FC2ブログ
one day something
スポンサーサイト
------ / --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
うお座全開MAX!な内容でこの胸の内をひけらかします
20091031 / 00:09
 
もう、もう、もう・・・・
よかったあああああああぁぁぁぁ・・・・(泣)
あぁみんな救われてよかったハッピーでよかった誰も悪者にならなくてよかった
どんなに傷を受けようと与えようと最後に残った優しさと受け入れる強さが救いになるんだね。
どんなに酷くされたって一握りの優しさで十分浄化できる。
そこにつけ込んでエスカレートする非常事態もあるかもしれない、けれど、いつかその優しさが
報われるって思ってる。その優しさが彼の罪悪感を引き起こして受け止めてくれる。
どんなに時間がかかったって。信じたい。
それが、御伽噺の世界の中での成功だとしても
現実でもかなうはず。だって、こんな素敵なお話を書ける人が現実にいるんだもの。
そういう人がいるって思うだけで、その人が与えてくれた言葉で、
抗えない現状にも「幸せになるための試練なんだ」って立ち向かうことができるよ。


この一月、感情移入しすぎるぐらい読みふけった小説でした。
2次創作ではあるんですが。こう、やっぱり登場人物が知っている人物なだけに入り込みやすくて。
入り込んで、幸せが舞い降りてきた時、胸をなでおろすと同時に涙があふれてとまんなくなった。


みんなが救われるお話がいいな。うん。読後感がまったく違う。


登場人物にモチーフがいるお話で大泣きしたのは「ユーターン」以来だなぁ。
「ユーターン」というお話は、以前とあるラルクサイトさんで掲載されていた小説で
もちろん登場人物はメンバーである彼らがあてがわれていたのですが、
出版化されるにあたって無論名前は差し替えられまして。その本も持ってます。
たまに読むとすぐに涙腺がゆっるゆるになります。
まぁ、2つともお話自体は「痛い」ものです。
何だ結局お前そういうの好きなのかっていわれたらおしまいですが、
その人たちが救われていつかは変われるよっていう力を、御伽噺ではなく現実でも
なしえることができるんだよっていう力を文章から感じれるからこそ好きなんであって、
痛い話が痛いままで終わるのはごめんだよ。


ここの声はご本人には届きませんが(でも感想はちゃんと拍手で伝えました)
本当に本当にありがとうございました!


ほんの少しだけ心を豊かにして
ほんの少しだけ明日は人に優しく、って思って
それで眠ろう。


スポンサーサイト
のどぐろ・・・!
20091030 / 21:52

明希様ーーーーーーーっ!
そのかぜっぴきのお声で日本海の海の幸へ愛を叫んでくれてありがとーう!
部屋で盛大に咲きました。


や、叫ぶってほどじゃあないけどさ。めちゃめちゃ声裏返ってたけどさ。


のどぐろ、福井ではあんましお目にかけませんが富山の割烹料理屋で頻繁にお目にかけました。
幾度か食べてます。お運びさんやってたからね。
あんねー脂の乗り方がたまんない。ムツはそんなに好きじゃないけど、のどぐろ(赤ムツ)はすき。
のどが黒いのよ。そのまんまですよ。焼き物でも煮物でもいただいてますが
焼き物がいいよねー。うまあああああああ。食べたい、富山行きたい、元バイト先いって食べたい。
ついでにぶり大根と白子のてんぷらとふぐ鍋と土瓶蒸しもいただきたい。秋冬最高ですよあそこは。


薬味のおいしさを私はあのお店で教えていただきました。
昆布〆のおいしさも、わすれてない。


まぁ、不況の波が押し寄せてあそこのお得意さんの会社の人とかも
前よりか来なくなっちゃったりしてるのかもしれないけれど検索してみたらちゃんとまだお店やってて
安心した。っていうかマスターがブログ開設してた、笑。自作のお米を売っていたよ。びっくりした。
その頃はちょっとね、マスターが苦手っていうか、
うまくコミュニケーションがとれなかったんだけど(やめる間際になってうちとけてきた)
今ならざっくばらんに話せそう。こっちもあの頃よりは大人と会話ができるようになったよ。



あぁ、とにかく明希様にありがとう。なつかしくなったわ、富山が。

昭和の香りとカボチャの夜
20091030 / 11:01

前の記事、主語がないよなって思った。
お分かりかとは思いますが、シドのことです。もう最近そればっかりね。
ビーパスのインタビューを読んでの感想。「中だるみ」って言ったのはマオ先輩。
正直な人は好きよ。羨ましさもある。


怪盗ネオン、聞いてしまったぁ。
誘惑に負けた。貧しさに負けた。(@「昭和枯れすすき」)
「昭和枯れすすき」、とういう曲を知ったのは、クレヨンしんちゃんからです。
メロディは知らないんですが、歌詞がとっても昭和で、いいですよ。
日本海とか東尋坊が似合います。
っていうか、今「すすぎ」なのか「すすき」なのか「すずき」なのかがわからなくて調べたら
歌詞が出てきて読んだのさ。そしたらば、よ。素敵だわー。
シドっちゃんの哀愁歌謡好きにはたまらんよ。あの人書きそうだもん。この手の歌詞。


でも、「すすぎ」は洗濯の工程だし、「すずき」は魚の名前だから考えればわかるって話、笑
ちょっと頭弱かった今日の日の朝。


本題に戻ろう。
怪盗ネオン、shinjiさんが「ハネモノ」っていってて、「ハネモノ」ってなぁに?って疑問だったから
曲を聴いて、あぁ、こういうのが「ハネモノ」なのねって理解した。
シドのお得意の曲調ってきいて浮かぶのが2パターンあって、ひとつはものっすごく好きだけど
ひとつは正直、アルバムに入っていたらかっ飛ばしてしまうあんまし好きじゃない曲調だったりするわけで。
後者だったらうーん・・・、だったんですけど幸い、前者でした。
「罠」とか「汚れた指」とか「バーチャル晩餐会」とかああいう感じですかね。うん、好き好き!
歌詞はなんじゃこりゃぁー!らしいですけど、笑。最低2回は松田優作になるのです。
シングル楽しみだなぁ。


さてさて、世はハロウィンですかぁ?トリックオアトリート!
日本語だと「おかしくれないといたずらしちゃうぞ!」って、もうお菓子選ばせること前提なのに
英語だとなんか、選択権あるよね。あ、いたずらがいい人はそっちを選んでもいいのね?って。
だってさぁ、お菓子上げてさっさと帰しちゃうの寂しくない?
どうせなら、まぁこの日ぐらいいたずらさせてあげて後でこっそりお菓子あげて、っていう
両方を楽しむパターンもいいと思うんですよね。
ってことで、ハイドちゃんが来た日には帰さず好き放題させます。
根がいいあの人は朝になればきちんと罪悪感を持って片付けしてそうだし。うん、それも魂胆!


ところで、なんでヴァンプアディクトちゃんたちはハロウィンをヘルウィン!ってよんでらっしゃるの?
ハイドちゃんがそういったから?
ハイドちゃんがヘルウィンっていったから今日はヘルウィン記念日なの?
秋刀魚の時みたく、わざとローマ字読みして「かわいい」って思わせたんだ・・・
もうその手にはのらないよ!


で、昨日のハロウィン(意地でもヘルウィンといわない)ナイトは残念ながら女装ではなかったと。
あ、飴と鞭ぃ・・・。
もう、みんなの中でも期待とハードルが上がりまくってるからねぇ。
今までになかった!っていうものを持ってきてほしいよね。そうなるとベタだけど花魁が見たいよね。
でもあのくるくるパーマじゃどうしようもないよね。
あぁ、今だけでも達郎さんと髪型とっかえっこしてよ!黒髪さらさらキューティクルストレートぉ!
昨日は個人的にJINさんの仮装がツボった。
バッハ!もう妖怪でもお化けでもなんでもないもんね、音楽家だからね。
チームmonoralにも音楽家がいたみたいですね。ベートーベンが。
アニスの仮装がもう仮装にみえない。「仮」じゃないよその姿は。


あ、哀悼の意を表してマイケル・ジャクソンとかどうですか?
で、みんなでスリラー。これまたベタだ・・・。





モノローグは必要に応じて語るのです
20091028 / 23:36

あ、あっさり「中だるみ」って言いよった。認めたね。
まぁ、ねぇ・・・、始めていく人にとってはいいツアーかもしれないけど、
何度も行く人にとってはつらかったかもしれないこのツアー。
どうしても自分の地元ならではの何か!をみんな求めるしなぁ。
セットリストを「あえて」変えずにやっていたのは、うん、わかった。
同じことしててもその日その日で変化はあるし、個々人に変化をつけて成長していきたい気持ちもわかる。
が、それって、このインタビュー読んだからこそ伝わることであって、
読まなきゃやっぱり「変わり映えしなかったな」って思ってしまってもおかしくはない。
それぐらい、表面には案外あらわれていないもんなんですよ。個人の微妙な変化なんて。


っていうのは自分が演劇してた時のことを思い出してね。


あのさ、こう、自分の中で「この役のこの人は今まさにこういう思いをぐるぐると抱え込んでいて
それをこの沈黙で表現して途切れ途切れに言葉を紡ぐ様にせりふを・・・」なんて考えていながら
ぽつぽつしゃべったところで、表に見えてるのは「ぽつぽつしゃべってる」部分だけなんですね。
ものすごく感情をこめたはずの沈黙が伝わらずにおわってる。それって、やっぱりその前後の演技も大事だし、やっぱり舞台は自己主張が過剰って思われるぐらいに必要なんですよ。
レッドシアターでしずるが時折やっている「語り」のネタ、あれまさに高校演劇の醍醐味だ!と
おもってお腹抱えて笑ってんですけどね。寒しこ!っておもいながら見てます。
でもほんとそうでもしないと伝わらん。人生経験の浅い若者は言葉にせんと伝わらん。言うこといわんと、やることやらんと伝わらん。そのくせ沈黙なんかでかっこつけようとする。私を含め。
沈黙を武器にするには弱すぎる。黙っててわかってもらおうとすんな。


モノローグは伝えよ。
感情は吐き出せ。
要求は口にして。
欲求はお願いしよう。満たせる誰かに。


そこは恥ずかしくとも、ね。


自分への戒めもかねてですわ。
仕事だと黙り込んでしまうから。
あーしたいこーしたい、そのためにいまこうする、
頭ん中で必死こいて考えては否定してまた考え直しては、の下りを素直にいえたら
もっと楽に仕事できそうだなぁ。私もなかなかに不器用なんです。まだまだ。
せいぜい干支2回りですから、3週目後半に入ってる人に比べたら未熟ですよ。きっと。
でもずけずけとえらそうなこと今日言ったけどね!



うーん、ライブの良し悪しを個人の成長と変化の度合いに委ねて重きをおいてるあたりは
まだまだ発展途上だなぁ。
自分ぐらいはどうとでもなる、ニュートラルですぐGOできるから、とにかくお客さんのテンションが・・・って考えられるハイドさんのタフさを改めて知らされます。
客に媚びれとはいいませんけど、もちろん、1本のセットリストで満足させる自信はあったのかもしれないけれど、
客が飽きる可能性は考えるべきだったかもねぇ。
さて、ライブハウスツアーはどうなることやら。
そういや、7月31日がなにやら謎を秘めているようで?
ドームじゃないかって噂も立ってるけど、いや、その前に全国のアリーナクラス埋めるのが
先じゃない?それやってからだとおもうけどなぁ。
ちっこい所のツアーやってアリーナツアーやるのはラルクちゃんのお家芸みたいなもんだし
やりそうだなぁ。ってかそれしか思い浮かばなかったです。





あら・・・?
20091028 / 12:19

私勘違いしとった。
「play」の特典DVDの映像だと思われていたものが「涙の温度」の特典DVDだった。
だよなぁ、そうだよ・・・でなきゃ「蜜指」とか「smile」のPV撮影映像とか入るわけないじゃんか。
え、ってことはplayの特典DVDはなんなんですか。何がはいっとんのですか。
まぁ、それはそれでお楽しみってことー。でも、film of playの延長上だったらあんまし嬉しくない、な。


今回のUVERのシングル、買うつもりなかったんにこれまた特典DVDのLIVE映像みたさに
かってしまったです。あぁ、給料日直後って怖い。何でも払えそうな気がするから怖い。
コフレとかも買っちゃいそうで怖い。ルナソルは今年まっしろけっけで微妙だったなぁ。
っていうか、去年のコフレのアイシャドウをようやっと使おうかなって気分になってきたところだし。
コーセーの百貨店バージョンのコフレがやたらとかわいらしかった。DSにも置かれる普通のコーセーのコフレもそれをすこしレベル落としたような感じだったけど、あれもかわいかった。
普段あんましコーセー使わないけどコフレ毎年かわいいんだよなぁ。
忘れないで!来月ミラコレ届くよ。パルファムとパウダーが。
いまさらだけどパウダーどうでもよくなってきた・・・。パルファム超いい匂いであれは今すぐにでも
ほしいんだけど。パウダーは容器のかわいさにやられた。
でも、今から金沢いくよ。目をキラキラさせたいのでーす。
あ、飾るという意味ではなく養うという意味で。そういうもの見ないと廃れちゃうのです。目が。
ジルとアナスイのコフレを確認しましょ。
でも、本来の目的はHEATHERのジャケット。


かわいい、っていわれるとやっぱり恐縮するね。
内心天狗な癖に。あーやだやだ。
潔く柔く、の新刊読んだ。といっても、毎月連載立ち読みしてるんだけどさぁ。
カンナより朝美のほうが私としては好感持てるししゃきっとしてて美人で好きなんですけど、
それはやっぱり私が女だからですかね。
女に好かれる女はもてん。これは私の勝手な持論。女の美意識の中で固められて満足した状態を
たぶん相手は覆せなくて離れていくんだろうね。


だってさぁ、私もわからんもん。胸がおおきくてムチムチしてて谷間を覗かせた胸元より
うっすい肩とうっすい胸と浮き出た鎖骨にほくろの一つや二つあったほうが色気あるって思うもん。
だからわたし、女性もののの深いVネック好きじゃないもんね。
正直、仕事始めてやせたとき胸からやせてすんごく嬉しかった。
私なりに理想の体ってあるんですよ。他が求める求めないにかかわらず。


そう思う傍らで一生懸命コラーゲンのんで大きくしようとしてる女の子もいてさ。
ほんもののコラーゲンとかなんとかいってるけど、いや、それいったん分解されるべ。
と、身も蓋もないこといいそうになったんですがその子の努力が私にはかわいらしく映ったので
いわないことにした。確かに胸は豊かになってました。
女の子だよ。うん。身近の女の子の中でいっちゃん努力してるよ。小さいかわいいあの子。



それでもやっぱり私は朝美を好きな私が好きなんだなぁ。


暇だったので
20091027 / 23:59



いつぞやか書いたいつぞやかのハイドをある程度着色してある程度合成しました。
ギターとマイクが適当すぎるやろ!


shinjiさんのようにパキパキっとしたアニメ塗りができません。もやもやです。もにゃもにゃ・・・!


実はセンマキDVDのマオさんの赤い着物に触発されて書いた絵があるんですけど、
着色したいんですけど、
いかんせん、複合機がおとんの部屋だ。めんどうだ。でも、あれ完成させたい。
それはもう沁みてはこない
20091027 / 10:44

2連休なの。うふ。


UVERは神戸に行くことになりました。困ったときの神戸です。国際化会館の下にあるパン屋の
クリームコロネがうんまい。あと、And Aがある。大好き神戸。
富山はやっぱり初めてやるっていうのもあって倍率高かったんだろうなぁ。
9日にUVERいって11日に蛮幽鬼、大阪。なんか10日大阪にいたい気満々ですがいかんせんお仕事。
で、1ヵ月後も神戸なのよねー。お世話になります。あ、ボックサンのケーキも食べたい。
っていうか、電車、回数券的なものを買ったほうがよさそうな気がしてきた・・・。


今日あたり「play」の初回盤がおうちにやってくる!
落としたよ、買ったよ、あれの特典DVD見たさにね!


この前風邪で寝込んでいた日、あまりの暇さに懐かしい吉本ばななさんの「白河夜船」を
引っ張り出してよんでたらもっぺん気がめいった。
この人の話はこう、人が健やかな心に回復していく段階、その瞬間のバネが読んでいて
心地いいわけで、そこに到達するまでのひたすらほのぐらーい描写は、
高校のころの私ならカモン!だったんですけど今はそれってどうなの・・・?って思ってしまう。
ここに、夢だの理想を描いたらいかんのだわ、と今なら思う。ここにいる人たちがやたらと
はかなげで、神秘的に見えるのはそう見せているから。その虜になってはいけない。



と、いいながらまた手に取ったのは大学のときヴィレバンでかった小説なんですけれども。
もうね、サブカル的なものに触れては喜んでな日々だったからね。
秋なのでたまにそういう気分にもなる。秋のせいにする。明希ちゃんのせいにする。
明希ちゃんの太腿のせいにする。ところであの服の構造はどうなっとん?


私は風邪を引くと目の二重が濃くなります
20091023 / 10:04

あとはくしゃみとなってウイルスを出すだけです。ずびずび。


明希ちゃんも風邪引いてた!や、ブログアップしてないからそんな気はしてたけど。
あのとろーんとした目がもっぺんとろーんとするのか。
布団をがばっとかぶりながらも足先だけひょこっとでてるのか。
喋りがよりいっそうタラタラとしてかすれ気味なのか。
かわゆすなぁ。


こういうかわいらしい妄想はハイドちゃんがまだ30代後半迎えたばっかりのころはよくしてたなぁ。
あの人がこうしていたらいいな、こうだったらいいな妄想。


しっかりとお誕生日を祝うあの子がかわいい。
明希ちゃんの無邪気さには心が洗われます。


と、いうわけでマオさんの誕生日です。明日のラジオでのお祝いはあるのかな?
うちの局はなんか特番はいるらしくって1週遅れるみたいです。
「one way」も明日が解禁日ですね、一応。そろそろPV全部流してほしい。どこかで。


ハイドさんには「もう、思う存分年取ればいいよ。」っていってあげれるけど、
マオさんにはまだまだ若くいてほしいなと思ってます。十分若いけどさ。
でも、きっとお肌のたるみとほうれい線の出現はあのメンバーの中で誰よりも早いんじゃないかって
危惧してます(超真剣)
ほっぺたの肉薄そうなんだよね。薄い分潤いやハリを保てないのではないかと。
オバジのリフティングクリームを送ってあげたいぐらいです。
コラーゲンは注入するだけじゃだめなんだから!それを引っ張ってくれる子がいないとただの
ブヨブヨな肌になってしまうのです。マオさんのエラスチン頑張って。


かわいい人でいてね。
(オカンに「かわいい」と言わせたいのですが、自信を持って見せられるものがまだない)
歌がうまい人でいてね。
なんだかんだで引っ張っていくキーマンでいてね。
人のあれこれをネタにするんじゃなくて己のネタを歌詞に持ち込むだけの
まっとうな恋をしてまっとうに苦しんでまっとうに幸せであってください。
下世話な私はそこから紡ぎだされる歌詞と歌声に期待しましょう。いくらでも。



SID Tour 2009 "hikari" in 神奈川県民会館 -2-
20091022 / 16:07
 
よし、神奈川レポを(もうほとんど忘れたけど)書こう!
前回までのを読みたい方はこちらから、
その続きから参ります。シュウマイ弁当のくだりからです。



お昼は崎陽軒のシュウマイ弁当だったマオにゃん。「きようけ~ん♪」と崎陽軒の歌を歌ってましたが
地元民じゃない私にはよくわからず。
あ、でも崎陽軒のシュウマイは地味に食べてます。叔母が横浜の綱島在住なのでこっち帰ってきた
時に買ってくるんですよ。崎陽軒のシュウマイと銀座コージーコーナーと私。
なんかshinjiさんの弾き語りみたいなタイトル。
あれですよ、東横線上ですよ綱島は。渋谷から出てます東横線。
shinjiさんが埼京線は池袋まで25分といっていましたが、東横線は渋谷まで25分。
この微妙な違いがね、今のきっと2人を作り上げたんだと思います。
shinjiさんは夜のネオン街を歩くのが似合う胡散臭さに、
明希ちゃんは昼のセンター街の賑わいが似合うやんちゃっ子に。


で、シュウマイ弁当の話ですね、えぇ。


「俺、シュウマイよりもあのいっしょに弁当に入ってるタケノコが好き。味がついててさ、
シュウマイ残してもあれはたべるもんね。」

えー!

「いいじゃん、人それぞれ好きなものがあって(ぷりぷり)。シュウマイはポン酢がおいしいね。」

えーーー!

「・・・お前ら、今日おれの答えに全部『えーっ!』だな(むすぅーっ)。たまにはさ、『おぉー」とかないわけ?」

おぉー。

「なんかむかつく。」

あ、でも、シュウマイにポン酢は個人的にやってみたいと思いましたよ。ほんとに!
ポン酢とネギは大人になってから好きになったものです。


「まぁ、ゆうやはシュウマイ弁当嫌いらしいけど」


さらっとゆうやに話をふるマオにゃん。


「え、ちょ、ちょっとまった。」ゆうやん抗議。


「嫌いっていうか・・・、崎陽軒のシュウマイ弁当ってさ、ご飯が丁寧に小分けされてるでしょ?
4つぐらい、6個だっけ?俵っぽく。
で、あれ最初っからつめたいならいいんだけど、あったかいじゃん?あったかいのが冷めて周りの
容器がべろべろになるでしょ?
そうするとさ、ご飯とろうとするときその俵の形のご飯が全部一緒になってひっついてくるんだよ。」


このへんの語り草はたぶん6割ぐらいしかあってません。
でも、ご飯がひっついてるって話をしてたとおもうんだ!
ここしばらくはそれをシュウマイが引っ付いてくるっていう記憶にすりかわってたけど
書き始めたら思い出した。
ってか、それシュウマイ弁当が嫌いなんじゃなくて崎陽軒の弁当そのものが無理ってことじゃんね。


「で、ゆうやはシュウマイ弁当が嫌いなんだよね。」


うん、とあっさりこたえるゆうやんにあっけにとられる私とマオにゃん。


「うん、言っちゃうとシュウマイ弁当はあんまし好きじゃない。あ、っていうか、今日の夕飯見た?」
「はぁ?」(何、もう、あんた食べたの?って反応)
「すごいよ、夕飯ね、崎陽軒のしょうが焼き弁当。もう、シュウマイ関係なくね?
別に崎陽軒にしなくてもいいじゃん?」
「崎陽軒のまわしものがいるね、スタッフに。まぁ、俺はタケノコが入ってればいいよ。」
「あ、入ってなかった。タケノコ入ってなかったよ。」
そんなマオさんのテンション下がることいわんとってゆうやん。


「っていうか、食べ物の話ばっかりだね・・・笑。いいのかな。あ、昨日はラーメン食べに行きました。
家系ラーメン。おいしかったー。
ラーメンデート、っていいよね。やりたい。
ラーメン食べながら彼女が『めがねくもっちゃうー!(マオさん女子化)』って言ってね。
『はずせよー。(マオさんエセ男前化)』
『やだー、みえないー。』
『見えなくていいじゃん。俺を見るときだけかけてろよ。』」


って、マオさんが指で隣にいる妄想彼女さんをつっついてキャッキャして、
客席からはキャァァって黄色い声が上がる中、わたしがひとつ確信を得たことは、
「マオさんの妄想は明石家さんまレベル」ということでした。


「最後はニンニクくさい口で絡み合うような家系キスね。
絡み合って、『俺たち背脂みたいだね』って、ふふ。」


マオさんが女子化したときの妄想は久本まちゃみレベルです(冷静)



「盛り上がってきたねー。」そちらが勝手にね。
「あ、今日shinji君まだしゃべってない。」
「俺は元気だよ。っていうか、振られないとしゃべれないよね。」
「そんなことないって。もっと、ゆうやみたいにずかずか入ってこればいいじゃん。」


「ちょ、ちょ、」ゆうやん二度目の抗議。


「俺は振られたから話しただけだっつーの!そんなこというなら、もうマオ君が話ふってきてもしゃべってあげねーから!(ぷいっと首をそむける)」
「『しゃべってあげない!』だって、かわいー。」
後ろに手をもっていって足で地面をたん!と突いてぷん!ってしぐさをするマオさん。
それを見たゆうやんが「なにそれー」ってニコニコになってのってきて、頭の上に指乗っけて鬼さんポーズでお返し。マオさんもそれをして、2人しばらくトレンディードラマごっこに没頭。
ふられたはずのshinjiさんもあきれて「もう勝手にやってて」と2人に向かって手を払う。

「あ、ごめんshinji君。続きどうぞ。」

「・・・さっきさ、マオ君が言ってたけど、横浜の人はホコリかぶってるだっけ?
ぜんぜん違うよ。
「誇り高い、だっけ?あ、気取ってるか。そういうところが埼玉と神奈川は似てるんですよ。」



まぁ、このあとに埼京線だの何だのって話をしてました。ここのMCが一番長かった。


capsuleの前だったっけ?声だし大会は。
声だし大会で、一番だったところに何をあげるかさまよった挙句、「じゃ、ゆうやあげるっ。」ってマオさんがものすごく投げやりに言いはなったところにときめきました。なんでどうして。
私、2階席におりまして、「2階、少ない割りにがんばってるね。華がある。」との
言葉をいただきました。マオさんに添える花となるならいくらでも咲きましょう、人食い花にならない程度に。
1階は人数多いから、右・左・真ん中で別れてました。で、1階の右側(マオさんから見て)の声だし
にはいる前に、マオさんさらっと
「じゃあ、次、右ね。shinji君と同じ右寄りね。
とshinjiさんをさりげなく陥れる言葉をいってました。それに対し素面で「俺、左だよ。」と返すshinjiさん。shinjiさんの方が一枚上手だった。
で、全エリアの声だし大会が終わった後のshinjiさんのジャッジメントでも、「俺自身は左寄りだけど・・・」とさっきの話をつなげるshinjiさん。
真ん中の声の高さがツボだったshinjiさん。そのあと角度がどうのこうのと延々、いきおいでマオさんに「マオ君はどっち?」って聞いたり、あぁもう年齢に3がつく人たちの会話ってなんでこうなの・・・?
と頭が痛くなりました。
そんなみそじの二人に対し、ゆうやんの「俺、明希が決めたとこに行っちゃうの?」って発言にはきゅんとしました。何その、保健所にいる犬みたいな、父親に見合いをすすめられてるお嬢様みたいな、きゅん。
最後には「とっとといけや」ってマオさんに背中けられて押し出されるのが理想。何それ。


声だし大会の終わり際、結局ゆうやんの行方があやふやになって客席がざわついてきたところで、
「なんかそのメンバーの呼び方独特だよね。なんであがるの?」って
私が疑問に思っていたことを呼ばれている本人がもちだしてきました。
え、それを、あなたが聞くの?あなたがそうさせたんじゃないの?

「まお(↓)ー?(↑)」
「ゆうや(↓)ぁー?(↑)」
「あき(↓)ぃー?(↑)」
・・・シンディア(超低音)

ひとしきりみんなの呼び方を真似てみるマオにゃん。でも、shinjiだけオチ扱い。
「うまく落ちたね。」っていってたけど、おちてない!



「循環」前のメンバー紹介。特筆すべきはただひとつ。大田胃散体操にて。


「あきいいいいぃぃぃぃぃぃ、あいしてるぜえええぇぇえぇ!」


全力北斗の拳。(『おおたぁぁぁあたたたたたぁー!(高温ボイス)』、本人はエアロ・スミス主張。)
全力側転。(shinjiさんって運動神経いいんだけど爪が甘い。だいたい足くじいてる、この日も。)
全力告白。全力抱擁。
明希ちゃんに結婚大田胃散プレゼント。それをさながらブーケのごとく投げる明希ちゃん。
とにかく、shinjiさんのメーターがふりきれていたのだけは確かです。


この一世一代の告白より私はアンコでの「妄想日記」でのshinjiさんとマオさんの印象が強く残ってます。


2番のBメロで下手花道にいるshinjiさんに近寄るマオさん。
とん、と彼の肩を軽く押し倒し、そのちょっと後ろ横にぴったりとしゃがみこんで


【浮気はよくないわ】


の1フレーズを、shinjiさんガン見で歌うマオさん。



怖。



ひいいいいいいぃぃぃ。何したのshinjiさん。っていうか何気取りなのマオさん。
何なのこの空間・・・。さっきの告白があっただけにここすげぇ意味深な空間に感じた私も
相当怪しいです。こわい。あの2人が並ぶとトレンディじゃなくて昼ドラかVシネだね。
マオさんは女友達にするなら心強いかも知んないけど彼女にしたらこわいな。と、とっさに思いました。


「循環」では初めて回りました。意外と回れるもんですね。回りだしたらとまんない。




アンコールの日替わり曲。


「playツアー以来、ということでアルバム『play』のなかから懐かしい曲『LIVE』聴いてください。」


『play』から、っていうことで「スロウ!スロウ!」って期待をしたところ「LIVE」だったので
ちょっと残念。でも、この曲この時点でまだきいたことなかったのでそれはそれで貴重でした。
なんともシンプルな曲で、そのときはピンとこなかったのですが、今ではかなりお気に入りです。
アルバムラストの曲のなかでこの曲が一番好きです。やっぱ『play』が一番好きだわー。
まぁ「スロウ」はね、その後「one way」と「エール」が控えてるとあっちゃあ、無い選曲だわね。


新曲「one way」
これねぇ、明るい曲でねぇ。「ドラマ」より好きなタイプの曲だと思った。
明るいけど、全体的にぼんやり明るいんじゃなくて、曲の中で一際きらめく瞬間があるのよ。
こう、ぐっとテンションがあがる部分が。そういう曲の構成って何気にkenちゃんのそれと似てる。
曲の中で驚きがないとだめなんだよね、kenちゃんは。
人差し指たてて上下に上げながらノリノリでした。早くPVが見たい。


「光」がおわって。
ペットボトル投げ放題。明希ちゃんの投げたペットボトルはおしくも2階届かず。
メンバーがそれぞれ最前の人とタッチしていく。
shinjiさん途中で足がもつれてよろけてへなへな・・・ってなってた。足首弱いんじゃないあの人?
マオさん、明希ちゃんの両腕を持ち上げて右左に操り人形。
うん、なんか年上と年下って感じがする(ただの事実)
マオさんとshinjiさんがお互い上下からステージ中央まできてすれ違う、前にがっしり抱擁。え。
なんでこの2人が、って思ったら離れた後の2人も「何で俺らが・・・」みたいな感じだったのが笑えた。
妙に照れくさいな。
マオにゃんの「愛してます!」はマイクで控えめに、後の明希様に花を持たす感じでわりとあっさり
はけていく。が、後に上手側からだーっと走ってきてゆうやんに飛びついて最終的に2人ではける。
なんなんだあの人は。ゆうやんの行方は結局あの人の手の中に収められてるってわけね。
最後に明希ちゃん。


「ねぇ、俺んちどうだったぁー!?」


これが最っ高に無邪気でかわいかった。それだけで癒された。
たくさん名前呼ばれて、抱きしめてもらって、かわいがられるみんなの弟キャラだった
この日の主役、明希ちゃんでした。











ってぇ、感じですわ。覚えてる範囲にすこし脚色を加えてのものとなります。
抜けてるところも大いにあるけど、抜けてるところはたぶん私的にはかかなくてもいい部分
なんだろうとおもいます。とりあえず、これを私のシド@神奈川の脳内保管用として
とっておきたいとおもいます。



さ、あとはイナズマのレポも残り書き上げたいところ。これまた今更ですけど。


ズビズバ!
20091022 / 08:52
胃痛が治ったと思ったら今度は風邪か・・・。踏んだり蹴ったり蹴られまくってます。
たたかれてやわらかい肉になるのであればそれはよいことなのですけれども。
でも、私、自慢じゃないけどインフルエンザにかかったことないよ!
大概普通の風邪です。のどに来て、鼻に移行して、ちょっと頭痛くてだるいーが続いて、治る。
熱もそんなに出ません。至極全うに風邪のウイルスの流れを感じては寝込んでます。
インフルエンザにかからないのは、小学生のころに毎年学校で打たされていたおかげもあるのかね。
っていいながらうちの兄は、インフルエンザだのノロウイルスだのばっこばっこもらってきますけどね!
今は学校で受けさせてもらえないよね?あれ、私が中学に入ったあたりからなくなってた。
なんでなくなったんだろう。そりゃ、小中学校ではやるのもしゃーないわ。


今日はおうちでおとなしーくしてます。でも、あとでケーキかってこよ。食べたい。
追記はコメントお返事です。




切なくなりきれない秋
20091020 / 10:08
引き続き募集中。


ACIDMAN LIVE TOUR "A beautiful greed" in Zepp Osaka
11/07(土) 17:30開場 18:30開演
整理番号 1階 400~500番台
チケット代金  送料込みで4000円とさせていただきます(チケット定価4000円です)
送金方法 銀行振込
送付方法 メール便(応相談)


です。連絡はgo_blank_mia@hotmail.co.jpまで。 
連絡お待ちしております。





うっし。モノさんのチケットも無事確保。
なになに?今回はなんと!投票によってセットリストが決まるとかとか!
しかも「in stereo」、「Petrol」が再販とな!?両方とも持ってるけど。
だって私が好きになったのは「Petrol」からだもの。
再販+投票とあらば!ここはもうぜひとも「Petrol」の1曲目「Tente」を切実にリクいたします!
歌っていただきたいのですアニたんよ。
だってこのアルバムよりもっとふるい音源の曲はけっこうポコポコ歌われてるのに、
このアルバムのこの曲だけはいまだにライブで聴いたことないんですよ。ショック。
私はこの曲を歌うアニスの声の甘さとそこはかとなくでるにじみ出るダメ男っぽさに
崩れ去ったというのに。
お願いですからその際は私の腰をバッキバキに砕いてやってくださいよ。是非とも。


今年はVARITに始まりVARITに終わるのか。


秋、せつなさ彩る今日この頃。
銀色夏生さんのことはこの前お話しましたが
同じく切なさを華麗に演出する素材として、柴田淳がおすすめです。


ため息ため息
(2003/02/26)
柴田淳

商品詳細を見る



久しぶりに車の中にCD持ち込んで聞いたらいやぁ、久しくどっぷり浸かった。
懐かしい、大学はいって間もないころの事です。彼女の声はCoccoさんに似てて
そのころ確か富山のラジオのヘヴィーローテーションかなにかでかけられていた「隣の部屋」
という曲がするりするりと耳に入り込んできたのです。
後に、アルバムが出ている事を知り買いました。それが1stアルバムの「ため息」
声はCoccoさんに似ていましたが、書く歌詞はまぁあのきりきりとした一人きりの世界観ではなく、
報われない相手を想うドロドロとした歌詞でした。どっちもどっちや。
そりゃ、OL世代にうけるはずだ。そのころの私には歌詞はピンとこなかったな。
あれから6年半ほどたって、今はこちらの歌詞のほうがこみ上げるものがあります。
Coccoさんのより。そりゃ、6年半って行ったら小学生が中学生になるぐらいだからね。
っていうか、ハイドさんが「小田和正さんの曲をきくと恋をしていないのに恋をしたような気分になれる」ってどこかでいってたじゃないですか?あれとたぶん同じです。気分としては。
で、今読んでる小説の世界観と重ねたりして、傍観者でありながらもうっとりするわけです。


マオさん好きそうな歌詞よ(ぼそり)


そうそうマオさんの歌詞でおもいだした。
このアルバムの5曲目に「拝啓、王子様☆」っていう、なんかぶっ飛んだ曲があるんですね。
それまでのドロドロ感を覆すような。
その歌詞がですね、「妄想日記」を100倍かわいらしく仕立て上げたような、
ようは「妄想日記」がトミーヘブンリーであるならば「拝啓、王子様☆」はトミーフェブラリーみたいな
そんな感じなんです。一人のギタリストを追っかけてる女の子の話。
で、曲の中に『ギターを声に代えて、愛を語ってる姿』っていう歌詞があって
それを私は何を思ったかshinjiさんで当てはめてみまして・・・




死ぬかと思った。




いやだあああああ笑い死になんてはずかしすぎるうううううううううう!
だって、だっ、だって、ギターで愛をかたるshinjiさん、ギターで愛を奏でるshinjiさん・・・っ、ひっ!
金曜shinjiショーで、代々木のど真ん中で、真顔で、愛を叫ぶshinjiさんなんて
耐えられないいいいいいぃぃlひいぃぃぃっやめてえええぇぇっげふっ・・・ごふっ!
っていうか、笑い死にじゃないよ。妄想死ですよ。
うわ、人生最大の汚点が人生の終わりって悲しい。それだけは避けたい。
そんな妄想上のshinjiさんなんぞ、本気で冷凍庫に閉じ込めて、次第に奥に追いやられて
「平成」から次の年号へ変わったころに化石になって出てこればいいんですよ。
それもこれもすべては私の軽はずみな妄想が悪いのです。それこそ冷凍庫行き。



素敵シドファイナルレポがあったので、むふーんと読みつつ。
あぁ、神奈川レポ書きたいなぁなんて思いつつ(今更)
写真見て、マオさんのキティ(赤リボン)ははずれちゃってるわ、
首にかけてる白いのが日本手ぬぐいに見えるわで、
どんだけハビバノンノンなの?って思った私目でございます。
あぁ、今日は切なく終わりたかったのにー。




大○胃散には頼らない。
20091019 / 00:07
引き続き募集中。


ACIDMAN LIVE TOUR "A beautiful greed" in Zepp Osaka
11/07(土) 17:30開場 18:30開演
整理番号 1階 400~500番台
チケット代金  送料込みで4000円とさせていただきます(チケット定価4000円です)
送金方法 銀行振込
送付方法 メール便(応相談)


です。連絡はgo_blank_mia@hotmail.co.jpまで。 
連絡お待ちしております。








あー、うううぅぅぅ。胃が、胃が痛いいぃぃ・・・。
おおたぁー・・・・いさーん・・・・。いい薬ですぅ・・・。


本気な話、あのカンカンを手にとろうかと思いました今日ばかりは。


ばーちゃんゆずりの胃の強さを兼ね備えてるといっても過言ではない私が!
なぜ、なぜ、胃薬なんぞに手を借りねばならぬのです!?
そんなのshinji君か山根君だけで十分ではないですか。
大○胃散、退散!去れ!去るのじゃー。


で、この時折くるきゅうぅぅぅぅっとくる胃の痛みはおそらく胃酸過多によるものだと思われまして。
若干ストレスも加味しているのかもしれません。何せこの1ヶ月ライブにいってない、舞台見損ねた、
次のライブの予定日出勤になってた、やりきれない、ぐるぐる・・・が積もり積もっていたもので。それが胃にきたな。
なので、もう、次の月度は休日という休日見れるものあれば舞台やライブにじゃんじゃん行きたい。
別にそればっかりじゃなくて、映画とかDVDとかもっと見て、養いたい。
わりかし空虚な10月度だったわ。思えばね。
たぶん私の夏がイナズマで終わって、そこでいったん気が抜けてしまったんだと思う。
次に向けてまた楽しみを作らなくてはね。
とりあえず、今monoralさんのライブ予約したし、ポッキーの日に「蛮幽鬼」みにいくことにした。
あとはuverのチケだけなんとかしてとって、今年はそれぐらいにしときましょうかね。
願わくば、12月27日が休みになりますように(年末年始は希望出せないのです)
JACKにいきたいよー。


で、胃の痛みですが、ストレスによるものならば大○胃散より、パンシロンキュアがいいかな。
まだ、軽度のものであれば。これ、もっとひどくなったらまよわずガスター10に走ります。
でもよく考えたらさ、胃酸過多ってことはよ?消化するものに対してそれ以上の胃散が
でてるってわけですよね?つまりは、その胃散たちをフルに使えるようにしてあげれば、
胃の粘膜が傷つけられることはないということです。と、いうわけで、本日の夜は胃にやさしい
鍋をたんまりいただきました。おかげさまで、胃の痛みはある程度おさえられ、
現在腸がおそろしくごろごろと動いております。


と、いうわけでshinji君。
コンビニでつまみ的なものばっかり買って消化の悪いものばっかり食べてるんじゃないよ!
ちゃんと白飯食べなさい。
あと、酒ばっか飲んでると肝臓の動きが鈍くなるから代謝機能がおちて体から毒素が抜けないよ。
それからちゃんと寝てください。


なんかね、彼のプレゼントボックスにはふるさと小包的なものを入れたいですね。
あの、オカンが一人暮らしの息子に大量の食料入れておくるような。
ときおりわけわからん朝鮮人参とかいれられてんの。





ACIDMAN大阪チケットお譲りします
20091017 / 11:17

最強リンクをご覧になってる皆様、すいません、アシッドはアシッドでも「アンドロイド」じゃないです。
ふつうの人です。「マン」です。まぁ、中に仙人みたいな人もいるけどね。


お仕事の都合でいけなくなってしまいました。ACIDMAN in Zepp大阪
っていうか休日希望出したのに!どうして!なんか言うに言えないし・・・。
ついでにいうと今ACIDMAN見にいくって気分にもなれないので、なんとなく。
この前の「蛮幽鬼」見れなかったのがじつは結構こたえてるのです。
で、大阪でリベンジしたいからとりあえずはACIDMANの日は大人しく仕事出ることにした。
あと、uver富山一般とれなかったので、ひょっともしたら9日か11日のチケットをどうにかこうにかして
とって関西方面いくやもしれん。
とにかく、「蛮幽鬼」とuverワンマンは行かないと気がすまない。今年終われそうにない。


なーのーでー。まぁ、ここを見ている人のなかでACIDMANを聴くって人がいるっていうのは
限りなくゼロに近いと思われるのですが、もし、行きたい人いましたらご連絡くださいまし。


ACIDMAN LIVE TOUR "A beautiful greed" in Zepp Osaka
11/07(土) 17:30開場 18:30開演
整理番号 1階 400~500番台
チケット代金  送料込みで4000円とさせていただきます(チケット定価4000円です)
送金方法 銀行振込
送付方法 メール便(応相談)


です。連絡はgo_blank_mia@hotmail.co.jpまで。 
連絡お待ちしております。


 


「嫌い」でもいいから私は私でいさせてよ
20091017 / 09:21
金木犀の香りがするとなぜだかものすごく情感豊かな人になれたかのようになって
ほんのり幸せ。そして必ずそのことを書きたくなる。
たぶん、毎年何かしら金木犀の話題は書いてるような気がしますね。
桜が咲くのを喜ぶように、毎年訪れるこの時がいいですね。


今日はハイドさんのことでも。


そういえば私ってハイドさんの呼び方がころっころかわるんですね。
昔はハイディ一辺倒だったんだけど、なんか今はそれが似合わない時もあったりで。
そのとき自分が話すハイドさんの雰囲気に合わせて呼び方を変えてます。
今日は「ハイドさん」な感じ。


ここ最近の雑誌のインタビューでハイドさんが、「ソロをやるときに最初はラルクのファンをつれこみたくなかった、ラルクの流れを持ち込みたくなかったけどもうどうでもよくなってきた」ってなことを話されててまぁ、この人もずいぶんと正直に話すようになったなぁとおもいました。や、彼はわりといつでも
正直だと思うんですけど、ソロだとやっぱり片意地はってるような物言いされてることが多かったんですね。CDでーたでも「ファンにいらだつこともあった」なんていってましたしね。よくもまぁそんなずけずけとえっらそうに。
まぁ、ラルクとは違って、100%自分の好きと憧れと理想を詰め込んだ空間ですからね。
大人になりきれない思いも出てくるんでしょう。
私もこの前売り場自分の好きなように作っててそのあと修正されてちょっとイラってした。
そこは色違いで花並べたら幼稚くさくなるから嫌なんだけどなぁ、とか、
もっとリボンは派手にみせたいのとか。すいません、仕事の話です。えぇ。
だから、ちょっとだけハイドさんの気持ちわかる。好きな空間でずれが生じて気持ちよくなれないの。
いいよそういう人間のいやらしい部分にじみでたハイドさん。基本人間ハイドが好きだもの。
でさ、バンドやってたひとがソロ活動やるにあたって、バンドのファンがついてくるのはもうしゃーないっていうか。いくら本人が「違う」といえど、そこには似通った部分、通じるところがあって、みんなそこを
好きになってやっぱりついてっちゃうんだと思うんですよ。
でもね、私はかれらが「違う」ってちゃんと認識されてきたんじゃないかって思う部分があって。
ハイドさんは、ラルク・事務所がらみじゃないまったくの新規ファンができることで自分たちがラルクとはまったくの別物だと認められるって思ってるかもしれないけれど、
その逆のパターンあるよ、ってこと。
ラルクファンが、「あ、VAMPSは趣味じゃねぇな。」っていって離れていくのもそれはそれで
VAMPSを認めてる証拠なんですよね。まぁ、愛されたがりハイドちゃんにとっては愛されないのは酷な現実かもしれませんが、愛のある認識よ、立派に。


まぁ、おっちゃん、結局はアウェイを体験することによってホームのありがたさを知ったわけなんですけどね。愛されてるならその経緯はもう何だっていいわけよね。大事大事。


愛されることを当たり前と思っちゃあなりませんよ。
人間、いつ幻滅するかわかったもんじゃあないからね。
人間ハイドは好きだけど青髭ハイドという現実からは目を背けたいとかね。
愛されてるって意識することで変われることもあるよね。
VAMPSハイドちゃんに大人しくなれとは言いませんが、
私は、多少ばかしはじらいと品のあるハイドさんが好きです。わりと私乙女思考。





オープンマインド
20091016 / 00:55
 
おひさしぶり、かなぁ。
シドっちゃんはツアーおわった!っておもったら春ツアーだ!ってことになって
あぁ、ラルクでのシアキス後のL'7みたいな感覚に陥りました。あっちのほうがもっと間隔短いけどね。
で、今度はでっかい箱+ちっこい箱ツアーってなもんで、断然キャパ小さい、っていうか
小さすぎるのでこれはもうFC入るしかないなと思って入っちゃいました。
今、会員ページ見てむふむふしてます。むふー。あ、まだ15000人もいなかったのね。
もう3万人ぐらいいてもいいんじゃないかって思ってたぐらいだったから。でも、今回のツアーで
絶対増えたね。うん。よきかなよきかな。


でぇファイナル、よ。
あんまし調子がよくなかったようで。悔しい思いをされたようですね。
まぁ、そこで栃木みたいにならなくてよかったね、って正直おもったわ。
っていうか栃木は結局何が本当の原因でああなったのかいまいちわからん。
今回はマオさんが絶不調だったってはっきりわかるんだけど。
それでも、まぁ、投げずに最後までやりきったのね。たくさんの人に支えられて。
ありがたい反面、いたたまれないしくやしいしやりきれなかったよね。
その割りにブログが感謝の言葉であっさりおわってたのと次の記事がわりとふつーだったので
あぁ今回は「感謝」のほうが勝ったんだ、と思いました。
だってさぁ、最終日だし映像化されるから当然カメラは入るし、憧れの先輩たくさんよんじゃってるし、
客席埋まってるし、超期待の波が押し寄せてる中で100%を見せられないって
もう、私だったら1週間ぐらい穴の中に閉じこもってたいぐらいだもの。同じ状況なら。
大人になったなぁ。ってもうすぐまた1つ年取りますね。


そうそう、JACK本を買いまして。
このイベントでもシドさんは機材トラブルがあって、頭ん中ぐっちゃぐちゃな状態で4曲やってたんだね。
大概雑誌では「トラブルがありつつもここ最近の人気とこれまで培ってきた実力を備えたタフな姿をみせつけられた」的な内容が書いてあったんですが、
まぁ、メンバーとしてはとかく悔しかったむかついた最悪ってもう全部その後のインタビューで
語っていました。失敗は失敗だと。
マオさんあまりの悔しさにマイクスタンドたたきつけたからねぇ。
んー、かわいい顔ってうちのパートさんからいわれてたけど(待ち受け画像見せた)
やっぱり根は生粋の九州男児ね。男気あふれてますよ。


前の記事でshinji君への愛を叫んでいた私ですが、この人自身は「よぉわからんけどとにかく大人な人」ってぐらいにしか実は認識しておらず、あとは胡散臭い内容で適当にうめています。
どっちかっていうと人間性を見て語りたくなるのはマオさんです。私は主にメロディ隊が好きだね。
過去にハイディやらkenたんに関してはこれでもかと個人的な解釈だの分析をし続けてきたのがありまして、まぁその2人はめでたく「不惑」をむかえもうさほど大きく心が揺れ動くこともないのかな、と。
今支えとなっている芯をそのまま死ぬまで絶やさずもっているんだろうと思うので、
そうなるとやはり興味は今心があっちこっちうごめいてるひと、30代に向かいます。
と、いうわけでマオさん語りをしようかと思いますがよろしくて?




えっとね、この人の書く文章が好きですね。コラムにしろブログはまぁまぁ、今FCの日記的なのを
過去のものから読み返してるけど、うん、好きだわ。
何が好きって、「結局みんな自分が一番かわいいくて好き」っていうのを、
わかっててもプライドやなんやかんやで表に出せない人がほとんどな中で、
この人はそれをあけすけに語って見せてるところね。
私が好きなボーカル、歌詞を書く人っていうのは大概が何らかの「悟り」を得て、世の理、理性と欲、
盛者必衰、他人との関係、それらを人より深く見てて。
その、見ているものと感じていることはほとんどにているんだけど、
それをどういう立場になって伝えるかが違うのね、それぞれに。
ある人は仏みたいになって「こうあるべきだ」と諭すし、
ある人は人間だけどそれこそムスカのように高いところから地上に散っている人をみて
「人がごみのようだ!」と、まではいわないけど、自分をそこから遠ざけて客観視して伝えたり、
ある人は未成年の主張のごとく青い心のまま伝えていたり。
で、マオさんのばあいは自分をとおして伝えてるのね。客観視ではなくて、
世の理に自分を入れて自分を元に語ってる。そこが愛されやすいんだと思うよ。
ね、自分がかわいいよね。お化粧がうまくいったり、その日の髪型がお気に入りだったりしたら、
一番いい角度で写メってブログにアップしたりさ。ほしいものはほしいって言ったりさ。
世の中の人が暗黙の了解にして流していて、でも本当はそんなかっこつけ抜きにして知りたいんだってところをちゃんと伝えてくれてるというか。はたからみたら子供なのかもしれないけれど、
わりとそのほうがことがスムーズにいくこともあるよね。



そう、「牽制」っていうのがないんだわ。いい意味でね。



男の人ってさ、女の子の「頑張ってる所」が好きっていうじゃない?
頑張ってて、その途中でちょっとぬけてる、っていうギャップ押し?
女の人は、男の人の「さりげない所」がすきじゃない?
さりげなく見せてて、実は影で努力してました、こういうところが苦手でした、っていうギャップ押し。
マオさんって、正直、その点では女の子よりだと思うんですよ・・・
この人に「さりげなさ」はあんましにあわんな。
この人には「努力」が似合う。かわいい顔して「努力」が似合う。
そのさなかに折れちゃいそうになったりたまに馬鹿になったり、ぐっと大人になったり、がいいのよ。


ハイディは「才能」と「努力」の人。マオさんは「努力」と「愛嬌」の人。


彼の影響もあってか私のここでの書き方もだいぶかわって。
ブログ1記事にかける所要時間がまず短くなりました。思ったことそのまま書いてるから。
や、たまにかっこつけたくてかっこつけて書いてますけど。ね、こういうこと書くようになったのは
確実にマオさんの所為だと思う。いいじゃん、私は私が好きなんですよー。





バギクロス!
20091012 / 09:44

ぬああああああああ咲きたーい!
もう、めいっぱい「シンディィィィィィ」って言って咲きたい。


えぇ、シドを好きになりまして数ヶ月、ようやっと自分が好きなメンバーが確定した模様です。
まぁ、前々からその兆候はありましたが。
胡散臭い大人が大好きです。スウェット+眼鏡があんなに破壊力あるなんて。
私の心バッキバキに折れた。あの「手」にも手折られた。
センマキDVDの「プロポーズ」のshinjiさんがやたら目が大きくてキラキラしてる。どうした。




咲かせてください、あなたのために。




ようは代々木に行きたいんですー。



20091011 / 12:10
今日は良いてんき。シドさん代々木だー。原宿のロリ率ふえますね!
私のガーリー好きはせいぜいアンティローザどまりですので甘ロリは無理です。
ですが私も今日は秋冬仕様のAラインワンピきて、友達の結婚式の2次会に参ります。
やばい、思いのほか肌寒い。上着るものどうしよう。わたわた。
お祝いのときってあんまし黒系のストッキングとかタイツはかないほうがいいんだよねぇ?


さて、風呂はいんべ。金木犀のおっふろー。
の、前に拍手お返ししますね。ありがとさーん。





ルーツ
20091010 / 10:41

ゆうやのルーツがジュディマリの「DAYDREAM」なこと(@シドラジ)に
思わず自分の思春期が戻ってきたー!激しく胸高鳴った。
うわああああああちょ、ほんと、懐かしすぎる・・・。
私、シドのなかで申し訳ないぐらい「ゆうやんどうでもいい派」なんですけど、
これでちょっと彼への興味が増しました。


あのね、ジュディマリは話したら長いよ。結局は兄の影響なんだけどさ。
中学の英語の授業で好きなアーティスト紹介するっていうのでジュディマリにしたもん。
ちなみに出席番号で私より1個前の子がラルク紹介してました。切り抜き上げたな確か。
そのころは恩ちゃん(ベース)とTAKUYA(ギター)の見分けつかなくてあせったわ。
曲的におとなしめのまったりしたの作ってる恩ちゃんが実はドパンクな格好してるほうで、
わりと激しいとげがある曲をつくってるTAKUYAがあっさりした格好しているという
ふしぎなメンバーでした。よくね、YUKIちゃんとTAKUYAが仲悪いたらそんなうわさがあったね。
「そばかす」「クラシック」「くじら12号」と、このあたりのシングル出してたころがいっちばんいきおい
があった時期で、この3曲がはいってるアルバムの9曲目の「風に吹かれて」っていう曲が
またものっすごくいいんだわ。YUKIちゃんの声もそんなにつんとしてなくてわりとすらっと流れるように
歌ってるのが印象的。
1曲目の「BIRTHDAY SONG」が意外とすきなんですが、
これちょっと大人になったときに歌詞読み返したらエロいんだってことに気づいて苦笑。
部活の部長と部員一人もジュディマリ好きでよく2曲目の「ラブリーベイベー」を歌ってたなぁ。
「LOVER SOUL」の歌詞に「これってちょっとエロいよね!」ってキャッキャしてる部長が
いたね。思春期真っ盛りの女子よ。ほんと。声がとってもYUKIちゃんに似てた。
その「LOVER SOUL」が入ってるアルバムでは「ジーザス!ジーザス!」って曲が好きです。
歌詞が、乙女度3割り増しのマオさんが書きそうなかんじ。
あと、昔の曲だとその頃読んでた漫画に使われていた曲で「小さな頃から」と、めちゃイケ(「モテ」のころかな?)エンディングで使われてた、「BLUE TEARS」が好き。
もちろん「DAYDREAM」もね!あのずれたテンポをカラオケで歌うのは至難の業です。
ずれた感じとバックの音の安っぽさがあぁ、パンクなんだなぁとおもった。
ゆうやんじゃないけど、イントロは挑戦してみたくなるよね。
ラルクの「HONEY」のイントロ聞いたときと一緒だ。


YUKIちゃんがソロになってからの1stはまだまだジュディマリ感が残ってて、しかもわりと
とげとげしくて研ぎ澄まされた音でした。まだ多少なりとがしゃがしゃ音が多い感じもあって、
バンドサウンドだった。そのなかで「66db」って曲が好きでした。むちゃくちゃ声高くて歌えん。
アルバム借りてこようかな。いろいろと。



ふと、自分のルーツはなんだろう、と考える。
初めて買ったシングルはじつはとんねるずの「情けねぇ」なんですよ、笑
でも、聞き続けたいと思ったのはなんだった?やっぱりドリカムかなぁ。
アルバム曲にワルツがあったの。四季を歌う曲で。それがはじまり、かな?
シングルとしてほしいとおもったのは「サンキュ」。


なんだかんだで、兄の傍らで聞いていた曲は今でもしっかりと耳に残っているのです。
バンドサウンドが好きでありながらも、この90年代に流れまくっていたメロディ主体の
J-POP歌謡曲がこびりついてはなれない。だから、シドが好きよ。きっと。




結局普通に遊びに行っちゃった東京
20091008 / 00:27
 
7日夜、台風に追われるようにして帰ってまいりました。


結局舞台は見れずに、見ずに、かえって来ました。夜行便のことごとくが運休との知らせで。
これは日付が変わる前にここを離れたほうがいいという判断が功を奏しました。
まぁ、そこまでダメージはないかな。だって、社会人たるものいずれ絶対はこういうことに
であって歯がゆい思いをするもんだと覚悟していたから。それを幾度となく経験して
それから見るステージがもっと尊くて貴重なものになればいい。
まぁ、夕方まではたんまり遊んだのでその満足感もあるんですわ。
スタバでまったり人間観察からはじまり、お目当てのブーツもかって、五右衛門パスタ(とびきり濃厚なチーズソース)に花畑牧場のキャラメルアイスも食べておなかいっぱい。
腹ごなしにヒトカラしてとにかく「サーカス」でこの前の友人の点数抜こうと躍起になってみたり
(結局92点どまりだった・・・残念。)
ずっとずっといきたかった念願の「シャッツキステ」にも行って、のほほん・・・
してたときにバス運休の電話だったからなぁ。
惜しい!あと一歩って感じでした。これで舞台みれたらほんとに最高の1日だったね。
でも、その劇団☆新感線の舞台を見ていたであろう時間にひさしく長時間新幹線に乗って
洋食屋「アカシア」のロールキャベツ食べつつ、1冊本を読み終えたので
それはそれでまた充実していたのでした。ものは考えよう。
片道のバス代はどうやら帰ってくるみたいだし、万事オッケー。


「シャッツキステ」は1章の時に1度だけいったことがあって、
あれから場所も面子も一部変えて規模もほんのちょっぴり大きくなってました。
名義はお屋敷から図書館へ。
アキバの端、からさらに離れビジネス街の中にこっそりまぎれていました。
これは普通に、普通に入れてしまう。ステラおばさんの店員さんたちにちょっとクセをもたせて
話せるというシステムを入れたような、それぐらいのナチュラルなアート空間。
ですが、1人1人の個性の強さは1章の時のそれとかわらず。
みんながみんなひとつの強烈な「好き」を携えつつ、多面的な視覚を取り入れようと
ググったりウィキで調べたりの情報収集に余念がなくて。
誰かの話題にお客さんがふっと入ってきたり、館内にある本に興味を示していると話しかけてきたり
それらはふとした時に偶然的に生まれる時間であって、形式的なサービスではない。
唯一形式的なのは30分500円の時間制紅茶のみ放題。
その日会えたのは6人だった(ちょうど入れ替わりの時間帯)けど、
新しいメイドさんたちみんないい人たちだったー。
ノアさんの「のほほんさ」がいいですね。初めて行ったときにあの子いるといいよ。
何気なく、すっと話しかけてきてくれます。私の後に入ってきた女子2人組にも真っ先に声かけてた。
その日はおにいちゃんの本を勝手に持ち込んできたらしい。あ、彼女は妹属性なのね。
そんなんいったら私も妹キャラやっちゅーねん。でも「おにいちゃん、おにいちゃん」なんて
いってられっか!文字にするのも鳥肌ものです。
現実は、男の趣味の世界の下で育つわけだから少年漫画とか聴く音楽とか
ものっすごく影響されちゃうし、お古もかまわず着せられるし、ですよ。ふん。


そういや、仙台公演あたりで久しくマオさんが妄想ひけらかしたっぽいですね。
血のつながってない兄妹ネタで!しかも自分の妄想で舞い上がっちゃってるってもう・・・
もう、フラワーコミックスとか読みなよおにいちゃん。


話を戻しまして、っていうかこの話長くなってるな思いのほか。
まぁ、しゃーないわ、以前そういうところで働いてた経験があってその時の憧れと
理想がここなんだもの。ついつい今でも熱くなってしまいます。
そのノアさんなんですが私が「トマトさん」の絵本を開こうとしていたら、
「それいいですよねーうふふ。」って話しかけてきました。
表紙だけ見たことあってインパクトあってすごく中身が気になってたので読めて良かった。
お返しにブタのなる木の絵本を紹介しておきました。あの時、タイトルが最後まで
出てこなかったんですが、思い出しました「ぶたのたね」です。続編あり。
あのね、俵万智さんがブランチで紹介してた本なんですよ。おおかみがブタのなる木をもらって
育てるっていう話。ね、単純なお話でありながら「ねぇな。」って思うでしょ?でしょ?
なるわけがない、と。
ところがなってんのよ。おおかみがまじめにまじめに水やってたら、翌朝、なってんのよ。鈴なりに。
その絵がかわいいやらおかしいやらでたまりません。その時の俵万智さんの紹介の仕方が
おかしくて即立ち読みに行った私です。


あと、21世紀美術館でみた本をあけたり閉じたりすると中の絵がぱたぱたと動く仕掛け絵本とか
もありました。たしかに、ここに来る人&メイドが飛びつきそう。
これのバレリーナのパターンがきれいだったんだよなぁ。ペンギンはひたすらせわしない。


またいこうっと。次はちゃんと料理もいただきたいところです。今回急いでたからなぁ。
っつーわけで東京楽しかったよ!ってお話。
堺雅人熱は「クヒオ大佐」で晴らす!もしくは大阪公演いけたらいく!



20091007 / 08:38
気づいたら今東京。
今年度春、24歳になったばかりのころ、前々から気に留めていた堺雅人に本気ではまって、
運よく今年は彼が活動的で。そして久しぶりの舞台ときたもんだ。
たのしみ。


台風がきてるらしいんですけどね。親に一瞬とめられました。
でも、そればっかり心配してここへ来もせずに後悔するのはいやで、とにかく来るだけきました。
とにかく片道のバス代だけでも消化したいし、この前気になってたショートブーツ買いたいし。
いざとなったら舞台見ずに帰る。悔しいけど。でも、上陸8日だよね?大丈夫大丈夫。


楽しんでまいります。

ひとこいし
20091005 / 03:59
 
うー、なんかくらーい話をとっさに書いてしまってむず痒。


そういう気分でなかなか仕事がはかどらず・・・、うん、今日(昨日)は駄目な自分。
なんか、この日はこれとそれとあれを絶対!って決め込んだ日はうまくいくけど、
なんとなーくな気持ちで誰かにゆだねようとしたり合わせようとすると駄目みたい。
あと、そのとき直感で思ったことは後回しにしないほうがいいね。全部指摘された。くそ。
わかってたのにやれなかった自分が悔しい。


そんな私を「輝いてますよね!」といってくれた大学1年生をぎゅって抱きしめたくなりました。
そうね、今は自分が理想としてた社会人に限りなく近づけている気はする。
"働いて咲いて"みたいな感じ、笑
時々駄目だなぁっておもうけど。あとは想い人の1人でもいればいいのかな。


まぁ、正直な話、人恋しい時期です。


やー、そこはさー、その、うまく主張ができないんですよ。
そういうガラじゃない、キャラじゃない、っていうのは建前で、
ほんとは単に恥ずかしいだけです。自分のプライドがた崩れで。
「かわいい」っていわれても素直に喜べない自分とかね。
そりゃうれしいよ!だって、女子ですもの。かわいいものときれいなものとキラキラしてるものが
好きでそれが見合う自分になりたくてメイクにしろ服にしろ頑張るしそこを見てくれたら
してやったりだ!っておもう。で、同姓に言われんのはね、その努力を見てくれた気がして
素直にありがたく頂戴するわけなんですが、異性に言われると、努力の影にある「あざとさ」を
見られた気がしてもんのすごくいたたまれなくなっちゃうんですね。
で、基本は冗談で返します。や、私はそんな努力はしてないのよ。必死じゃないのよアピール。
やっぱ最終的に自分のプライド守っちゃいます。
どうなの?努力してるけど努力してる様には見せたくない、っていうのは。
ものすっごく誰かをを好きになりたいし誰かに好かれたい、のに、
それを主張することがひどく恥ずかしく思えてスマートに生きようとしてるのは。
どうなん!?とにかく人恋しいわ!まおにゃんから女子力3割ほど吸い取ってこのどうしようもない
自分をどうにかしたいわ!


あー、とりあえずですね、自分のプライドを鉛筆削り器で5回ほどくるくるっとまわして削って
さらけ出してみました。所詮は煩悩だらけじゃー!



すっかり眠りこけてMJ見逃したー。


とびきり優しい気持ちで
20091004 / 08:09
 
今、ある人の小説を携帯で読んでるんですが(ぶっちゃけるとrps)
それがまたもうそんなジャンルなんぞ超えてものすごく素敵で、
胸を痛めつつもほとほとと涙を流して妙にすっきりして朝を迎えております。


今の仕事先の学生バイトちゃんのほとんどが心理学科の大学生(その大学が近いから)
なんだけど、まぁ、4年生で就職先もほとんど決まってるわけですが
誰一人としてその学んできた分野に絡んでない仕事なのよね。ふつーに小売もいます。
まぁ、それを仕事にするのは難しいとは思うんだけど、ふと、何を思ってこの子らは心理学を
学んだんだろうと気になりました。まぁ、みんな一癖ふた癖ある子たちなのはよくわかるけど。


その大学、実は滑り止めで受けていました。実際行った大学では経済学だったのでまるで
分野が違うんですが。まぁ、結果そっちで正解だったのかなぁ。
なんであの時心理学に興味を持ったかって、その当時性同一性障害の方のサイトみてて
その人の気持ちを分かりたいって思ったのよね。不思議な人でした。
不思議な人だと思ってましたが、長く見ていたら、まぁ、私の中では「よくいる人」になりました。
体験入学に行ったとき、やたら数値的なお話がよく出てきました、それから、大学のサークルの
後輩で心理学を専攻した子が毎度毎度実験だ実証だので苦労してるのをよく見ました。
あぁ、そこでこれは統計学なんだと思いました。心理学は、これまで生きてきた人のさまざまな
実例をかきあつめてかきあつめてなりたったものだと。その有数のパターンにあてはめて
「この人はこうなんだ」って、それを私はしたかったのか?当てたかったのかと思うと
当時見ていたサイトの管理人さんにどうしようもない罪悪感が生まれました。
私は、ただ、自分の知らない世界を尊いと思って興味を抱いただけなんですね。
興味本位で優しい言葉かけたり、理解者気取りしたかった。
なんとなくその人の「特別」になりたかった。
けど、やっぱり理解は仕切れないもので。
堂々巡りになって抜け出せない感情に、私は飽きて疲れて、「何だこの人」って最終的に呆れた。


で、もっと身近にいるんですよね、私には。叔母が。躁鬱です。
もう何年も薬を飲んでる。それは一生のみ続けなきゃいけないものです。
まぁ、念に数回海外にいってはストレス発散してるような、傍から見たら、きっとそんな風には
見えない人。お盆と正月に必ずここに帰ってきます。
その3,4日いるだけでも、一緒にいる母や私はどうしても苛々を抑え切れないときがある。
ものすごくしゃべって、ものすごく自分の時間で人を振り回していて。
それをむこうは分かっているんだけど、それをどうすることもできないの。
私だって、分かってあげたいけど分かってあげられない。
病気だって割り切るしかストレスを断ち切る方法がない。


嫌いじゃないけどたまにものすごくいやになる。
でも、彼女がいるおかげで、いろんな人の話をわりと聞き続けられるっていう力は備えられました。
それは感謝です。小売・接客に聞く力は必須なので。


なんらかの事象や、名前にその人を当てはめることで
当人も落ち着くし(自分が何者かが分かる)、見ている人だって割り切れるのかもしれない。
そうでなきゃ、つらい。
理解するって、好奇心や興味だけじゃ絶対無理。


だからって、端から理解しないって割り切っちゃうのはよくない。
理解してあげたいっていうポジティブな気持ちはもっていても悪くはないと思う。
ただ、分かってあげられないことにネガティブになりすぎたりストレスを持ちすぎずに
「そういう人がいる」って認めてあげるだけでいい。
「理解」を求めてるんじゃないと思うんだ、叔母も。「認めて」ほしいだけだと思うんだ。


で、冒頭の話に戻って。
今、読んでる小説がそんな感じ。
私みたいな感情をもってる人物もいて。
お互いがお互いを分かってほしくて、それがぶつかりあって、ややこしくなってた。
間を取り持つ人が、「幸せを祈って、祈り続けて、『あいしてる』と『ごめんなさい』と『ありがとう』
と『ゆるして』を忘れずにいいなさい。」って諭しているのをみて、
あぁそっかぁ。って知らず知らず涙が出ていました。


祈ろう。
今日のすがすがしい朝に。
今、アメリカにいる叔母と、当時、理解してあげたかったあの人へ。
幸せでいられますように。笑っていますように。


私はわかりやすい。
20091002 / 09:48
 
ハロウィンライブ、のモバイル先行、29日と30日をお昼ご飯食べながら予約して、
あと1日はもうなんか面倒くさくなったからお家帰って予約すっか!っておもったら
あっというまに予約期間過ぎてしもうた。
そしたらば31日ゲストがDAIGOと清春さんになってた!やられた!
たとえば「hydeのハロウィンライブいくよー。って誰かに言う際に「DAIGO出るんだ」っていうと
若干空気が和らぐからいいなぁっておもったんだけどな・・・。そういう扱いです。
っていうかふつーにテレビに出てる人を見たいという
ミーハー的な思いもありつつ。・・・そういや、オカンがあんましダイゴ、ダイゴって言わんくなったな。
興味がそれたのか。最近は、私が見ていたDVDの関係もありUVERのたくやんにはまっております。
この前もAWAKEVEのTourDVD一緒に見てたんですがくぎづけです。ガン見です。
私はさり気にかっちゃんのニコニコ笑顔とめがねのよさもアピールしたんですがまったくの無視でした。ひどい!リーダーでしっかりものでオカンなのに!目がつぶらなのに!
オカンがソフィー(@ハウル)のように若返っていくのが目に見えるようです。還暦迎えました。
まぁ、ぜんぜんそんな年にみえないらしいけど。オカンの若さの秘訣はどうもここにあるようです。
昔好きだった人たちが年をとった姿には興味がなくて、若くてかっこいい人に目を向けるという
潔さがね。まぁ、長く好きでいるのもいいけどこれもまたありなのかな。


髪をすこし梳いてもらったら、なんだかとってもマオさん的になってきてしまってどうしよう。
私もわかりやすい人だと思った。自分で自分を。
もうね、hydeいっちょくせーん!のときは何が何でも前髪分けてないといやだったけど
今は前髪わけちゃうとなんだかぐっと歳とってしまっていやだわ。
ちなみにマオさんは「嘘」だした時ぐらいの髪の色と長さが好きです。
そう、髪の色もね、以前は赤みや黄色みはノー!だったんだけど今はハニーとかキャラメルとか
そんな色合いにあこがれてる。あんまし明るくはできないけどさ。
わかりやすいんです、ほんとに。
私が前髪を伸ばし始めたら、あぁ、またhyde好きがもりあがってきたんだなと思ってください。


SWEET DREAMSのPVがなにやら評判よさそうで、買う気なかったのに気になってきた。
アコースティックverの内容を他所のブログさんで読んで


「あぁ、それってビデオレターじゃん。」


と思ったのは私だけでしょうか?これを11月11日に出してたら私は盛大にニヤニヤしてたとおもう。
ちなみに11月11日は「one way」の発売日ですね。
もし、今ガチンコで勝負したらシドのほうが売り上げあんのかな。むー。


さ、今日の夜はシドのラジオだー。公共の電波できけちゃいます。
ネットでの自由奔放さよかったけどね。明希たん「子猫たん」発言でひとしきり盛り上がる連中とか。
そういえば「子猫ちゃん」に関して、マオさんが「昔オザケンがファンの子をそう呼んでいた」と
言っていてたんだけど、ニコ動のコメントには「だれー?」っていう反応が多くてびっくりした。
ああああああ昨年大フィーバーしたデトロイトメタルシティにもばっちり出てくるじゃないですか。
90年代前半のオサレ系ミュージック代表格として。確か。
まぁ、ジャンルはどうあれリアルに兄ちゃんのラジカセから流れていた音楽なので
好きじゃないけど覚えてます。彼が有名になったのはカローラのCM曲ですね。
ちなみに東大卒のインテリちゃん。
私はそのころ(小学校低学年)からぬるい音楽があんまし好きではなかったので、
聞くたびイライラが募った、笑。同じ部屋で主導権はあちらにあるのだからどうしようもなく。
ミスチルのボレロを聴いていてもピッチを上げてノリノリにしたいぐらいだったよ。
それから、ブログで出ていたUAね。
私はあんましがっつりR&Bしてるとだめなので聞きかじった程度です。
好きな曲もあるよ。なつかしーなー。
彼は本当にJ-POPを聴いて育った人なんだとおもうわ。
この系で行くとエゴラッピンとかも聴いてそうよね。明希ちゃんもすきそうよね。


あ、来週にはもう舞台だわ。堺さんの生舞台声がきけるううう。うきうき。








copyright (C) one day something all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。