の。
DVDでますね。なんと、裏のドキュメンタリーと、表舞台のライブまで。あれ日本は?
ま、いいや。チョコの話に戻ります。
これまたお店のたたずまいがかわいらしいいいぃぃ。こういう個店が大好きですうぅぅ。
入るとビターの濃いチョコのにおい。フランス・オペラ社のチョコを使ってるそうで。
よく知らないけどフランスに過敏に反応してもうウキウキ。
アソートかいましたけど高かったです・・・。でもおいしかった。お家でいただきました。


さて洋食、スイーツ、ときましてお次は履き倒れの町神戸へ。
三ノ宮高架下のほっそいみちの両脇に並んだ服や靴屋もろもろ!ここすっごく楽しいですね。
アドレナリン大放出!いざ狩りに行かんとばかりに興奮状態。
掘り出し物を探すにはもってこいです。
なんか、お高い靴をデパートのフロアで買うのもいいんですけど
それって別に神戸じゃなくてもどこでもできるわけで、どうせ靴買うならここで、これは!って
見つけて買うほうが神戸行った充実感が出ますね。
と、いうわけで歩き始めて10分後に靴購入。早い、早いよ神戸。
こんなすぐに出会えるものですか掘り出し物。
もとから行こうと思ってたお店を見つけて買ったんですどね。「QOOCA」という
ヨーロッパのデザイナーさんの靴を取り扱ってるお店だそうで。
で、お高いかと思いきや1万円台でデザイン性の高いものが買えるとのことで
いったら、びっくり。1万円どころじゃなかった。1995円でお買い上げです。
いや、お店で取り扱ってる靴全部3800円均一で中でも私がたまたま目をつけた紫のウエッジソール
パンプスがさらに半額になっていたのです。思わずお店の人に聞きました。
「これ本当に1995円ですか?」で、そうです、と。さっそくはいてみる。
このウエッジソールのヒールの部分がしゅっとくびれていて、ウエッジソール特有のぽっくりはいてるようなごたつきがない。ウエッジソールなのにしゅっとして見える。一目惚れお買い上げ。
うわーい。今度の結婚パーティーのときに履いていこうっと。


で、その日着ていたワンピースと靴があっていたので
お店の人が「そのままはいて帰ってもよさそうですね。」といっていたのですが、
「あ、でもこれからライブなんでちょっとこれでは飛び跳ねすることができませんね・・・」
とライブの話に。
「ボーカルが谷原章介にめっちゃ似てる」っていったら「それめっちゃイケメンやん!」と大笑い。
「だからもう、テレビで谷原章介見るとどきどきしますよ。」
「テレビ出るようなバンドじゃないから谷原章介見て想いを馳せるみたいな・・・」でまた大笑い。
「歳は?」と聞かれあ、そういえばこないだ34歳になったっけ、と思い出す。
っていうか私もっと若いと思ってた。あのメンバー間できゃいきゃいやってるのと
下ネタいってニヤニヤしてる感じはまだ20代ギリでいけるだろうと思ったんですが
わりとおっつぁん。お年もなるほど、谷原さんとちかいわけだ。


さっき、QOOCAさんのHPいってあの安さの原因が分かりました。
いったん閉店するそうですね・・・。どこかで必ずリニューアルオープンしてくださいね!
よかった、閉店する前に出会えて。あの色味と形は日本じゃないもの。


さてさて、神戸堪能話はこれほどにしまして(1回2回行っただけじゃ物足りないです神戸。今度はトアウエスト・イースト付近をメインに回りたい!)
そろそろmonoralのライブの話に・・・長い!いったんきります。


しまった
20090302 / 08:07

ハイドモバイルのチケット選考結果ですが、





分かりません。






あああああああああああああ、受付番号何だったっけええええええええぇぇ!
1箇所はテキストコピーしといたけどあと3箇所はめんどくさくてするの忘れてた。
振込用紙の一つや二つくればいいんですがクレジット支払いです、こんなときに限って。
どきどきです、そしてあたっていたとしてもどこのチケットか分かりません。
休日希望どうすればいいのおぉぉぉお。





ビューティフルサンデー
20090301 / 09:09
 
どうもですー。ひゃっひゃ!日曜日久しぶりの休みですー。
この前の休みは試験だったので実質1週間ぶりの休みですー。
お天気いい日に仕事行くってほんっと嫌だよねぇ、なんていっつも思うんですが
今日はにしゃにしゃしてます。にしゃにしゃ。今日はカラオケ。


ってかあの試験!福井と石川の難易度の差は何だ!あれでいいのか石川は。
そして、福井は何だ。検定料他県より安くてウェルカム体制かとおもいきや、
人が勉強したところ以外の隙間見つけて問題だしてくる。
ついでにいうと、問題用紙が安っぽい。どんだけ手作業かとおもいました。
まぁ、どちらも受かったんで申請は近場の福井にしますけどねー。
次は医療事務でもとろうかと思います。今の会社がバックアップ体制組もうとしてるみたいなんで。
で、私は転職体制を整える、と。


さて、お話変えまして。
おとといはMONORALの日本ツアー初日でしたね!楽しまれたでしょうか。
ぐだぐだだけどほんわかしてじんわりと盛り上げてくれるアニスのMCとか、
ぽやーっとしてるMONORALに新しい風を吹かせたダイゴさんの勢いある煽りMCとか
ほんっと楽しいですよねぇ。「e,e,e,e・・・」はやったかなぁ?やってるよね。お決まりだもの。
Viaのなかでは「you」と「safila」がお気に入りー。そういやVAMPSDVDに入ってた
アニスとハイディのハモリがたまらなくよかったです。ハイディの「引き」の歌力に惚れた。
私はあと1週間後。で、どこにあるんだ神戸VARIT・・・しらべまする。

copyright (C) one day something all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。