FC2ブログ
one day something
スポンサーサイト
------ / --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
20100228 / 10:29

「sleep」のアレンジってCHOKKAKUさんなんですね。
ラルクの「虹」のアレンジしてた人だー。
今回のギターソロとBメロにテロリンと入る(妥当な効果音が見つからない許して)アコギが
メロウで好きなんですけど彼のアイデアもあるのかな。


さ、今日お仕事して明日休んだら発売日。
マオさん本も届くわ。
kenちゃん本は本屋に置かれるのかな。


スポンサーサイト
気持ちの変化
20100227 / 03:22

さて、ご覧のとおり(一番上の記事)名古屋にいけなくなったわけですが。
決めたのは自分だ、もうこれ以上文句はいいません。


まぁ、なんだ、受けてみようかなってなったのはshinjiさんの言葉がきっかけだったりするのです。
あの人自身も名言.comからの引用だったみたいですけど。
「現状維持では後退するばかりである。」っていう言葉ね。
What's IN!?のQ&Aでこの答えが出てきたときに非常に身につまされる話で、うわぁ・・・って思いました。


私は現状をよりつきつめていく、今手元にある仕事をしっかりと着実にこなして、それができて
次に進めると思ってるし、正直これ以上何かを課せられるのはまっぴらごめんだと思ってました。
あれもこれも手を広げるのはいやだ。
自分がちゃんとしてないのに人にちゃんとさせることを強要するのはいやだ。
そういう立場になるのはいやだ。
このままで、現状維持で一生懸命やることのどこが悪いんだって思ってた。
実際それに近いことを自己申告書に書いたわ。ぼやきともいう、笑
私はやらしい人間なので、世の中自分よりちゃらんぽらんに仕事して、同じ給料もらって、
贅沢に楽しんでる奴がいるってぇのに自分がどくそまじめに仕事してるのがあほらしいと
ここ最近思うようになってて、そんならまぁ仕事上の嫌なこともいいことも
ほどほどに割り切って受け止めて自分の楽しみに力を注ごうという気持ちでいたんですね。
まぁ、こういう気持ちをもってしまうってことが社会主義が成立しない根本の原因なんですが。
平等にお金を与えたときがんばる奴とがんばらない奴が出てきて、がんばる奴が次第にがんばらない奴に
のみこまれる→仕事が進まない→生産減→収入減、みたいな。
それはおいといて。


とにかくこの3年は「しゃかりきに働いてしゃかりきに遊ぶ」、それだけを胸にやってきたように思います。
で、同じような流れを2年目、3年目とやってきてさぁ4年目ってなったときに
今回のshinjiさんの言葉がぽーんと頭に入ってきたんですね。
で、自分の醜さがあらためて浮き彫りになっちゃったっていうか。


でも、一応そこでも私は批判をするわけで。
現状維持のどこが悪いんじゃい。
shinjiさんだって、所詮は男で自分の上司とかと同じだわ、スキルアップこそが社会人としての喜びだとか
義務だとか思ってんでしょこの野郎。
人間、みんながみんな出世したくてあくせく働いてるわけじゃないやい。
と、醜さがさらにヒートアップ、笑


FCコラムのマオさんの言葉も引っかかってた。
「こんなに苦しんでるのにがんばってるのに何で誰も認めてくれないんだろう。」って悩んでて、
結局はその過程じゃなくて結果を相手がどう見るかが大事だっていうのを受け入れるのに
時間がかかったって話。はい、まさにその状況ですね。
なんだろうな。「努力」は認められてる気がするんだけど「苦労」は認められてる気がしない。
「もっとやれるでしょ?」「もっとやれるはずなのになんでやんないの?」って
日々責められてるような気がしてならないのが現在のストレス。
で、さっきのやらしい私の思いが勃発すると。


結局これが、「後退」につながるわけね。


くやしいけどむかつくけど結局現状を何かしら変えてみないことにはた多分この気持ちは一生晴れんのです。
ならば、現状をかえるきっかけを今逃すのは惜しいのかも。
しかも、そのきっかけは自分の「苦労」が生んだれっきとした「結果」だから。
「楽しみ」をつぶされたからってひねくれんのはやめよう。
それから、下を見るのもね。
なんか、今がんばってる人に申し訳ないから。
今がんばってる人を見てあれこれいう私が、貧相な心持でいることがひどく不純に思えた。
今がんばってる人を前に、私も同じ立場でちゃんと向き合っていたい。
そしたら見えてくるものも、感じ方もかわるかなぁ。
一生懸命やってる人をもっと素敵な気持ちで見れるかな。
いち好きも、20thラニバも、もっともっと感慨深く見れる、そんな気がするのです。



「がんばってる人を前に対等でいられる様、心健やかに働いて楽しむ」



それを胸に4年目からはがんばりたいと思います。
以上、shinjiさんばりの胡散臭さとたくやん並の滋賀スイッチが入り乱れた文章、失礼いたしました。



早起きしてしまった時点でちょっと損なので得は2文ほど
20100225 / 09:36

 
やっぱり今日遅番じゃねえかあぁぁぁぁぁぁ!嗚呼・・・っ!
もっとこってりゆっくり寝ていたかった。昨日飲み食べしたからなぁ。体がだるーん。
手羽先とチャンジャ巻きと牡蠣の香葉味噌焼きがうんまかったー。お酒は日本酒以外200円なので
日本酒は控えてコークハイとにごり梅酒です。飲めるものならもっと飲みたいですが昨日は食メイン。
で、浮腫むと(笑)あ、これで「むくむ」って読むんですね。すっごぉい。
っていうか昨日確認しておけばよかったんですそうなんです。
でもいい。早くおきてもう準備もできたから、
仕事行く前に財布小脇に抱えてshinjiさん(ROCK AND READ 029)をとりにいきます。
休憩時間にちら見すんべ。せいぜいにやけんようにがんばるわ。



スケート、昨日あれほど親と「生ではみたくない、見たくない!」っていってたのに
お昼にポチっとテレビつけたら丁度真央ちゃんのときだったので見てしまいました。
やー、よかったね!大成功じゃん!おわったあとのうれしさを隠し切れない彼女が素敵でした。
トリプルアクセルのあとのコンビネーションジャンプがいつも気になるんですがもういいや。
で、結局その後のキムヨナも、鈴木選手も、ロシェットもコストナーもミキティも見てしまう始末。
なんか、いまのところどの選手も目立ったミスがないっていいよねー。
誰かが大失敗したから優勝できたとかさ、物悲しいもん。
キムヨナの精神力がとりあえず半端ねぇ!と思いました。
真央ちゃんはSPの順番に救われた感があってあぁやっぱりそういうのに左右されるんだなっておもったけど
キムヨナは「ライバルはあえていうなら自分自身」とか「いつもどおり滑れました」って
淡々としてるところがね、周りに左右されてない感じがものすごくある。
SPの曲がね、また「007」ってかっこいいなぁオイ。
昔はスケートっていうとクラシック一辺倒なイメージでしたけど、最近はいろんな曲でみんな独自にやって
くれるから見てても楽しい。けど、はらはらしながら見るのは嫌です、やっぱり。



以下、地元話です。






うわぁあぁあ私の好きだったカフェが移転オープンしてる!!!
ロフトの裏手の雑居ビルの3階にあったカフェ、私が富山からこっちに帰ってきたころ
福井でコーヒーがおいしくてまったりできるカフェはどこかと探して
見つけてわりといっていたところなのですが2年前に突如なくなっててかなりショックだったのです。
そのころ福井の森田周辺にあったカフェもなくなるわで、4件ぐらいあったお気に入りカフェが
半減して、しかもそのうち1件はご飯ものがないところだからお休みの日にお昼一人めしするときに
いきたいところがなくて困ってたんですよ。
で、最近車を走らせているとわりと古い町並みの一角に小奇麗にしてる古民家があって、
なんだろうなぁ、ギャラリーかなぁってずっと気にしてたんです。
で、さっきたまたま見ていた福井のカフェNETでその建物がアップされていたのでやっぱりカフェか、
とおもったら見覚えのあるお店の名前で。それが、私が大好きだったカフェでした。
雑誌や本がいろいろあって路地裏のごちゃごちゃ感の中にすっとあるのがなんともいえなかったのですが
今度は懐かしみのあるふるい商店街付近の古民家になってこれまた味があるたたずまいに。
夕方薄暗くなってきたころにあの裸電球の明かり見るとちょっとほっとするんですよね。
だからそのぐらいの時間帯になんとなくいきたくなりますね。
金沢も古民家カフェ的なのがあって「FULL of BEANS」さんに関しては、
おにぎりカフェとしてかなり有名になってますし「collabon」さんはギャラリーと一緒になってるんですが
ここはなんといってもコーヒーがうまい。豆を挽いてるときの香がなんともいえません。
福井にもこういうカフェができたっていうのがうれしいところ。私が知らないだけかもしれませんが。
なんといってもこの店のキャッチコピーが「本と、音楽と、コーヒーと」
全部大好き!
早速次の休みにいかなきゃ!あそこのドライカレーも久しぶりに食べたい。




春めいてきたので本とカメラをもって
20100224 / 11:08

あったかくなってきましたねぇ。
やっと、やっと雪が降らなくなる。今年はよく降りました。しつこい!ってぐらいに降りました。
雪を産地直送でゆうやさんの家におくれたらどんだけいいと思ったことか。
雪だるまとか作っておくったら喜びそうじゃない?
さ、雪がやんだら降るのは花粉。今年は例年より少なめらしいですが、
そんなん花粉症の人にしてみたら関係ないよね。飛ぶものは飛ぶんだから。
エー●イからでている「クリスタルヴェール」、今までの鼻のなかに綿棒突っ込んでぬるタイプの
花粉ブロックジェルではなく、
鼻の周りに塗るいわば塗るマスクといった商品、これは売れる!と大量に仕入れてますが
どうなんざんしょ?っていうか「イオン」に関しては消臭元の一件からどうもこうも胡散臭くて
信用できないんだよなぁ。イオンって何者じゃと思うわけ。


マオさん握手会が決定。東京と、・・・福岡か。
昨日の休憩時間にメールが来ていそいそと開いてそのまま畳の上で
ああああぁぁ・・・と、ゴロゴロしました。いつもはしっかりさんの私も(自分で言うか)
そのときは大学生アルバイトちゃんとパートさんの前で惜しげもなく駄目な姿を披露しました。
好きなものの前では駄目になるものよー。
東京と大阪だと踏んでいた私の思いはふっとばされました。
しかも、6日が大阪で7日が東京だと思ってて6日大阪ならば行こうと思ってました。休みだから。
でも6日が東京だなんて、さすがに3週間連続東京行きは無理。
金銭的にできないこともないがなんかそれはやったらいかん気がする。
そんなん、大学ん時にSMILEツアーで24日東京行って富山かえって26日のチケットとって
また東京行った並の破天荒っぷりだと思うの。あんときのエネルギーすげぇ。
仙台へ高速バス乗り継ぎでいったときもなかなかだけど。
それぶりだよ、や、いかないけど6日東京。だって本すでに予約しちゃったし2冊手にする気力もない。
おるすばんしてるわー。で12日ライブ初日楽しむ!


と、いうわけでいち好きZepp Tokyoいくことになりました。
全力で楽しんでまいりたいと思います。
やばい、俄然楽しみになってきたわああああ。今年初ライブだもん!
あったかくなってきたしね。ライブ前にお外ふらふらーもしやすい。


さ、12日と17,18日東京に行くわけですが。
今回はどのへんふらつこう。いつも一緒なところにいっちゃうから今回は行ったことない所へいきたい。
18日は赤坂で舞台みるんでそのへんぶらつくとしてー。
17日はあれですね、うん、谷中だ。谷中行こう!猫のいる下町ー!最近わりと観光地かしてるらしい谷中。
っていうかですね、「ブラタモリ」的なことをしたいのです。知ってますか?ブラタモリ。
最近NHKでやってる番組なんですがこれが超楽しい。こういう東京を歩きたくなるよねーってなる。
路地裏てくてくあるいてハリネズミカメラもって適当に写真取ったりしたいなぁ。
本ももってって旅行中に1冊読み終えるとかね。いいよね。
あ、いま調べたけど「ブラタモリ」って期間限定番組なんだ・・・。


さ、バスの手配と新幹線の時間帯とかいろいろ調べるさー。
あと叔母に泊り込み要請しなくては。
キャリーバックを新調しようか、もとからあるボストンバックを持つか。うーん。
キャリーバックなんて仕事始めてから一回も使ってないなぁ。大学のときに1000円でかったのを
かなり使い込んでたんだけどね。買っても使うことってこれからあるかなぁ。
でもかわいいのほしい!







いついつまでもその頁を開こう
20100221 / 01:58

音楽と人増刊 JACK IN THE BOX 2010年 03月号 [雑誌]音楽と人増刊 JACK IN THE BOX 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/17)
不明

商品詳細を見る



駆けずり回って(ってほどでもないか)4件目、隣の隣町ではっけーん。音楽と人増刊号。
やはり全国規模の本屋(紀伊国屋)の強みといったらない。うん。TSUTAYAさんは地域格差があるのねん。
今度の24日にでるROCK AND READ 029は地域格差ならまだしもメンバー格差なんて不始末が
おこるのではないかとちょっと心配。
この前の明希ちゃんの時は「これは売れる!発行部数もいつもより大目だから田舎の地にも入荷すべし!」
だったのが、shinjiさんになったとたん、さーっとひいたらいやよ。
いますから!今回はamazonさんにお願いせずに財布小脇に抱えて駆け込もうとしてる人いますから。
で、帰りにはshinjiさん小脇に抱えて帰るんだから!



・・・冷静になってJACK本の感想と参ります。



夏JACKにくらべるとより密着度(マニアック度)が増し、写真もたくさんで見ごたえありです。
興味のあるバンドもないバンドもとりあえずみちゃう。そして無駄に情報を得てさらに深みにはまる。
デンジャー愛あればこその満足度。
たとえば、たつひ嬢に毎回引っかかる誰か(去年はkyoさん、今年はEin)
たとえば、完全に女子として己が負けてるとしか思えないたつひ嬢のスカート丈の短さ
且つ、白ニーハイブーツ。一度生で拝みたい。が、ときおり彼は自分がスカートをはいてることを
忘れてるんじゃないかってぐらいに大胆に座ってることがあるのでひやひやする。にやにやじゃないよ。
そして意外にもヘビースモーカー。そして意外や意外のユキヒロさんの禁煙。
かわいいのはたつひ嬢だけでなく、ゾロに関しては龍寺もひたすら愛嬌があるくったくのない笑顔をしてる。
なんか、ああいう女子高生っていうか美容師の卵って感じの子、いるよねぇ。
それを弄る先輩達瑯はオンオフの差が激しすぎる。ハイディとは違った意味で「化ける」のね。
壁なく人に近づいて引き寄せるのと、仮面を作って人を引き込ませる力と両方持ってる人。
で、彼がセッションについてのアフターコメントでさらっといってた
「今回はシドが中心になって動かしてた」っていう事実。ああついにここまで。
ここまできてしまうとうれしさ反面、ムックがシドに引き継いだようにまた後輩に引き継がれて・・・
っていう一抹の寂しさを背負うことになるのか私は。引き継ぐ前に、もう一度JACKに行きたい。
っていうかJACK名義になってからいってないんだよ!


まだまだ続く。
ゆうやんのリクルートばりの、や、サッカー日本代表選手張りの(笑)スーツ姿に若干ときめく。
節操ないねぇ自分。ユキヒロさんにアポとったり、そっちで忙しいと思えば踊らされ歌わされ、
しまいにはsatoちにまさぐらて。大変な人です。
でも、ゆうやんが自ら動くっていうのが個人的には新鮮だったなぁ。
先頭きってるのってドラマーの会を運営してるぐらいしか思いつかんもん。基本イエスマンだし。
satoちは今回特別賞をあげたい感じですね。まぁ私あんましムックに関しては知らん人で、
漠然としたイメージで、達瑯→いじめっ子、YUKKE→いじめられっ子、ミヤ→まじめっ子、satoち→アホの子
って認識してるんですけど。あ、間違ってたら盛大にジャンピング土下座させてください。
でも間違ってる気しないの。
で、今回はsatoちの屈託のなさというか大物感が要所要所に折り込まれててほっこりしちゃった。
satoち牛乳では、金光さん張りに楽屋状況等説明してくれましたしね。


shinjiさんはライブの照明と相性がいい人ですよ絶対!彼が異常にライブでかっこよくみえるのはもう
それしか理由が見当たんない・・・(素直にプレイがかっこいいといいなさい)
だって、あの冗談としか思えなかった金髪もほらなんか、かっこいい。むぅ。
そうそう、シドのページのいっちゃん最初の4人それぞれのカットで見開き2ページの写真
あれ最高にかっこいいね。なんだろう、雰囲気?あぁ、個々が伸びてるって印象。
4人で仲良く1つじゃなくて、1の集まりの4。それはラルクをほんのり思わせるような。
まぁ、shinjiさんはたとえこの先おっきくなろうと自らが発起人になることはないんでしょうけど。
あくまで一人。でもその一人で作り上げる世界をものすごく楽しんで見てるギタリストがいます。


kenちゃん。
最初のほうの各バンドのライブ写真でのkenちゃんのソロカットがkenちゃんにみえないぐらい、
シャープでどぎまぎした。一瞬、だれこのDAIGOっぽい人って思った。
いやしっかし相変わらずtomoちゃんは快活な表情で鞭をふりまわすねぇ。
なんかあんまし隠微な感じがないので余計愛されやすいんだと思う。tomoちゃん。
たつひ嬢と組んでなんかできないかなって思ったりもする。だって、男ばっかりのなかの華よ。あの2人。


で、ここでようやくまってましたの金光さんの楽屋訪問の話。
誰しも突っ込みたいところをちゃんと突っ込んでくれるのが金光編集長のいいところです。
ハイディの豹柄コートはもはやJACKのユニフォームだとか、延長時間とその罰金についてとか、
達瑯さんの自由奔放っぷりが目に付きます。楽しそう。私の頭の中でトトロというかネコバスがびゅーん!と
かけぬけてるような、そんな感じ。無邪気。
あ、無邪気といえば明希ちゃん?ケンゾをひっぱってあっちこっちあいさつ回り。
なんかものすごくお姉さんぶって・・・失言、お兄さんぶった行動。そりゃケンゾも思わず「明希さん」って
いってしまう。これまた、あちこち一生懸命走ってる映像が目に浮かぶ。
明希ちゃんの屈託のなさと豪華絢爛の先輩方等にあてられて、ケンゾのクールな面がちょっと変わって
ひたむきになるっていうのがいい。
















オールスターズ、テちゃんがほんとに楽しそうだ。






そのテちゃんの密着レポ関しては最後に大事に大事に書かれておりました。
大事に大事に丁寧に文章を仕立ててくださったのはなんと、
これまた長いことラルクを見ていてくれてる元RRN編集長の田中学氏でした。
それだけで涙が出そうでした。






金光編集長という人はこうやってJACK IN THE BOXを本誌に大きくとりあげることで、
あるいは個人的にkenちゃんと密になることで、
だいぶファンの中で近しく感じられるようになった方です。
ですがやはり、メジャーどころのロックバンド雑誌の中でいち早くラルクに目をつけ近づき、
その道を追いかけ綴ってきた者に田中学氏の名をあげずにはいられないでしょう。
今は一ライターとしてお仕事なさってるのでしょうか。今回は一部編集も携わってるようで。
あの雑誌もぴあに明け渡した後散々だったからね・・・
ちょっとぽっちゃりした人。RRNのオフショットポラに必ずといっていいほどハイドと一緒にうつる人、笑。
でもけして、テンションだけで書き上げない人。
寂しさにあけくれそうになるのをきっと理性でこらえて優しく事実を伝えたであろう人。
長く見つめてきた人であるからこそ、長い間バンドを支えていた人のことを正しく思って書ける。
わかんないけどさ、私だったらここは一番文章として伝えたい箇所だと思うのね。思いを存分に込めて。
編集長にしたって腕がなるってものだと思うんだわ。
でもそこをあえて自分が書かずに彼に託したっていうのがさ、ね。実際はどうかわかんないけど。
彼がこのときのテちゃんのことを書き連ねるというのに、ものすごく意味を感じずにはいられなかったよ。




よんでたらなんだか、懐かしい感じがした。
金光編集長のざっくばらんな語り口調のあとの、多少ひんやり感もあるレポート。
この人はね、友達感覚を取り入れない。ライターとアーティストの線をちゃんと引いて
そこに自分の思い入れをぐいぐい入れて人に押し付けるなんてことはしない。
その分、目で見た事実を淡々とそれでいてしっかりつたえる。
久しぶりにしゃんと背が伸びる思いをした。
どうしたって最近は人様のブログで思い入れと愛情たっぷりの文章を読むことの方が多いし、
それをやっぱり楽しいと思ってしまうから。そうすると、雑誌の当たり障りのないライブレポは
味気なく感じてしまう。味気ある文章ならブログでいいじゃんって
そう思っていたけど彼の文章を見る限りだとやっぱりプロは違うなぁと思う。
読んでいくと徐々に気持ちが高ぶっていくのがわかる。



「いつも誘導してくれていた人がいない」
「ソイツが好きだった曲」
「新しいサイン」
「アイツに振ってばかりだった」
「アイツが寂しそうな顔をしていた」



数々のキーワードに胸を詰まらせよみました。
一番胸が詰まってどうしようもなくなったのは「戦友へ向けた一言」という言葉。




自分が以前ぽろっと言った言葉と同じ言葉がそこにあって、
恐縮ではありますが同じ思いを抱いていたのだと思うと変に高揚して
その言葉を導き出してくれた彼に感謝しました。うん、嬉しかった。
ずっと見てきた人とおなじ思いでいられたのならね。




「アイツ、よろこんでくれたかな。」って口にするテちゃん。
美談も美談でおわるこのレポート。
こんな美談を仰々しくさせることなくまとめられたのは彼ならではこそだと思ってます。
むしろ私がこの記事を書くことで仰々しくさせました。すいません。
長く続ける一つの船のには長く支えるスタッフがいて、その背後には長く見つめるファンであり、
ライターがいて。年月がたって、それぞれ個人をとりまく環境は変われども
おなじ一つの船の行く末を見ている。たかがとはいうなかれ、尊きことよ。
長い付き合いの人たちによって作り出された寂しくも温かいページを
私はこれからも忘れることなく何度でもページをめくるから。寂しくても、胸が詰まっても。
どうかこれからも見つめていってほしい。そして伝えてほしい。





尊敬と敬愛と感謝の意をこめて。
素敵なレポートをありがとうございました!




よせあつめ
20100219 / 11:06

うはよう。
ひっさびさに溶かしたおうちにあるキャラメルマキアートのにおいが甘ったるい。
でものんだらそんなことない。ネスレさんのがおすすめです。焦がしキャラメルマキアート。
私はわりとが影響受けやすい女なので、関連するものがあるとかってしまいます。
キャラメルマキアートに関しては、おわかりかとおもいますがセンチメンタルマキアートからです。
スタバで頼む定番メニューになってしまいました。
ただ、タリーズのハニーミルクラテには負けますが。


で、洋服もそうなんです。影響を受けまくります。
一緒な物がほしいわけではないんですね。
一緒なのはやっぱり真似かなぁっておもってプライドが止めます。
じゃなくて、同じ趣向を持ってるっていう主張をしたいんですよね。
だぼっとしたゆるーいニットワンピや最近首に巻いてるダークグレーのアニマル柄のストールは
何かのPVを見た時にほしくなったり、JACKでたぶんマオさんが巻いてたストールがよかったなぁとか
思って買ったりして。
ついこの前かったAnd Aのワンピは美月たんがわりとAnd Aを着用してるというところから
気分が盛り上がって。
HEATHERのジャケットかったのだって、UVERのたくやんがプログリューションのツアーで
カチッとその身に収まったジャケットを着ていたのがよくて、
あぁ自分も今もってるPAGEBOYのやつじゃなくてちゃんときれいに形が出るのがほしいなぁ
とおもったところからあれこれ探してやっと理想的なの見つけて愛用してるわけで。
はたまたブリグリのPVみれば必ずといっていいほどワンピースがほしくなる始末。わりとシンプルなの。
ね、単純。


そうそう、メイクもね。
あー今日はさっきみた「元気のゆやもと」でゆうやんが撮影の時の濃いメイクをしてたので
そんな感じにしたーい。とか。マジョルカのアイシャドウを久々に使おう。


と、いうわけであんな感じにしたいのよせあつめが今の私です。
唯一自分が捨てないものは「色」です。
それぞれの色を見せる比率、色の彩度。何を指し色に、何をベース色にするか。
これはじーちゃんから譲り受けたものだと信じたい。


シャキン!としていざ本屋めぐり。がんばる。







20100219 / 01:55
JACK IN THE BOXの本が売ってなくてしょんぼりしておうちかえって来ました。
明日もまた本屋めぐりだー。この前いつもの本屋に1時間半いたっていうのにまた本屋。
この前テレビかったときについてきたエコポイントは全額図書カードへ。
ふふ、きたら「とめはね!」をまとめ買いするつもり。あとkenちゃん本とかね。


というわけで、しゃーなしにカラスが出たときのJACK IN THE RADIO聞いてたわー。
いじられる美月たんと楽しそうな達瑯さんがいい。
あまりにナチュラルな達瑯さんのパーソナリティぶりに思わずムックを好きになりそうになったわ。
いや、割と聞きますけどね。ぽつぽつと。もうちょっとあれこれ聞こうかな。


よし、「屋上ミサイル」を読んで眠りにつこう。
1年前ぐらいに気になってたものが文庫化したので早速。
青春群像ミステリー大好き。
あと医療ものなんだかんだで好き。
「神様のカルテ」を今のところ立ち読みで4割よんでいるけどそろそろ買おうかなって思う。
おうちに読んでない本2冊。うーん。ま、いっかぁ。
じゃ、おやすみなさい。





前回の記事にいつも以上の拍手ありがとうございます。
たまに変なスイッチはいるんでご了承ください。
割と今も寝ぼけたスイッチはいってます。





ナイーブ且つひたむきな彼
20100217 / 11:39
NHKかけてると、ふと気を抜いたときにラルクがかかるもんで思わず戦闘体勢に
なってしまいます。シャキーン!と。
RPGで急に敵に遭遇したときみたい。ふいうちなので敵に囲まれてます。ぎゃー!
で、CMなんかよりずっとずっと曲がかかってるわけだし、どぎまぎが続く(笑)
相も変わらずラルクが日常生活に溶け込むことに慣れない、そんなファンです。
あれらは意識して全身全霊で聴けと体がいっている気がする。


ここ最近周りの人によくきかれたのが「Mステ1000回の時みた!?」です。
あの、今までにMステにでたアーティストの初登場の映像が流れたっていう回ですよね?
残念ながらお仕事でみれなかったんですが、「よかったら貸すよ?」とか
「ラルクとかシドとか一瞬でてたよ」と情報を皆様下さるのでありがたいです。
でも、まぁ、ぶっちゃけた話、ラルク初登場(ビビカラ)の映像もってるからなぁ・・・
ビデオだけど。ものすごくぼろい映像で、もう擦り切れるぐらい何度も見たんだわ。
その他にも「HOTWAVE」っていう番組にでていたころとか、ラルクちゃんが97年に休止してロンドンに
いた頃の映像とか(ハイディがチャリンコに乗ってる)、ベーゴマではしゃいでるのとか
なかなかおいしい映像満載のビデオでして。
あれDVDにして永久保存にしたいんですけど今見たらどうなってるんだろ。


で、まぁいろんな人の初登場がひどかったっていう話で
GLAYの長髪とかYOSHIKIのファンデがのってないとか、昔のロックバンドは
とりあえず髪のばして顔白くしてればどうにかなるでしょ的なところがあったなぁ
なんて思って笑っていたのですがあんましハイディに関しては言及されなかったのよねー。
一応、髪伸ばして顔多少白くしてたはずですけど。
ハイディが髪伸ばすのって、ロックバンド的な長髪というよりふつーの女性が髪のばす方の感覚にとられて
あんまし違和感なかったのかもしれない。しかも、ビビカラあたりの時ってぶっちゃけ一番ナチュラルメイク
だったように思う。もとの目力押しでアイメイクもあんまし施されてないし。
今思うと、ハイディのあのビジュアルのおかげで昔のロックバンドにありがちな「ダサさ」は
回避できてたのかな。だからあんまし笑われずにすんだ。妙に納得された感じ。
まぁ、テちゃんが半分台無しにしてたけど。


今のビジュアル系の人たちってどうだろう、とふと考える。
以前のような一辺倒の状態にはなっていないし、まぁやり方も見せ方も多種多様になって
センスはあるのかもしれないね。
その背景には、「ダサい」と思われたくないっていうのが強くあるのかも。
なんかね、先輩がたらは自分らが憧れた姿(洋ロック)っていうのがあって
そこをひたすらに突き進んでいったって感じだけど、それがもたらした不利益を
今の子達は学んでいて、先輩がたらのここはかっこいい!と思う反面
ここはちょっともう受け入れられないなっていうのも繊細に感じ取って
自分が見せたい世界8割、周りとの協調2割でやってるみたいな。良くも悪くもずる賢くてナイーブ。


その代表格のシドさんですが、笑。
マオにゃんが今月号のワッツインで、「バンドそのものがダサくみられて肩身が狭いのをなくしたい」って
いってて、この人痛烈にそれを感じてるんだなぁって思った。
どうすれば自分が周りと協調しつつ、且つ、周りを変えていけるかを必死こいて考えてるよね。
aikoやボニーピンクやYUKIを好んで聴くのはあの人個人が尊敬してるのもありつつ、
自分のバンドの曲をいかにきいてもらえるかの参考にしてる、
ビジュアル系っていうジャンルに依存しないスタイルを得ようと糧にしてるように思えるのね。
(だからってマオにゃんに女子化されても困るけどさ。)
なんかその行為はひたむきだなぁと思う反面、1路線にひたむきになれない物悲しさも感じてしまう。
そうせざるを得ないのかと。
ギターロックにしろビジュアル系にしろその路線一本でど真面目に、ど正直にやればやるほど
ダサくみられてしまってね。もうそれって「優等生がダサい」っていうのと一緒じゃん。
ちょっと不良で、ちょっとすかしてて、たまにいいこというやつがカッコイイんでしょ?
だからEXILEが売れるんだろうね。スマートに踊ってみせるダンスミュージックがはやるんでしょうね。
ロックっていう言葉ひとつだとなんだかキナ臭い感じがするから
そこにヒップホップだのテクノだのダンスミュージックとおりまぜミクスチャーにする。
そうすると聴いてくれる。あるいは、ダンスミュージックにちょっとギターの音を交えれば自然と耳を傾ける。
うちの兄様はギターロック好きですが、kenちゃんやshinjiさんがかき鳴らすようなエレキギターの音を
「昔の音」っていう。まぁ、いってしまえば90年代後半によくあった音ね。
でも、それがたとえ今日のギターロックの波におされて少数派になったとしても
「昔」になったわけじゃないよ。
その音だけを過剰に聴きすぎて偏った末に自分が捨ててしまっただけであって。
今だの昔だの、ダサいだのダサくないだの、ジャンルがどうのこうの、みてくれがどうのこうの
外部要因にばっかりとらわれ過ぎて、その人たちがど真面目に作った曲をまっすぐに
聴いてあげられないことが、聞く以前に遮断されてしまうことがどれだけ悲しいことか。
自分もこの記事かいてて悲しくなったわ。


私、ちょっと前に「みてくれ愛して何が悪い」って書いたけど、あれって、
「外見を見て好きになったわけじゃなくて中身を好きになった」って言う人ほど、
外見に対して過剰に意識してるってことを言いたくてね。
みてくれから入った人よりよっぽどひねくれてると思うよ。


世の中の勝手な流行や思い込みで、本気でやってる人たちを萎縮させてしまうようなら
それは断じて止めてほしいと、えらそうながら常々思っています。
やるならとことん、おもいっきり、気が済むまで。それができる人が今少ないから。
足りないのは、その本気を受け止められない受け手の度量。
マオにゃんがんばれ。





うん、今日の私、滋賀スイッチ(無駄に熱く語る)入ったな。


まわってますまわってます
20100215 / 09:16

宵に酔いが。
酔った、と思う。おうちかえってこたつでごろーんとしたら体の中心ぐらいにあったアルコールが
脳に回ってきてぐわーんと気持ちよくなってそして寝た。寝てしまった。


MJ見忘れた。


あおーん!とりあえずyou tubeに駆け込むさ!ついでにSadieの動画とかもあさろう。
どうにもこうにも美月たんが気になってきたので。
あの子の根暗ときどき前向き、実はたくやんや西川ちゃんばりの滋賀の熱い血流れてます
みたいな性格が愛らしい。彼もまた正直な子です。
アンドロイドは追加公演とな!みーたーいー!いーきーたーいー!5月かぁ。
いけたらいきたいけど、いきたいと思ったときにチケがあるかなぁ。なんばhatchのキャパなら取れるかな?
「spiral」や「chill」みたいな曲をバンバン聴いて踊り狂いたいです先生。
っていうかmy spaceの方のアー写が素敵すぎて。鳥過ぎて、烏過ぎて。
カラスに入ればいいんじゃないのって思った。もうdunchさんと並べばいいんじゃないの。
ついでにラルクアー写のテちゃんもまじればいいトリオになると思う。羽根はいい。
ところで「烏」という漢字はなんとも物悲しいですね。鳥に仲間いりできない寂しい子。
はじかれもののイメージに、ビジュアル系の黒さが似合うんでしょう。うんうん。


昨日はカラオケでわりと久しくラルクを歌いました。
「BLESS」は最後のサビで大盛り上がりするところがとっても心地よいです。歌っていても。
「NEXUS 4」は個人的に歌いやすいしハイディがシュッとしてるのですき。
「DRINK IT DOWN」は前歌っていたころより低音が出るようになりました。鏡がバリンバリン
割れて非常に爽快です。気分はジャイアンだ。いえーい。
「flower」はいつ見てもハイディの落ち着きのなさに動揺します。そりゃうさぎさんも震える。
落ち着いてきれいな顔見せなさい。あの髪型とあの動きはハイディだから許せるんであって
あれを誰かがまねようものならただの気持ち悪い人でしかないね。


シドっさんはバレンタインデーなので「orion」歌うべきかとおもったんですがわりといつも歌うので
「キャラメル」にしときました。それからDVDみてからというもの
かなり「Dear Tokyo」が好きになってカラオケで初めて歌ってみました。やーたのしかったー。
メンバーがものすごく頼もしく見えるのと、客席をあおるときのマオにゃんが
とってもアイドルアイドルしててかわいいのが私の頭にちらつきます。うう・・・してやられたり。
もっと前からのPVをいれてほしいものです。「御手紙」とか「Sweet?」とか。
とりあえず昔のマオにゃんのメイクにひけばいい。私はひいた派です。姿勢の悪さにもぞっとした。
あと、「循環」をいれてほしいです。無理か。まわりたい。
キッズルームみたいな広い空間で「まわってますまわってます」やりたい。
あと3年ぐらいすればベスト出せると思うのでぜひその際にはいまのテンポで音源化お願いしまーす。



よし風呂入ってすっきりする。


よってなーい
20100214 / 20:49
20100214205231
日本酒2杯目
飲んで食べて
20100214 / 20:22
20100214202838
久しぶりにー来てます。
黒龍うまーい。このお酒好き。日本酒久しぶり。
あわてふためいた夜
20100214 / 09:54

予約完了。ふぅ。
DVDは職場近所のCDショップで、ベストアルバムはセブンイレブンで予約して
これまた近所のセブンイレブンにとりにいくことにしました。
やー、あせったあせった。
ベストアルバムがね、「あー、ラルクのベストなんですけどねぇ・・・予約いっぱいになっちゃって。」
と、お店のおんちゃんにいわれてしまって。
何それうっそおぉぉぉおおおお、なんだこの近辺にもそんな熱い人がいたのか
ありがとおぉおおおう!・・・じゃねえよ!私のベストアルバムがぁーーー!ともんのすごくあせって
おんちゃん相手に「マジで!?」ってうっかりタメ口になりました、いい大人が。すいません。
そのあと「マジですか!?」って言い直しました。2回ほど。


まぁ、1ショップに入荷する数が単に少なめだっただけだとは思うんです。
おんちゃんも「思いのほか予約が多くて・・・まぁ、初めてのベストなんですけど、
メーカーもあんまし生産してなかったみたいで」っていってました。
初めてじゃないよ!おんちゃん!3度目!3度目の正直という名のベストアルバムです!
って心の中で反論しつつ相槌をうちました。
まぁ、また入ったら連絡入れるっていってたんですけどごめん予約しちゃった。
DVD買うから許してね。


さてさて。前回の記事に拍手コメントありがとうございます!
シドっちゃんのライブDVDにしてもそうですが、
思い入れの強い文章ほど拍手を多くいただけるみたいで。
浮かれつつお返事したいと思います。続きからどうぞ。









いこくじょうちょ
20100213 / 03:24

明日仕事なんだけど・・・!
さっきまでの頭痛がすっとんでく情報が入ったので興奮気味。
いいよあしたいつもより1時間お仕事時間短いもの。
これだけ言わせてもらってsleepする。
「sleep」のPVよかったなぁ・・・。主に明希ちゃんが。明希ちゃんのかわいさにはずれなし。
曲もはじめて全部とおしできいたけど、耳馴染みがよくそれでいて
切な気持ちい重めのバラードでいい感じです。
いつぞやかのkenちゃんがいってた「悲しいのに気持ちいい」っていうね。
「日傘」とかきいたときみたいなね。不幸な女ぶって聞くのがいいよ。



で、それでなくていいたいのはナタリーさまのこの記事。



異国情緒にも程がある。



こういう遊び心忘れないラルクが好きです。あ、遊びじゃない?いたって真剣?
余計に笑うわそれじゃ。
それぞれがそれぞれの代表作をひっさげおのおのの世界の服を身にまとい集合。
あれれ、よくかんがえたらそれってオリンピックみたい。
また、後付のタイミングのよさが舞い降りた。
ユキヒロさんってこういう服着せたらピカイチな気がしてきた。黒のもっさもさした服最高。
まぁそれぞれに似合ってますよ。もう、ラルク4人だけで人種のサラダボウルみたいなもん。



で、で、で!
肝心の収録曲です。
















































kenっちゃんっ・・・!



「真実と幻想と」が、入った。




ありがとう。ありがとう・・・!kenちゃん。あなたの心に残っていたのね。ちゃんと。
このご恩一生一生忘れません。ちゃんとお墓に持ってく(大げさ)。
だって、シアキスでこの曲が歌われたとき、きっとみんなここは「fate」の方がいいって思ってたに
違いないよ。みんな「fate」大好きだもん。私も好きだもの。
でもそれ以上にすきなの。誰がなんと言おうと、初めて行ったラルクのREALライブで初めて聞いて
「気持ち悪い曲だな」と思ったその日から、その後の東京ドームにてエイリアンメイクでそこに紡がれし
「宿命」を鬼気迫る表情と声で歌い上げ、華麗にマイクのワイヤーをさばく女王様hydeに取り付かれ
虜になったんだもの。シアキスで歌われたときの上品な悪女マダムっぷりもよかったけど、
いつの日もこの曲とともにあるのはあの10年前の人間らしからぬhydeなのです。
私ぐらいしか異常に喜ばない曲をシアキスでやってくれたのも、彼の心に残っていたからだと思ってます。
っていうか「All Dead」と「ガラス玉」をえらぶkenちゃんなら、
己の真髄はこの曲にあるんじゃないかと彼自身が認識しているのかもしれない。
それに呼応するかのように歌詞がまた秀逸。
kenちゃんの本質に触れてハイディ自身も己の本質を暴き出したかのような。


「肌を刻んで詩人は血で語る」


感性が一番鋭い時に互いが出し合った結果。たまんない。




kenちゃんの選曲は、根底にずーっとある曲と今のブームでとった曲の組み合わせって感じ。
「the silver shining」なんて「透明感」ブームの今だからこそ選んだんじゃないかな。
お祭りモードなら「EXISTENCE」が入るみたいな。民族音楽ブームも残っているのか「Coming closer」も
入っており、私の頭が絶賛お祭りモードです。


ハイディもまたね・・・「Anemone」入れちゃってもう。
まぁ、オリジナルアルバムにいれられてない寂しさがある子だもんね。
入れてあげたくなったのかもしれないしこの曲はもう、
転機(活動+プライベート)をそのまま歌にしたようなものだから思い入れがあるのかも。
私も、ラルクを好きになってからはじめて触れた「新曲」だったので思い入れが強く、
ラジアンでどぎまぎしながら聞いたのを覚えています。メロディがおぼえづらかった。
テちゃんは「Blame」ね。そうそうそう!こういう根暗アングラだけど若干音がメジャーによってるような
昔の曲こそね、リマスタリングの価値があるってもんよ!ちなみにテちゃんのリマスタリングを
手がけたのが宇多田ヒカルの曲も手がけたという方。
「traveling」をCDで初聞きしたときの音のよさに感動して何度もリピートしてきいた私にとって
この選択はまさに最強。さすが、テちゃん。わかってるぅ。


あーうれしいうれしいうれしい!
明日こそ予約してくる!おやすみ!






ひとつの光
20100212 / 08:49
はい、埼玉に大人数収容!
たまアリに3万人集合!
shinjiさんの地元に猛ダッシュだ7月31日ーーーーーーーー!!!


よかった素直に喜べるライブの情報で、笑
やっぱりライブは夏に集中するなー。夏だな!
と、いうわけで今回はどうも一緒に行けそうよ。土曜日ですし。
いきませんかねー?
あ、予習という名のDVDはいつでもお貸しします。まだ聞いていないアルバム「play」と一緒に。
hikariのDVDはもうちょっと私見るけど。センマキtourならいつでもオーケーよ。
一緒に咲きませんか?FCチケとりまっせー。
かるく私信です。


さ、今日もDVDちょこっとみてお仕事ー。
神奈川の会場はわかりやすい。最前にぴんくバニーちゃんがいたから。
shinjiさんの大田胃散コール(久留米マオコール)をみていてよりいっそう彼が佐々木蔵之介に見えてきた。
声も微妙に似てるんですよ。低くのどを震わせる声が。
だから佐々木蔵之介も好きっていう不純な動機。あとわりと高学歴俳優に惹かれる傾向あり。
(堺雅人→早稲田、佐々木蔵之介→神戸大学)
ちなみに彼の実家は京都で酒造やってるらしいです。いつか日本酒を買いに行きたいです。


最後の「光」は何度見てもじーんとするなぁ。ラルクの「あなた」とおなじ現象で、
ライブでものすごく好きになる曲です。ライブの思い出ありきで好きになる。
またさ、マオさんが歌いきったあとにshinjiさんのギターが
これ以上にない高音を奏でるわけで。彼のギターが泣いてますよ。そこがすき。













と、忘れちゃならんね。大事な人の存在は。
スタッフロールのメンバーとコイケさんあとに続く一番最初の人。
「ya」をあの人が担ってるおかげで彼の名前がわかるね、もう。
シドのまだまだ小さな光をあのライブの一瞬おおきく輝かせた彼もまたひとつの光。

幸せなことに僕たちは
20100211 / 02:03
 
どうしよう・・・8時ぐらいから動悸が激しいっていうか、若干の息苦しさを覚えるっていうか
興奮さめやらずっていうか、そもそもshinjiさんに射抜かれたっていうか・・・


どきどきがとまりません。どうしてくれよう。


ここ最近明希ちゃんのかわいさばかりに気をとられておりましたが
改めてライブDVD見始めたらびっくりするぐらいかっこいいshinjiさんと
やたらかわいいことするマオさんを目で追っておりました。やっぱり年上組が大好きだー!


でなんでこんな夜分に感想書く羽目になったかっていうと、私どういうわけか時間帯指定で
18時から21時に届くようにしてたみたいで。
まぁ仕事の日ならばそれでいいわけなんだけど休みの日だったもんだから
逆にくるまで悶々とさせられるはめになりました。
日中はランチとバレンタインチョコの試食と購入にいそしみました。
そう、そこかしこで試食で食べさせてくれるもんだから食べまくって
たぶんトリュフ3つ分ぐらいのチョコは食べた気がする。
日本酒チョコがおいしすぎて自分用にほしかった。辛口日本酒がまたあうんだー、チョコに。
でもプリンみたいな容器に入って1600円なんてshinjiさんじゃあるまいし無理。
(今日はひたすらshinjiさん推しです)
で、その日本酒チョコが体にじんわりきいたのか家帰った瞬間ごはんもたべずに爆睡して。
8時になって佐川急便のトラックの運転席のドアがバタン!としまる音で
「来た。」と覚醒した自分の聴覚に拍手。
ちなみに私がいたの2階ね。しかも佐川だってもう確信があったっていうのがね。うん。
勢いよく階段駆け下りて猫なで声ではぁーいとでれば、
翌日になると思ってた写真集も一緒になってやってきて高鳴る気持ちノンストップ。
ぎゃああああああわたしのしあわせちょきんがだだもれだああああああああああああ!
ここから私の息切れと動悸が激しくなりました。
や、あの、どうしy9ぉう心の準備が・・・な、なにから手をつければいいの?
どこから消化していくべきなの?あれもこれも早く見たいのにあれもこれも消化できる気がしない!
みょうにあたふたして、とりあえずコタツ周りを整頓して、笑。
いま一番消化できそうな夜ご飯をいただいてそれから写真集を眺め、
インタビューはそこそこに斜め読みし、気合入れてDVDにまいりました。前置き長い。


写真集もね、これまた語りだしたらきりないけど、どこを切り取ってもみんないい顔してるわ。
個人的にすきなのはゆうやんがマオさんに耳打ちしてる写真と、
明希ちゃんがshinjiさんの方に前かがみになりながらベース弾いてる写真と、
いっちばん最初のページのマオさんの目のきらきら加減と、
shinjiさん単体写真集の見開き2,3ページ目でピックくわえてる写真。
ここで私の動悸と息切れがまたさらに激しくなりました。まさに射抜かれた瞬間。
もう、この大人にのされたい。


そして、DVD。
今回は、その、思いを語らせてください。こまごま妄想感想の前に。


私今回初めていったシドのライブでは、そこまでシドがライブありきのバンドだとは思えなかったんね。
ライブをやって上りつめてきたバンドだとは思えなかったんです。
やっぱ、こう、全体の流れとかを考えたときにうまくお客さんの気持ちを
もっていけてないようにも見えて、その未熟さがまた若くていいなぁこれからだなぁっていう
楽しみもあったんだけれど。楽しかった反面、私の中では
曲ひとつひとつがしっかりした、ちょっとおしゃれなバンド感がどーしてもぬけなかったの。
ただ、今回写真集とDVDを見てやっとこさ彼らが必死に「シドはライブが一番だ!」って
訴える所以がわかった気がする。
それがですね、完璧なショウ見せるという意味でのライブバンドではなく、
彼らが楽しもう楽しませようと一生懸命で、
一番表情がいきいきと輝く時がライブであるということ。
それがシドをライブバンドだと言わしめる本当の理由。
そう思うととたんに愛が重くなりました、笑
なんかね、わりかし物見遊山な気分でライブいってたからね。
逆に今は超ど真剣にライブDVDみたわ。
今回のツアー、もちろんすべてが万事オッケーじゃなかったのはわかるし、
人間なので波はあるっていうのもわかる。でも、大事なのは自分が100%じゃなくても、
相手から見て100%に見えることなのよね。
しかもその100%っていうのは完全に完成度に依存するわけでもなくて。
失敗したって枯れ枯れだって感情がどーんとつたわれば100%になりうるわけなのね。
真剣になってDVDみてたらもう、その、さ、とにかく私たちからみて
今日のシドが一番だった!100%だった!ってなるように一生懸命なのがものっすごく伝わってきて。
一生懸命で、それでいて楽しそうで。楽しくて仕方なさそうで。
ひょっとしたら気持ちは100%になりきれてなかった日もあるかもしれないけど、
一生懸命になることで自分のテンションもおのずとあがってっていったりもしてたんだと思うよ。
そういう姿がとにかく愛らしかったんだ!一生懸命が、否、一所懸命がとにかくかっこよかった。


おさえきれない気持ちも涙も声も、放心状態になるのもすべて目に収めてみて初めて、
「あぁ、今回のTourは本当によかった。」と心から言えると思いました。やっと。
私がシドに対して本気になった瞬間。




幸せなことに私たちはまた会えるわけです。




今度はもっとちゃんとしっかり聴こう、見よう、楽しもう。一番大好きな場所で。





思い入れを知りたい
20100209 / 08:56
 
ネットで予約して買うことのメリットは2割引ぐらいで買えることなんですけど、
デメリットはフラゲを楽しめないことね!
そして、あわよくば店で見かけようものなら買ってしまいそうになることね!
1年目のハリクリ発売の時がそうでした・・・。


と、いうわけでSIDNAD vol4は明日までおあずけ。
いいもん明日休みだもん。オカンおるからどっかつれてけいわれるかもしれないけど知らん!
写真集も明日とどくかなー。あ、音人増刊号は延期らしいですね。
でも、今月の音人も聞き捨て(見み捨て?)ならんユッキーの発言ありで見ごたえありましたよん。

禁煙、はじめたそうです。ユッキーが。

どどどどどどうしたの!?だってこれからアシッドアンドロイドなのに。アンドロイドなのに
そんな健康志向な将来見据えた行動とるアンドロイドでいいんですか先生!
あのアー写の不健康そうな人相にどれだけの人が心ときめかされたと思うんですか。
NO Gothic NO LIFE!何じゃないんですか先生。
まー、禁煙そんな楽なもんじゃないですよ。そのうち1mmのやつ吸い始めるのがセオリー。
タモさんがやった禁煙方法がいちばんいいなぁって思います。
吸いたい!って思った時に15分間だけ我慢する。それを継続するっていうの。それであの人やめたらしいよ。


さて、ラルクのベストアルバムはやきもきしないためにもお店で予約しようかな。
確実にフラゲができるし、もうそのためなら2割引捨てるわ。
今回のベストアルバムは結構楽しみにしてるんです。DVDはもちろんのこと4枚組みのCDも。
一緒じゃん!って思うんですけど、リマスタリングが個人的にうれしい。
と、いうのもですねやっぱりラルクの昔の曲ってすごーくいいのに音がものたりんのです。現代っ子には。
それまでUVERだのなんだの聞いててその後にラルクの2,3枚目ぐらいのアルバム曲流れると、
おなじレベル(音量)でこうも違うか!と唖然としますもん。
テちゃんがUVERの信ちんと対談したときに、「(UVERの)音がいい」といってたんで、ああいう感じに
音の広がりを再現してくれるんじゃないのかなぁと期待してるのです。
理想はCDショップのaudio-technicaのヘッドフォンで試聴したときの驚きと感動。
そしたら車の中で聞くさ!「ガラス玉」とか超聞くわ(入ってる気満々)。無駄に感動するわ。


あと、ベスト選曲するにあたって、セルフライナーノーツなんてものがついたら最高なんですけどね。
つけてくれないかなぁ。思い入れを知りたいものですよファンなんて!
まぁ自分らのことクイズにされてそれに必死こいて答えてるぐらいなんで、
作成時の記憶なんて定かじゃないかも知れないけどね。
でも、その時の思いじゃなくても、今その曲に思うことでもいいから言ってほしい。
己が愛してきたものにもっと価値を見出せるように。また愛せるように。
そしたら20thラニバがもっと楽しくなるよ。





だー!明希ちゃんがアビングドンのライブに行ってるー!
私も行きたい!名古屋行きたい(人が行くと行きたくなる人)

よっしゃ!
20100208 / 10:07

仕事行く前に言うぜー。









Shinjiさん誕生日おめでとー!






年末JACKで、ひそかに大冒険(デンジャー歴代電車ごっこで、hydeさんの後ろに飛びつこうとした)している
瞬間の写真が「音楽と人」にばっちりうつっており、ひとり夜の人気のない本屋でニヤニヤした私です!
ねぎがファンになるまえより1,5倍ぐらい増しで好きになった私です!
手フェチに目覚めたのもたぶんShinjiさんの所為です!
そっと爆弾発言したあとに、そっと「ごめんね。」って謝る声がいちばんやらしく聞こえる馬鹿な私です!
そんな私がけなげにも誕生日当日に祝いマース。
年上組2人でシドチームのだれより子供でいてください。
いつか弾き語りのライブを単独でやりましょう。kenちゃんがそのクオリティの高さを認め、
今年のライブを弾き語りにするまでにいたらせた弾き語りのライブをいつか。



でも、マオにゃんには負けた。なうで一足先に祝ってた。最近shinjiさんに優しいな。どうした。
っていうか、なんにでも味の素をかけるって、そればーちゃんやん。ばーちゃんの知恵やん。
なんか、平和な家庭で育ったんだなぁって感じがしました。
まぁ、ばーちゃんが味の素をなんにでもつかうっていうのは、今の人でいうだしつゆで全料理をまかなうとか
焼肉のたれが基本調味料になる大学生とか、そういうもんです。



すっきり!仕事いってくる。
私も1ヶ月あとにはサザエさんの年齢を超えるぜ。








20100207 / 10:35
 
いろんな人の誕生日をすっぽぬかしてます、おはようございます。
JACKの誕生日がオトンと同じ誕生日だということにびっくりしました。
まぁ、パーティーだったらしいですね、昨日。
なんか、つくづくあったかい事務所だと思います。
うちのオトンは車の保険の等級はあがったのに値段が上がっていたことに気づき、
そこで還暦を自覚しておりました。切ない。


明希ちゃんもおめでとー!「ついに、」ってことは大台突破よね、ね?みえないなぁ。
永遠の27歳ぐらいでいてほしい。
それから、ね、もう・・・ほんとすんませんってぐらいわたしは10年来の心の天使さん(笑)の
祝福をしていませんでしたね。あらためて。
生き急がぬよう、やりたいことを全うしながらやりたいことをまた見出して、どんどん長生きしてください。
この一年、幸多きことを。
今一番ハイドさんに願うのは、1年でも長い現役生活です。


私はというと、31日の出来事が風邪をもたらし、
っていうか前も明希ちゃんと同じタイミングで風邪引いたな・・・で、ようやくなおりました。
わりと早めのパブロンがききました。
終わってみて思ったのはまかせっきりじゃなくて自分も努力せんとなぁということでした。
あと、照れないようにしよう。見られる意識、そう。
また機会があったら次は晴れの日の昼がいいです。海がいいなぁ。
それまでお互い勉強しようってことで。


JACK本がきになる。もうあるかな。田舎の本屋にも。
今日はMJにカラスがでる。楽しみー。
最近、何気に美月さんのブログをみてます。
私服が好きでああいいなぁ薄い胸、とおもいます。
メンズライクな服をさくっと着たいときに胸は邪魔。ストールでどうにかしますが。
And Aはいいよねー。シャツの柄とかばんがすき。
ZOZOでうっかりみてしまう。神戸に行ったらお店に立ち寄る。


アメスタはお仕事はやいかたのおかげでニコ動でみました。
マオにゃんに物申しますが、ぜったいすっぴんのほうがかわいい。
否、すっぴんにちかいベースメイク程度のお顔がかわいい。アイメイクしすぎると目がきつくなるのよね。
って、どこぞの男子みたいな目線でいいます。
ゆうやさんのイエスマンっぷりに笑いが止まらんかったです。
アカシアってあの新宿アルタの裏のアカシアですかねぇ?ロールキャベツがうまいんですけど。
いつにもましてナチュラルでだらだらな会話で仕事前にほっこりしました。
最近、自己申告書に「本気で異動したい」って書いたろかと思うぐらいくそ腹立つこと多いんですけどね。
どっちかのペースにあわすとどっちかといざこざになるっていうね。
この1年半ほど自分本位でうごかずにやってるっていうのに、そろそろ我慢がならないな。
そんななか店長候補者研修とか昇格試験とかやってられっかぁ!とないちゃぶ台をひっくり返す勢いです。
私、これ以上仕事を重くする気はないしそこまで会社にいれこむ気ないかんね。
間違って昇格でもしようもんなら私逃げ場なくなる気がする。
っていうか昇格試験の3次の日時がいち好きの名古屋の日っていう時点でアウト。
大事なのは何に重きをおくかです。昇格するために仕事やってんじゃないの。
しゃかりきに遊ぶためにしゃかりきに仕事してんの。



ごめん愚痴った。とりあえず仕事いってきまー。







諸々
20100202 / 09:48
Shinjiさんが友人と盃をかわし宇宙の話でもりあがってましたが、
宇宙の話でもりあがるミュージシャンといえばもう一人、ACIDMANの大木さんがいるなぁと思って友人がかれだったら楽しいのになーと考えていました。
なんとなく、この2人話があいそうだと思って。
真面目な話の翌日に太ももの話で盛り上がって下ネタに突っ走ればなおのことよい。年も近いしね。



あ、カラス買っちゃったー。オフショットが楽しい。
ヒロトがかわいい。金髪が似合う人をはじめてみたような気がする。
あと、danchさんがかわいそすぎて面白い。
いいなぁ、カラス。適度に続けて欲しいな。


やっとL′7のDVDがでる!ベストは特典が気になりすぎる!なんだメンバーがガチで答えるラルクイズって!特典の内容が昔のシド化してる。あの、センマキ初回みたいな。
水面下であられもないほうへ頑張ってたんだねリーダー…誰もそんなことに頑張ってるなんて思ってないよ。
まぁ、ベストはことあることに出してるし並大抵の特典じゃ誰もついてこないってことをよく理解してらっしゃる、笑。
PVつけたところで昨今どこでもみれるしね。
メンバーにとっても今度のベストは非常に納得のいくものになったでしょう。なにせメンバーが選ぶんだから。
「真実と幻想と」が入ることを祈ります。誰かの心に残っている曲であってほしい。


なんだかんだでファンの中で存在を薄くさせることなく3年目までもちこたえさせ、
且つコンスタントに収入を得る。L'Arc~en~Cielチームはあらためてプロだなぁと思います。
春が来るまではライブにいかずともリリース関連で満足できそう。


シドさんの7月31日についてはやっぱりライブ関係の情報となるのでしょうか。
どうでもいい番組をそのCMのためだけに録画セット。
copyright (C) one day something all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。