FC2ブログ
one day something
スポンサーサイト
------ / --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
5/28 UVER world 「LAST TOUR 2010」 in 本多の森ホール(旧石川厚生年金会館)
20100529 / 23:57
 
お久しぶりです。髪を切りすぎて絶賛凹み中の未褪です。
昨日は忙しい日でした。たまりにたまってた用事をこなした感じ。
そして夜はUVERのライブへ。ひっさしぶりー。
最近見ているライブとはまた毛色が違うので新鮮な気持ちになりながら、でした。
ではでは、需要があるかどうかは分かりませんがセットリストと覚えてる範囲のMCとか、どうぞ。




すいません。ライブレポのはずが後半「LAST」の感想みたいなのもいりまじりました。


晒される覚悟は受け入れられるための試練
20100525 / 10:11

昨日は美容院に続き車屋さんにまでふられまして。(両方ともお休み)
ふてくされつつMUSICAを立ち読みしたりタリーズでハニーミルクラテ飲んでました。
これは金曜日が一気にいそがしくなるな!(車検、カット&カラー、石川でライブ)
夜は飲みにいっていたのですが、最近って携帯でテレビみれるんですよね!(今更)
家だとワンセグつながりにくいんであんまし使ったことないんですよ・・・。出先ではじめて使いました。
で、まちにまったHEYHEYHEYを見ました。山田花子の旦那もみました。
1995年ごろに、ミスチルの桜井さんが今の自分と同年代であったということに激しく動揺を覚えました。
凄すぎ。あの年齢であの曲作れんの?【es】は昔聞いてたころはもっさりした曲で
あんまし好きになれなかったけど今は染みますね。歳とりましたね私!
そして、この場にゆうやさんがいたら間違いなく彼は熱唱してたに違いない。
「奇跡の地球」で、どっちが桑田さんパートを歌うか、マオさんあたりとガチバトルしてるかもしれん。
そうだよ、哀愁歌謡が売りだとかいうならこの場にあの4人をいさせるべきだった。
だって、もろドツボな年代じゃーん!っていうかそこにあわせてきたのかとも最初思ったもん。
今は哀愁歌謡というより、J-POP大好きっこの集まりってイメージのほうが強いしなぁ。
シドラジの音楽企画をきいてるとそんな感じです。


で、本番のシドさん。まぁ、先週の流れをみてたら若い人の持ち時間はトーク&歌で5分弱ぐらいだったので
今回もそんな感じかなと思っていました。もののみごとにそうだった。
お店で見てたときは日本酒(これがなかなかによい美酒)効果でshinjiさんがほどよくがんばってる、
ぐらいにしか思わなかったのですが、帰って冷静な頭で見たらどんどんいたたまれなくなって
タオルケットに包まる羽目になりました。そのあたりの心境の詳細はぜひツイッターでどうぞ。
ただ、「舟木!」ってやったあとに、自分の居場所がなくなってどうしたらいいかとまどってる
shinjiさんは、かわいかった。
あぁ、この人しばかれたかったんだぁ。
でも私ね、よくツアーのオフショットで見られるいきなり垂直飛びしてそのあと足痛める様のほうが
よっぽどかわいそうなひとでおもしろいんと思うんだ・・・。
shinjiさんは「胡散臭い」のつぎに「かわいそう」が似合うよ。どんな人だよ。
歌のほうは安心して見れました。あぁイントロアウトロー大好きー!
shinjiさんもいつもより多くまわってますまわってます。


ふふ、久しぶりにテレビの感想書いた。


「MUSICA」のフェス特集をみました。大石社長のインタビューものってるやつね。
なんか、社長、鹿野さんの独断と過剰な「ヴィジュアル系推し」に最後イラっとしてないですか、笑?
話を進めていくことに彼のもとの反骨精神がむくむくと。っていうか私がイラっとした。
鹿野さんはね、的を居てる事もあるんだ。奇跡的に。
ただ、鹿野さんの言葉には威力があって、たとえ事実がそうであろうがなかろうが、
本人がそう思っていようがいなかろうが、読み手にそうかもしれないと思わせてしまう。
断定的なんですよ、すべてにおいて。相手に考えさせる隙を与えない弾丸トーク。
それに納得できる寛容な大人であれば、hydeさんのようにふにゃぁっと笑いながら
「あぁ、そうですね、まさにそのとおりです。」って答えられるんだろうけど、
断定されてしまうのが嫌な人や、自分の言葉がつたなくても自分の言葉で伝えたい人には
非常に癪にさわる物言いなんだ、鹿野さん。あと、八方美人やのよ。
どのジャンル・人に対しても同じような賞賛を与えてるってことは実はどれも好きではないんじゃない?
って、意地悪な私は思います。あんね、shinjiさん以上に胡散臭いから。


そんな鹿野さんと社長と私の殺伐とした空気の中にすっと隙間風を入れてくれたのがムックの発言ですね。


「ムックはビジュアル系なのに、何で鹿野さんは僕たちのことが好きなんですか?」


これね。これすっげぇムックの好感度あがる。なんてかわいらしい人たちなんだ!
この人たちの自分の立ち位置をちゃんとわきまえてるところにものすごくほっこりする。
今、自分たちがどういうビジュアルでどういうイメージを相手に見せたいかをちゃんと意識してるのがいい。
あーもう!サマソニがんばれよ!「約束」すげー好きだよ!行きたいよサマソニ!
でも、サマソニより今週末にやる「ROCKS TOKYO」のほうがもっといきたいけどね。
だって出る人私が見たい人多いー。1日目も2日目も。
ニコタッチ、あべま、ムック、ラッド、アシッドマン、ドラゴンアッシュ、[Champagne]
ただ、このフェスも一日目と二日目、あとステージごとで微妙にジャンル分けされてんのがむかつくけど。
なんていうかさぁ、V系側がだいぶポジティブになって柔和になって必死こいて参入してんのに、
フェス系の人たちやらそちらのスタッフ側が「一緒にされたくねぇ」的な雰囲気持ってませんかねー。
社長もおっっしゃってましたけど「参加するバンドどうしがリスペクトしあってない雰囲気はちょっと・・・」
っていうの、分かる気がする。
社長はさ、もう音楽業界全体を危惧してて今更ジャンルがどうのこうのあーだこーだいってらんないって
思ってがんばってるのに、それをさえぎる人がいるから仕方なく自分たちの屋根の下で周りから仲間を集めてるだけで。
それを改めて鹿野さんあたりに「ヴィジュアル系初にして最大のフェス!」って壁ガツーンと突きつけられて
賞賛されるんだから、頭痛いよね。


あのさ、敵が多いところでムックはすごくがんばってるじゃん?
あれを私ほかのバンドにも見習ってほしいって思ってる。
晒されるつらさを乗り越えないと、本当に人には認めてもらえないし、自分の位置もわからない。
だから、シドっちゃんはたくさんテレビにでるし、ハイディだってゴールデンタイムでも構わずベロを出して
自分を見せるわ。
SSTVでいいたいことだけいって自分見せてる振りしてないで表でなさい。
そしてそれを民放は受け入れるべき。安全パイばっかり選んでるんじゃなくて?
スペチャのランキングとオリコンのランキングの格差を埋めないと、もう音楽でひとつになれない。


「現状維持では後退するばかりである」、shinjiさんが好きな言葉はここでも通用する。






ナウシカのあの乗り物を実現
20100521 / 05:07

沈黙から脱却!
いや、あの、夜すぐ寝るだけです。
寝る子は育つ、横に。


兄様が現在転職中で、ひっさしぶりに家族4人がそろって休みになったので
先日は金沢へだらだらと行ってまいりました。
ジーナ(愛車)が非常に重たそうでした。帰りは兄様運転だったのですが、彼女(愛車)が
やる気を見せるタイミングをつかめないがためにアクセルベタ踏みしてました。燃費が・・・
あの子、3人のっててもちゃんと120キロ出せるし、急な坂道でも90は出せるのよ・・・?
まぁ、4人目が4人目(父)故に、大変だったのかもしれません。


ホテルバイキングでまったりし、重いおなかを消化させるべく雨の石川門を散策し、
その後21世紀美術館へ。
去年のhikariツアーでゆうやさんが行ってましたねー、うふふー。時間差で私も寄ったな。避暑対策で。
あいにくの雨でしたが、外がそんなに寒くないのと今の時期若葉がにょきにょきと生え出し、
雨に当たる木々がさわやかな黄緑色に色づいて、見ていてきもちがよかったです。
ところでみずみず肉(@ワンピース)って食べてみたいよね。食べてみたい肉ナンバーワン。


話がそれました。
で、21世紀美術館は、有料展示はそんなに興味がなかったので無料スペースをぶらぶら。
デザイン系の雑誌や本がおかれて無料で読めるスペースがあるのでそちらで時間つぶししたり
そこかしこにおかれているいすに座ってみたりとけっこう楽しめます。
無料のスペースから一部有料スペースの展示品が見れたりもするしね。
大概が素っ頓狂な現代アートを素っ頓狂な場所に展示してあるんですけど。夜見たら軽くホラーな。
外にもなんかへんてこなものがおかれていたりするのでそれを見るのも一驚。
そしてそれを楽しむ人を見るのもまた一驚。
現代アートの楽しみ方って日本人と外国人でものすごく違うんですね。
外国(アジア圏外)の方っていうのはとにかく体当たりで飛び込むんですよ。
わからなければ自分で見て聞いて試して体験する。触れるものは触って、声を出せるのであれば出して。
そして自分なりに解決して、あるいは解決できなかったらこれは(自分の中で)面白くないって
ちゃんと認識してから次に進むんです。充実感あるよなぁ。
対して日本人(アジア人)はといいますと、なんか・・・分かったフリもしたくないし、分かってないようにも
みられたくないみたいで。全体的におすましさんです。
で、わからんものにはもうそこから手ださんしね。第一印象で見るものを取捨選択して
拾ったものだけをちょっと深入りしてみて、さらに取捨選択。
最終的に自分に残るのはほんの少しっていうちょっともったいない楽しみ方をしているのかもしれません。
あと、作品に対して個人の感想よりも作者の意図をつかむことに必死なりすぎているところも、
もったいないところのひとつといえます。
皆、勉強嫌いっていっときながら義務教育で学んだ国語の授業がしっかり頭にしみついて
勝手に勉強してるのね。音楽でも何でもそうだけど。
作品を「理解」することだけがアートの楽しみってわけでもないのにね。


無論、私もそうです。もったいない、うらやましい。それを堂々とできるあちらの国の人が。
まぁ、それがまかりとおる場所とそうでないところがありますけどね。
いくら五感をフルに使って楽しむっていったからって築地で売り物の魚舐めちゃだめだよね。


で、取捨選択した中で今回残ったのがこの展示。「Open sky」
(サイトちょっと重いです、注意)


ナウシカ好きな人、およびジブリファンならあこがれる乗り物、「メーヴェ」
あれを実現化させようというプロジェクト。こちらの展示および、実験の動画が流されていました。
ゴムと人間を動力とした短時間の飛行は成功しており、
現在はエンジンを載せて飛行するというところをやっている最中です。
最初は形だけだったんですが、本当に飛べる代物を作るとは・・・。
もう見ていてウキウキしちゃいました。
しかも、収納しているところがなんとなく「紅の豚」的なガレージで。
もう、幼いころから「金曜ロードショー」でジブリを見て育ってきた私には涎ダラダラものです。
飛行機、ヘリコプターといった重い鉄の塊が持続的に空を飛ぶ時代になっても
私たちの永遠の夢はやぱり鳥のように軽くふわっと飛べることなんですよ。
あと、例外ですがラピュタのばっちゃんがのってた蝿みたいな乗り物も楽しそう。


ゴムと人間を使って飛ぶのは、あれです、ウソップの武器みたいな要領です。パチンコ。
ぐーっと後ろに引いてぴょいーんと飛ばす。そういえば、ナウシカで風の谷から実際飛ぶときは
じっちゃんらが巨大パチンコみたいなの使って飛ばしてたような。あれ、今見るとちょっと原始的で笑える。
そのまま地面から飛ぶこともできてたけどさ。しかもあれって折りたたみ収納できてなかった?
つくづく夢のような乗り物。まぁ夢だけど。でもほんの少しでも現実にできるって素敵ね。


あと、展示のところに製作者の年表があったんですが、「フィクションの出来事」っていうのが
一緒に乗ってたのがおもしろかった。アトムが生まれただの、夜神月がデスノートで初めて人を殺しただの
ドラえもんの世界ではタイムマシンがつくられてただの・・・。
こうしてみると、人間の想像力っておかしい。現実はほんの少しずつしかついてきてないね。
人の想像力とそれを実現させる力っていうのは光速と音速との差ぐらいあるみたい。
今の政治もそうか。





もっかい、寝よ。

この優しさは打算的だと見抜かれあの人はため息をつく
20100518 / 23:19

煩雑なものを小分けにしてわかりやすくしたはずが
細かくなりすぎたが故にそれぞれの連携がとれずに結局まとめてすっきりした気分になり、
でもそのうち今度はまとめすぎて、まとめてすっきりさせたはずの中が煩雑になってまた小分けされる。
この繰り返しです、会社の組織図も、私の部屋も。
無駄な人やらものがまだまだおおいのです。いらないところにね。
いるところにはいないし、欲すべきところにそれはない。欲したときに、いらない何かが邪魔してる。
いらないと思っても、それを退けられない思いはなんなんでしょう、何の未練なんでしょう。


些細な罪を、認めないことこそが罪深い。
何が許せないというんでしょうね、その人の中で。


時々、むきになることがある。そのあとしまった、って思う。
己に向けられた優しさには優しさを返したいと思うけど、
己に向けられたとげや牙には毒を持って返してしまう。
大人気ないと思いつつ、そういうもんじゃん、とも思う。
ギブアンドテイクであり、
私はただ、あなたの今の姿をそっくりそのまま反映しただけでそれは私の本意ではないと。
鏡の中に逃げてこっそりつぶやく。


優しくされる前に優しくしたい。




ふじきゅうとたまアリ
20100518 / 08:06


ツイッターであれこれつぶやいてたんですけどVAMPS富士急なんですってね!
遊園地でわちゃわちゃするの本気で気に入ったなぁhydeさん・・・。っていうかエヴァが好き過ぎだろう、笑
で、日取りはがっつり、シドっちゃんとかぶるんね。ガチンコだー。


VAMPSはマネジメント的なところでちょっとマーヴェリックやらキューンがかかわらんところがあるんかな。
あ、キューンは完全にかかわらんか。VAMPROSEからだすんだもんね?
それ故そういうこともあるんかな。それともエヴァ好きのhydeさんのわがままかな。日程的にも
この日ぐらいしかなかったんかな。・・・後者であることをねがいますー。
hydeさんのわがままならゆるせるんよ、きっと。
来年以降さ、これをラルクとシドでやられてしまうと私もうどうしていいやらです。
懸念していたことが現実化されるとねぇ。体2つにしたい。


シドさんの今回のプロモーションは新曲はもちろんのことだけど、
5/29のたまアリの一般チケ発売にむけての活動でもあるんじゃないのかと思えてきた。
今のタイミングでどんと表に出る気ね。出なさい出なさい、かまわんかまわん。
昨日のHEYHEYHEYの来週のラインナップで静止画像が一瞬だけ。来週、でいいんですよね?社長。
社長が来週じゃないとかつぶやくからわざわざ確認しちゃったじゃなーい。


と、いうわけで、近隣知人友人のシドに地味に興味をもった方々。
たまアリを埋めるお手伝いを誰かしてくれません?
ぶっちゃけ3万人、埋まるかどうか不安になってきたな。


昨日の各々の自分撮り写メに、シドさんの本気を見た未褪でしたー。
マオっさんが上目遣いじゃないのが久々だー。でもばっちりキメ顔すぎて、怖かった。待ちうけにはできない。
shinjiさんはしないのねー?そこ一番期待してたのに。
この前のオフの衝撃に勝るもんは今んとこないけど!







20100516 / 08:50

今日は、


・髪を切る(&染める)
・ルナソルのアイメイクベースを買いにいく
・お昼ごはんはモス!的なところ
・cafe notesにいってくる
・WHAT'S INを買う(場合によっては立ち読み)
・自動車の税金払う
・この前の遠征したときの荷物を片付ける
・シドレポ書き上げる


を成し遂げたいと思います。うっし。
まずは朝ごはんと風呂だ。


追記で拍手レスでーす。



「DEVIL SIDE」のPV【DC版】を見ましたよ。
20100515 / 11:19

なるほど、いろんなところがあらわになってるっていうわけですねん。
個人的に、今はなき麗しハイディ(皮肉たっぷりに)のアップでこちらをにらんで終わるっていうのがよろしい。
ナチュラルに美しくてセクシーでいいじゃない。もう、やんちゃにならなくたっていいじゃない。
その分KAZさんがだいぶやんちゃになったんだからさぁ・・・。
ナチュラルに恋して、ナチュラルにキスをしてよねぇ♪
思わず、パフューム歌っちゃう。あぁ、マオさんに歌ってほしいかもかも。
でもマオさんにはcapsuleの「suggerless girl」と「dreamin dreamin」のほうがもっと歌ってほしい。
どんだけ女子化なん。


でね、ちゅうしーん。ちゅう。
思いのほか下からせめたのね。あそこから上にあがっていく絵があればもっといいのにー。
とおもった下世話な私です。つまりは、「いやあああああ!」派ではなく「もっとやれ!」派です私。
もう四十路なんだから前みたい(@「下弦の月」)に「キスシーンはだめ。」なんて恥らってもいられんよ。
やることやって、出すとこ出していかなくちゃねぇん。
だからって色気を安売りするのは心外ですけど。それはラルクで夢見ればいい?


あのさぁ、思うにちゅうした女の人より左下に従えてときおり首を抱いてた白いワンピースの女の人、
あの人がいっちゃん本命だと思うんだ・・・。ハイディの。
今はどうか知れないけど、昔はあの手がタイプだったような。
あそこにハイディの夢が詰まってると睨んでいます。勝手に。
だってあのひといっちばんべっぴんだったしね。
一番おいしいものは最後までとっておくタイプっぽいし、一番大切なものはひけらかさないでしょう?
そう易々と。


そんなPVを見つつも、昨日のMステのトークで「シエル」となずけた親に対して、

「俺、責任取れないよぉ。」

といった発言がなんともまぁ人の親らしくて、そうそうこの部分があるからわたし愛せるんだわと
再認識しました。
過激になりきれない、人から生まれた人としての感性を失ってないこの人が。
かと思えば、信頼の置ける人(山ちゃん)の前ではだらしない口元であれこれいっちゃったりね。


魅せたり、くだけたり、ひきしめたり。人として柔軟性のあるその姿にに心惹かれるものです。

5/8 SID tour「いちばん好きな場所2010」 in Zepp Osaka【MC編①】
20100514 / 12:05
 
【胡散臭い暦5年のshinjiさんと仕掛け人マオさんの話。】


「大阪ー!ナンデモナイコトガシアワセデスカ大阪!?」

かたことで某曲のさわりを普通に言うからびっくりして、え、すんの?(弾き語り)と思った。

そうそう、なぜか知らないけどこのときshinjiさんからMCがはじまったのです。
その前にマオさんと肩組んでなんか話してたけど、っていうか今回そういう場面が非常に多かったけど。


「俺、痩tsぇれたかなぁ・・・。」と、これはshinjiさんの言葉、なんですけど、けんか売ってんの、笑?
「やつれた?」
「え、」
「やつれた!」
(やつれたー!)
もう、その域だってばよ。
「やつれてないよ。あー、でもジーダブリューはさんだからちょっと・・・」
(客席「?」になる。)あ、GW、ゴールデンウィークね。
「あれ、伝わってないよ?笑」

なんか、この辺でマオさんがじいいいいいいいいいいいぃっとshinjiさんの首を見てたんですよね。
何があった?ハエでもとまってた?(ひどい)

「今回、食事制限したよねぇ。マオくんも明希もゆうやも。」
「そうそう。」
「俺なんか、花の蜜しかすってないからね。」
即答で胡散くさーい!の声が上がる。

「え、え?ちょっとまって、花の蜜吸っただけで胡散臭いの?」

(うさんくさーい!うさんくさーい!)鳴り止まない胡散臭い、笑
いわれたくなきゃ、黙ってギター弾いてなさい。あ、弾き語りも胡散臭い、駄目だ。

「胡散臭いよねぇ。その花の蜜で何か作って売り出したらもっぺん胡散臭い。」
「俺、5年前ぐらいからずーっと『胡散臭い』っていわれ続けてきてるけど、最近、ちょっとキズツクー。」

はんにゃの金田っぽい言い方だったよ。もう「Sweet?」の時点でそうだったのか。そうか・・・。
同情すんなら金をくれってね、はいはい。

「あのね、たぶんね『うさんくさい』っていう言葉自体がいいやすいんだと思うよ。
それに、人は誰かを貶めて自分をもちあげるもんじゃん?ね?」

だからってその対象がshinjiさんにいく理由にはならない、はず。
が、ここで冷静に考えてみて、マオさんにはとてもとてもそんなこといえないし、
明希ちゃんはでろんでろんに甘やかす対象だと思うし、
ゆうやさんは本気で傷ついてそのうち「きゅぅん・・・」と犬の呻き声みたいなのあげそうだし、
あ、やっぱりなるべくしてなった立ち位置だ。ごめん、5年間、この先ずっとごめんね?


「・・・俺は人のために生きてますよ?トイレでトイレットペーパー三角に折るし、便座もきれいに拭くし」
「shinji君ちの玄関に募金箱おいてあるしね。」

またその話!もう持ち直せないよこの手の話。

「入るときにね、お金入れないと入れないの。機械的な声で『アト、センエン』とかいわれるんでしょ?」
「しかも二重ロックでね、笑」

あきらめてのっかりました、shinjiさん。苦笑して、しばし無言ののちに、

「あの、俺意外と片付けられない人なんで、マオくんしゃべってくれますか?」

最後にはこうなる。マオさんも呆れ顔。


「あんな、俺ばっかなぁ・・・俺がいつもMCすると思うなよ。」


そして明希ちゃんのもとへ。



【沖縄の話をしたがるうずうず明希ちゃんととんでもない夢を語るマオさんのはなし。】


「マオコメント!なつかしいね。いいよね。明希コメント!」
といって明希ちゃんに寄る。
「明希コメント!いいよね?「いいよね」と「クリオネ」って似てるよね?」
「・・・それは、あれですか?振ってくれてるんですか(うずうず)」

明希ちゃん、クリオネは北海道なんじゃあ・・・。まぎゃく!
無茶振りならぬ無茶振られで客席困惑、マオさんも、ん?何?っとなりつつ話を聞いてあげる側へ。
やさしいなぁ。そのやさしさをshinjiさんの太田○散の中にいれてあげてください。

「きいてくれます?わたくし、沖縄で免許取ったんですよ。ツアー終わって、宮崎から沖縄に行って。
ダイバーの。私、ダイバーになりました!スカイダイビングの・・・」
(え。)
「まちがえた、スキューバダイビング、笑」
「あれって、『何級』とかってあるの?」
「ありますよ。」
「学科、とかもあるんだ?」
「学科?あぁ、学科・・・、ありましたよ。ひっさしぶりに教科書もったりして。」
「学科って面倒くさいよねー。もうあれでしょ?ペンもってぐわぁーってやってさ。」
「ペンだこできましたねー。」

マオさんのいう学科は自動車学校のだね。マオさん車校のひねくれた○×クイズつくれそうだな・・・

「おもったんだけどさ、スカイスキューバダイビングっていうのできないかな?」

何を唐突に。

「こう、空から落ちてそのまま海にじゃぽーん!っといくの。」

それ、ガチャピンのクッション性を駆使しても無理だ。海に当たる瞬間いたいいたい!

「できそうじゃない?あらかじめスキューバの荷物しょっといてさ。」
「空中で着替えるんですよね?海にばぁーっと来ている服おとして!」

ウキウキでのっかる明希ちゃん、のっかるな。

「え、脱ぐの!?あ、そうか!もとから下に着てるんだよね。」

一回空中で全裸になるのかと、マオさん勘違い。私も同じく勘違い。

「ねぇ、誰か作ってよ、そういう会社。つくったら絶対流行るから!ねえー?
俺?俺はやだ。だって会社とかつくんのめんどくさそうじゃん?」

あなたの左隣にうってつけの人、いるじゃないですか。胡散臭い事業ならおまかせの人。
生命保険とか、ちゃんと絡ませてやりそうな人。



【自給自足の未来を語るゆうやさんとひつじが大好きなマオさんの話。】


「ゆうや君はさ、ないの?そういうの、将来やりたいこと。」
「俺?やりたいこと・・・かぁ?うーん、まぁ、やりたいことって大体やれてるからなぁ・・・。」
おおおおおおーっと客席から歓声が上がり拍手が。
「いや、いや!そんなんいいから!いいですから!」
なおも鳴り止まぬ拍手。
「いいって、いーってばー!」
マオさんものっかって拍手して盛り上がり・・・、タモさんの如くパンッ、パッパッパン!と拍手をまとめる。

「なんか、それ、今思わぬところで、いいタイミングでやれちゃったって感じだね。」
そうですねー。

「で、ないの?やりたいこと。」
「うーん・・・」
「・・・!(はっ!とするマオさん)ちょ、ゆうや、今日かっこいい!
今日のゆうやの顔すっごくかっこよくない!?ちょっと写メとっていい!?」

いそいそと携帯を持ち出しゆうやさんをとろうとするマオさん。
フリーダム。じつにフリーダムです。唐突に話題が変わるのは同じくAB型のkenちゃんと一緒です。

「一緒にとろっか。」
と、いってドラムセット側へ。
shinjiさんが俺が撮ろうか?みたいな感じでドラムセットによって手を伸ばすんだけど
マオさん完全無視で自撮りしようと必死。shinjiちゃんかわいそうな人!
で、一緒にとろうとした瞬間shinjiさんがドラムセットの裏側にまわりこみ、
はっとして気づいた明希ちゃんもあわててカメラのシャッター内に駆け寄り
結局4人でパシャリ。なーかーよーしー!客席完全においてかれたー。

「はい、撮れた。客席もとろっかー。エロい手して。」

エロい手って、なんぞ?

写真を撮り終わった後、客席がフリーダムになり「ブログにアップしてー!」とかいろいろいう中
「shinji結婚してええぇぇぇ!」という甲高い声が浮き彫りになりマオさんすかさずキャッチ。


「ちょ・・・今さぁ誰か『shinji結婚してぇ~』っていったでしょ?みんなは写真取った後で
『ブログにアップしてー!』とか『みたーい!』とかいってんのに一人だけ『shinji結婚してぇ~』って・・・」

いった本人、舞い上がる。実際、マオさんが拾うまで彼女は上手のいっちゃん端っこの前から2列目ぐらいで
3,4回ほどいってたからね。そらきゃーきゃーするわ。
ねぇ、私もなんだかんだでshinjiさんの右手の薬指ガン見するんですけどね。
shinjiさん、声のあったほうは向かずにさらっと、

「・・・時給200万円ね。」

たっか!っていうか時給制度なん!?たっか!
あぁ、shinjiちゃんあれよ。誰にイメージかぶるかっつったらハチクロの森田兄だ。
あの役できそうじゃない?素で。
1秒間で10万人の人から10円巻き上げるシステムとかつくっちゃうのね。あのインテリめがねして。
そしてその、「じきゅう」に反応したドラマー。

「あ、おれ自給自足したい。」

その自給!そして今その話!考えてたんかい!

「そういえばゆうや言ってたよねぇ、年とっておじいちゃんになったら土地借りて農業やりたいって。」

あぁ、巷で地味にブームな農業男子、でも年取ってからだから普通に農業やるおじちゃんよね。
花の蜜を吸う森ボーイ且つ草食男子なshinjiさんと農業男子なゆうやさん。
傍ら、俺は肉食だー!というみめぐみさんと表面上たぶんおそらく絶対肉食なマオさん。
シドというバンドは非常にバランスがよい。

「場所どこにすんの?」
「荻窪あたり?西荻窪、練馬とか・・・」
(わかんなーい!どこー!)
「あ、だめじゃん、ここ大阪だからわかんないよ、みんな。大阪ならどこ?」
(あsdfghjkl;@-!)
「大阪わかんないな。っていうかこの辺人いないよね。で、Zepp Osak遠くない?
俺、来るとき思った。遠っ!って。2回ぐらい言った」

「で、畑で何育てんの?」
(ねぎー!ねぎー!ねぎー!)
「うーん・・・レタス、とか?あとはジャガイモとかトマトとか・・・。」
ネギ無視!あぁまたもやかわいそうなshinjiちゃん。

「ひつじ!ひつじがいい俺!」
「え?マオ君ひつじは、それちがうでしょ!つくるんじゃなくてそだて・・・」
「作って。今すぐ作って。」

出た、わがまま。

「え、俺が農業するのはおじいちゃんになってからだけどひつじは今作れということですか?」
「うん、作って。」

あの、偶然にもゆうやさんが農業やりたいっていったとき、私の頭の中でレインのアー写の格好をした
ゆうやさんが羊に囲まれてる絵が浮かんだんですが、
私が思う羊飼いとマオさんが思う羊飼いには大きな違いがあるように思う。
私のは羊毛を刈る方だけど、マオさんのは絶対羊を食べる気だ!!!ジンギスカーン!いやん肉食。


はい、この後なんやかんやとゆうやさんが抗議するも大事なところで噛んじゃって
マオさんが「はい、噛んだから駄目ー。」って話を打ち切りました。
ただ、そのあとマオさんも噛んじゃって客席が噛んだー!って騒ぐ中、「何?」ってマオさん聞き返したら、
仕返しの如くゆうやさんが「噛んだからだめだってさ。」ってあっけらかんというのがなんともほほえましかったです。
だらだらMCに終わりが見えないままむりやりshinjiちゃんに曲出しをふりましたとさ。




と、これがいちばん長かったな。「sleep」のあとのMCです。
なのでまだこれで1部、です。続きます。とりあえずアップ。











拍手お返し!
20100513 / 08:56
わーい!またもや拍手ありがとうございまーす!
最近このブログじたいが長ったらしい独り言状態だったので反応があるとうれしい限り。
ここ3日はお昼からお仕事なので朝まったり書きます。


あー・・・ハイディ金髪・・・。超絶忙しかった仕事帰りの私に多大なるショックをありがとう。
言うけど、金髪オールバックが美麗だったのは98年までよ。
英国少年のようにあどけなさと危なさをもっていたのは04年までよ。
えぇっと、今は金髪ハイディに何を求めたらよろしいかしらん?
まぁ、思ったほど、ね。びっくりするような感じではなく、かわいげは残っていたので一安心したんですが。
逆に、あれがライブでどう化けるかも楽しみっちゃあ楽しみかー。
何せ今回4回いくことになりましたので。VAMPSは。
キラキラ金髪に負けないキラキラお肌を保つことが大事なのです。
ただでさえ白は肌を黒く見せるから。
毛根は既にぐっだぐだになっているので肌だけは濁らずににごらずにー♪(@ELXIER WHITE)


では、追記でお返事よ。


5/8 SID tour 「いちばん好きな場所2010」 in Zepp Osaka 【曲感想編】
20100512 / 05:31

【setlist】


敬礼ボウイ
プロポーズ
隣人

夏恋

モノクロのキス

ノイロヲゼパアティー
sleep

サーカス
循環
one way
Dear Tokyo



《En》

レイン
妄想日記2
dummy
眩暈

《En2》

微熱




と、いうセットリストをふまえまして、まずは全体的感想から。
まぁ、ね。私が聞きたい曲っていうのはほとんどやってくれなかったわけですよ。
今回のツアーでわりにやっていた曲にプラスして初期曲2曲と新曲が絡んだという感じです。
集大成といえば集大成です。が、いろいろききたかったですよ本当は。
セットリストでいうならば名古屋がもう個人的最高点をあげたいぐらいですね。あと、仙台初日。
本当に、なぜあの日に「証言」をやってくれたのか小一時間ほど問い詰めたい。誰に。


本当に、このツアーをやるまでなぜやっていなかったんだー!といいたくなるぐらい
「敬礼ボウイ」はやり倒した感がありますね。そしてその座は「怪盗ネオン」に引き継がれるのね。
敬礼~は敬礼することなく(もちろん)、おもいっきしヘドバンしてましたねぇ。
でもサビのところは裏打ちでこぶしあげたいの本当は。
「プロポーズ」と「隣人」がセットでくるとなんか逃げ場を失ったネズミみたいな気分になります。
なんかもう、とにかく逃げられんよねこの空間から。「嫌!」っていってももう無理、みたいな。
その「嫌」を、「良い」にかえさせるまでにじり寄って責めてくるんですよ。
心なしかプロポーズのshinjiさんのギターはギャンギャンしてイケイケで強気な感じがします。
イエスっていえおらあああああぁっ!って感じ。いいです。えぇ。とっても。そんなshinjiさんが。


3曲終わった時点でMCに入るんですが、そこに入る前、shinjiさんがゆうやさんの状態を
ちょっとうかがっていました。「どんなかんじー?」「OK!」と、親指を突き出してグーのポーズのゆうやさん。
よし、と一安心。まず一山超えた。


前々からいおうと思ってたんですけど、「夏恋」のイントロ聞くとあゆの曲を思い浮べるのは私だけですかね。
「SURREAL」っていう曲があるんですけどね、彼女の曲に。「夏恋」のイントロを思い出そうとすると
自然とそちらの曲に移行してしまいます。あらら。さすが同郷。
そらマオにゃんもうっかり物まねしちゃう。
「嘘」のギターソロはエレキで。ギャーンギャーン!と力押しではなく、
早弾きでそれでいて切なく音高らかに鳴かす。今まで出いっちゃんかっちょよかった。
「モノクロのキス」の2番Bメロあとに投げキッスマオにゃん。


ノイパ!最近になってやっとこさipodに音源おとしましたよ。前々からしってはいたけどさ!
この曲は、私の中では照り焼きハンバーガー的な位置(おいしいんだけどそのおいしさがあざとく、浅い)にあって、
うすっぺらーい感じがしてるんですけど目に見えてわかりやすい妖しさにはやっぱり惹かれてしまう。
静かなところからだんだん可笑しくなっていく様がね、その倒錯具合がよろしー。
終わり際のギターのハチャメチャ感も好き。
ですがね、ライブではこれがまたけっこう原曲より綺麗に仕上がってるんで
びっくりでした。音数もちょい少なめ?かわりにピアノでアレンジが入っててこれがすっごくよい!
ライブでふとしたときにはいるピアノアレンジが大好きでしょうがないんです。
ラルクの「DRINK IT DOWN」しかり、kenちゃんがライブでカバーしたムックの「浮遊」しかり。
ラスサビ前のコーラスは全員で!このときはなんとなく明希ちゃんをみてました。
髪をゆーっくりかきあげながらそれはそれはもう男らしい方の色気で歌っておりました。


で、「sleep」も引き続き明希ちゃんを上手から眺める。
最初の部分とかって「御手紙」と同じでベースが鳴ってないから
明希ちゃん手持ち無沙汰でもてあましてるんですよね。で、その手がうっとりと情感豊かに口元にいくのが
見ていてたまらんです。けしからん!もっとやれ!ってやつです。
あーとーはー・・・これもラスサビ前の「泣くなよで拍車が~」のところ、その直前のギターソロの激しさから
一気に静寂に陥る瞬間がまぁぐっとひきこまれますよね。
それを明希ちゃん自身も感じ取ってるのでしょうか、あのマオさんの歌とギターだけになるところで
自分の脇腹に手をあてさすりながら身を捩るっていうとんだお色気プレイが展開されておりました。
な、に、し、て、ん、の(息切れ)。瞳孔ぐわっと開いたわ。
そんなお色気プレイをかきけすかのよう、マオさんの「念のためにしがみつく」発言で崩れ落ちました。
涙ではなく私が。とんだ歌詞間違い。しかも中途半端に意味つながっちゃうパターン。
しがみついちゃったよもう。なんか、情けない人みたいじゃんそれだと。甘えん坊か。
甘えん坊らしいですけどねゆうやさん曰く(この前のシドラジネタ)
ものすっごく感情こもってたのにちょっと残念な感じに。


イメージっ!(咲)
あぁ、楽しい。「夏恋」の次にのりやすい、初めての人にも優しい曲です、「サーカス」は。
ただちょっとテンポが遅い。JOYSOUNDだとふつーでもテンポが速くて歌うのあせるのにね!
そしてそしてそしてきーまーしーたー!今ツアー最初で最後のメンコ!
メンバー紹介いけるかぁ!いけマース!ドラムのゆうやくんからさらっと1回ずつやりました。
そのさらっとかげんでいいとおもいます。なんかもうMCが濃いからそれで。
「循環」はね、これ見よがし!に皆さん循環ってました。前にいた男子も一生懸命。
壁際女子に少々申し訳ないと思いつつもまわるまわる。
これもなんだかんだでフリがわかりやすくていいですね。その場でついていけます。
「Dear Tokyo」の2番サビのところをふられて歌うも歌詞がちょっとわからなくて、
いつぞやかのツアーオフショットのゆうやさんみたいになる。
「フーフーンフフフフー♪フーフーフー今日いーちにーち!」って感じ。実際今も歌詞わかってない。
ギターソロがね、shinjiさんが少年のようで。少年のように無邪気なギターメロです。
これまた単純馬鹿コード故でしょうか。それともあのターバンのせいでしょうか。ギロリ(睨)
なんで、ターバン、なんだ。出てきた瞬間私思わず壁ガッって殴った。
やり場のない思いが、プレボに突っ込んだ「きのこの山入浴剤」にでも投入されてればいいと思います。


アンコール前はとりあえず「Dear Tokyo」でヘドバンした際におでこが私の肩にあたったであろう人に
「肩あってすいません!」と謝る。・・・肩はだれにでもあるのでどうしようもないです。
せめてなで肩の華奢で細いマオさんのような肩でやさしくうけとめたかったです。
ほんとあの人どこまで細くなるのかしらね!左腕の竜がタツノオトシゴになっちゃうよ。


アンコール、1曲目はお約束の新曲「レイン」
なんといってもイントロ!イントロ&アウトローの「ただならぬ感」!
この「ただならぬ感」は「証言」並です。
きました、きましたよこれ、ゆうやさん。この際AメロBメロのもたつく感じは目を瞑りましょ。
すんげー好きです。あと、ハガレンを読んでいる私としては歌詞が、きます。
「逃げ場のない僕を選ぶの」と2番のサビんとこ全部。
アニメではラスサビをつかってますがこの2番の歌詞がいちばんしっくりくるわ。
こんなこというのもなんですが、マオさんのハガレンに対する理解度と彼個人の妄想力をもってすれば
相当良質な二次創作ができあがるんじゃないんでしょうか。
まぁ、ハガレンの二次創作は大概がエドを不幸が似合う、ものっすごぉく可哀想でどうしようもない頭弱い子に
したがりますよね。作者的には強くて賢い子にしてあげたいみたいだけど。愛情の裏返しだね。
まぁ私もなんだかんだでそういうのが好きな人なので「逃げ場のない僕を選ぶの」というセンテンスは
うはっ!と喜んだ次第であります。マオさんグッジョブ。


「dummy」はこれでもか!というぐらい間奏がつづきました。
腕がね、もたない。
明希ちゃんやshinjiさんが「おらぁっ!」ってあおるのに対し、
マオさんはタオルを口に挟みながら両手でふん!ふん!ってあおるのが
ちょっとかわいいと思ってついがんばってしまう。癪だ。
で、なぜか知らんが明希ちゃんのあおりかたが「ドラゴンボール」みたいだ、とぼんやり思ったのです。
それをライブ終わった後に伝えてみたけどぽかんとされたので補足させていただくと、
昔の少年漫画における格闘漫画の煽りの台詞っぽくきこえたんです。
「オラオラおまえの力はこんなもんか!」「おら本気出せ!」「かかってこいや!」
「いくぞ!」「ぐはぁっ!」ズシャアアッ!「くっ、やるな・・・まだまだ!」みたいな。
こう、暑苦しい感じ?カカロットとベジータが、ピッコロとフリーザが脳内で戦ってました。
最後にはゆうやさんが元気玉でもだすんじゃないかと思った。


そのながれで、めまーい。
マオさんの「おいで」がいつもの半分ホラーチックではなくわりに甘かったです。
「もっと頂戴」も同様。がしかし、彼の股間事情はなんかわっちゃわっちゃになってたそうで。
そっち見てないんでしりませーん。めまいは自分がめまいするためにあるんだもん。
マオさんの公開自慰をみるのはDVDになってからでいいよ。


で、熱覚めやらぬままダブルアンコールの後、「微熱」
「涙の温度」や「光」ってある種アルバムツアーでやって完成されてるものだから最後にやるにあたって
あれ以上になることってないと思うのね。中盤や、本編最後にやる分には問題ないけど本当の
最後にやるにはもう場違いな感じがするのです。
ただ、「微熱」はたとえ「星の都」というアルバムの中のキー曲だとしても、これだけは昔も今もこの先も
ライブのトリをかざれる色あせない曲だと思うのです。あんましアルバムの色が色濃くつきすぎてなくて
シド全体をとおして色づいたバラード曲だから。今回みたいなツアーの最後に非常にあっていたと思います。
なので、そんなに意外性は感じなかったよ。ベースの音割れしそうな(してた)ボリュームにはびっくりしたけど。
マオさんも途中途中もう声が枯れててギリギリな声でそれでもおっきい声で歌ってました。
それで、伝わるものは伝わる。





自分たちのわがままツアーだといった今回のツアー。
私にとって、いろいろ不安になりつつもいったはじめてのシドのライブハウスツアー。
結果、彼らのわがままがそのまま自分に流れ込んだ形になりました。
これ体験しちゃったらホール物足りなくならない?
近くで見れなくたっていい・・・なんてお行儀いいこといえません。
近くで見れるって大きいな。大事だなって思う。この先どんなに大きくなってもね。
大きくなっても、大きいところで距離を感じさせてはいけないようになんないとね。
3回目、無論期待して待ってます。
たのしかったです、「いちばん好きな場所2010」。
意味は大いにある。



さ、次回はのんきにMC編と参りましょうか。
これがもっと大変な作業なんだけどね。





天使の
20100511 / 20:54

おやつを頂きながら、レポを書きますです。



そういやバンプスの次なるシングルが天使ちゃんになっておりましたわ。
対となる存在は、いつでも乙女心をくすぐられるもなです。
だって、ギャップの宝庫だもの。
ツイッターについていきマース
20100511 / 15:22
 
ミクシはやらない、マイスペもやらない、アメブロもピグもなんだよみんなもうブログだけを
素直にやってりゃーいいじゃんよ!本家を定めろ!
って思う私が、Twitterだけはちょいと手だしました。
依然使っていた写メ日記の役割をこのブログがすでに果たしているということで
それ以外の役を担ってもらおうかと思います。
写真なしの一言二言で終わるようなことを逐一ブログであげるのはあれだとおもいまして。
twitterは溜め込む前に、だす!って感じで。
溜め込んでじっくり書くにはブログで。
kenちゃんが現在昇竜拳もう特訓中っぽいです。
荒川アンダーザブリッジをすすめられてよんだっぽいです。ナイス選択。
リンクからとべます。とりあえず社長とkenちゃんと山ちゃんフォロー。
よろしくー。



http://twitter.com/mia_0305


言葉が胡散臭いのはあの人に似ました
20100509 / 11:21
  

「このさ、マー油ラーメンの『マー油』って何よ?」


て、誰かがメニューを見て言った瞬間ほぼ4人全員が「マオさんの・・・」って思ったらしく
ずーんとなりました。いっちゃいけないのに口にしてさらにずーんとなりました。
そうか、マオさんの落とした6キロ分の脂肪はここにきたのか。しかも黒い。
そりゃよからぬものが、不真面目なものがしみこんでいるに違いなかろう。がーっ!
なかなかクセと独特の臭みがあるスープでございました。あ、食べたのは辛みそラーメンですが。
葱がシャキシャキしておいしゅうございました。


で、マオ贔屓がいない4人(shinjiファン2人、明希ファン1人、ゆうやファン1人)は
見るところがそれぞれに違い、「○○のあそこよかったよね!」といっても、
「アー・・・ごめん見てない見えてない視界に入ってない。」が常で、
そのかみ合わなさぶりがものっすごくツボに入りました。
私この、好きなものが一緒でも見方がそれぞれ違うっていう状況が楽しくて大好き。
同調するだけならその場で終わるけど、それぞれが違うとライブで己が感じたことにどんどんプラスされて
いくからもっと楽しんだ気になれるのよね。
なんかさ、そういうのって、いいよね、うん。
Wアンコールがおわってゆうやさんが最後の挨拶をした後に、
私の後ろにいた黒い服きたロングの女子がうるうる泣いてて、一緒に来てた相方の子が「よかったね。」って
ぽんぽんとその子の頭なでてたのね。で、その泣いてた子は次にマオさんが挨拶するから、
マオファンであろう相方に「私はもういいからほら前に行ってちゃんとマオにゃんみて。」って
ぽんと背中を押したの。その一連の流れがあまりにも優しくてあったかくなりました。
同じものを好きなはずだけど好きになるところにはズレがあって、それでも思いやれる。
小さな平和の欠片がこういうところにあるんですよ。
これって、ほかでもできないのかなってよく思う。たとえば宗教とかね。
神様は一人しかいちゃいけないから、ひとつの場所にしかいちゃいけないって決めるから
きっとほかを認められなくて。
救ってくれる神様ならいろんな神様がたくさんいてくれたっていいと思うしどこにいてもいいじゃない。
鞭を与える神様がいやならたまには飴をくれる神様にすがってみたっていいじゃない。
逃げ場や余裕がないのはつらいよね。そのうち自分の居場所がなくなりそうな気持ちになって
だから誰かの居場所を奪おうとやっきになるのかもね。
あぁそれってライブハウスでもおんなじこと言えるね。
自分の居場所、一番好きな場所、一番好きなものを一番愛を持って見れる場所、
人から奪うのではなくちゃんと自分で見つけれた時、本当に楽しめるし充実感が増すはず。


次にまたいち好きをやるころには、今余裕がなかった人も少し大人になって
大人だった人はさらに余裕ができて余裕のない誰かを迎えられるかな。
誰だってはじめは初めてだし、みんなそこをとおるから恐れず入っていきましょう。
私だって1年前こんなこと言ってる自分が信じられないぐらい
「咲く」ことにすら恐れを抱いていたのだから、笑
次は埼玉ね。3万のハナビラが花開くまでしばしのお休みです。


社長がZepp Osakaの模様をいっぱい写真にとってくれてます。
お父さんだなぁ・・・。和歌山終わったときの「ゆうやよくがんばった!」も父そのものでした。
和むわ社長。
そんな社長を入場のときに初めてはっきりくっきりみました。おお・・・エラはってる(超失礼)。


いち好きおつかれ
20100508 / 22:37

楽しかったでーす!   今ラーメン屋さんです。



おぼえてられないわー色々と。


本日は
20100508 / 14:03

こんなかんじ。
晴れたのでトレンカ脱ぎました。
生足で頑張ります。何を。

ヘッドスパして髪がさらさらー。
買い物どうでもよくなってきたー、笑
春ブーツもいいや。
お土産だけ買うかな。



おはよー神戸
20100508 / 10:06


昨日は昨日で楽しかったです。ホテルかえってばたーんしました。
友人も「やっと見せれた」とご満悦。ねー、大学の時に散々DVD見たもんなぁ。しかもあの頃のメンバーがでてくるんだもん。その時ばかりは私も絶叫しました。 
彼らには永遠の14歳でいてほしいものです。っていうか7年たってるのに変わりない姿にびっくりでした。私、中に物凄くすきなキャストさんがいて、その人がいるから今回いったようなもんだけど、美しかっこよかったです。割に近くで見れてどっきどき。
あの人の舞台を見に行きたいな。



さ、今日がある意味本番。ファイナルたのしんできます。シドっちゃん。
ちなみに
20100507 / 17:18

こんないでたちなんですわー。


最近意識してかもしれんが白い服を選ぶようになったなぁ。
神戸。
20100507 / 17:12




ホテルでまったりなの。 天気がよくなってきた。 ホテルの部屋がモダンでかわいい。 
アメニティ充実のレディースプラン。
ブーツが欲しいなー。明日もっかい三ノ宮散策かなー。大阪はぎりぎりにいくかー。



さ、お化粧直ししてお外でます。
4/17 SID tour いちばん好きな場所2010 in Zepp Nagoya 【曲感想編】
20100507 / 07:14
 
いまさら感過ぎる4/17いち好き名古屋の全体的感想を。







なんといっても一番最初の「証言」。
アコギがしょっぱなからステージに置かれており、序盤3曲の間に「嘘」か「モノクロのキス」が入る
パターンだとかってに睨んでました。まさかの「証言」です。
このブログで散々話して、聞きたい聞きたい聞きたい・・・って怨念のようにつぶやいてたら
本当にながれるんだものあのイントロ。ゆゆゆ夢じゃないよねぇ!?って思った。
ゆうやさん私のブログみてないですよねぇ!?ってあせった。
私ね、「やってくれないかな・・・やってくれないよね・・・なんでやらないんだ・・・」って悶々とするのが
もうラルク(「真実と幻想と」)やmonoral(「tente」)で体に染み付いてて
その感覚でいたものだから、割りにあっさり聞けちゃって驚き反面拍子抜けでした。
尊いの!この曲は尊いのです。この曲の「ただならぬ感」が簡単に聞かせてはならないイメージがあるの。
とにかく、この曲をやっている間は私一番どこをみたらいいんだろうって模索しながら
聞いてて、肝心なこと何一つ覚えちゃいません。マオさんとshinjiさんを見てたな。
できればマオさんは着物がよかったな。そしてこれはもう少し広い空間で聞きたい。
でも、この曲は一夜の幻的なものであってほしい気もする。
あの日だから、あの日にいったから聞けた、みたいな。
ほんと、4/17に自分のチケでいけてよかったよ。あの日いけんかったらほかの日いけたとしても、
悔やんでも悔やみきれんかったよたぶん。



「妄想日記」の演奏とまるところで、上手にきてた、ような。
上手に来てぺしゃこんと座っていた、ような。
とにかく初めてマオさんが近くに来たとき、近い近い近い見れん見れん見れん!って
全力で顔そむけたおぼえがあります。なんか、いちばん、まじまじと顔がみれません。
見たら石になりそう。石にされそう。
shinjiさんの「寝顔も心さえも・・・」のところ、スーツだったのでおとなしめな動きでした。
やっぱりあれはくたくたTシャツをかき乱していただくのが女の夢というもんです。



「嘘」ギターソロ。この日もアコギではなくエレキでした。
大阪で聞いたときより丁寧に弾いてる感じでした。やけっぱち感はなく、2番Aメロからのもりあがりを
そのまま引き継ぐといったよい流れでした。本人もエレキギターでのソロはお気に入りのようですね。



「汚れた指」もうれしかったな。イントロ入って、何だっ、け、がれた指だあああああああぁぁ!
って気づいた瞬間テンションが噴火するっていうパターン。



中盤の「ミルク」→「ハナビラ」→「御手紙」のミディアムおきかせモード、
その後の「隣人」→「dummy」→「プロポーズ」→「眩暈」といった暴れモード、
このまとまりがすごくいいと思った。
この日のセットリストの流れものっすごく綺麗。個人的にメリハリのあるセットリストは大好きです。
「御手紙」の前にシャラリン♪とウインドウチャイム的な音が流れたので
「誘感コレクション」か!と血が一瞬ぐわっと騒いだけど思い違いでした。あぁ、「誘感コレクション」も
ききたい。「その代償」もききたい。まだどこでもやってない「スロウ」も聞きたい。


「dummy」の中盤でずーっと客を煽る場面が続いて、「ッオイ!ッオイ!」って拳あげ続けたら
右手つりました。すすす・・・と下げようとしたら明希ちゃんが「オラオラァア!」って感じで
煽ってきたので黙って左手をあげました。右手がだめなら左手を差し出すまで。
しかし長かったなあの煽り・・・
おかしかったのが「プロポーズ」の煽りでマオさんが「もっと喘げえええぇぇぇ!」って半分ブリッチしてる
ぐらいに体を沿っていってたことです。あ、喘ぐの・・・?


さささ、お楽しみの「and boyfriend」
2番Aメロで、shinjiさんに近づきしつこいぐらいにほっぺたをつっつくマオさん。
つんつんつんつんつんつんつんつんぐいぐいぐいぐいぐいぐいぐいぐいぐり・・・
あの、それぐらいにしといてあげてください。
ジャイアンとスネオみたいにみえました。
で、最後はなんかマオさんがギターに頭を傾けて、お腹の子の音を聞くみたいな格好になってました。
Bメロではステージ真ん中でドラムのほうを向きながらベースを弾く明希ちゃんに前からがっと
肩に手を回し抱き寄せるマオさん。
明希ちゃん「うおぅ!」ってなりながらも終始ニコニコ。かまってちゃんはかまわれて大満足。
マオさん明希ちゃんの肩さわさわ。セクハラし放題で大満足。
そうそう、明希ちゃんの乳ピアス(右)をはじめてまじまじとみました。
ほんとに乳頭貫通してんのねぇ・・・。そりゃとびそうになるぐらい痛かろう。


最後の「one way」はひたすらたのしかったなー。わっちゃわちゃになりながら楽しみました。
元気になれるよい曲です。





いじょ!
ではでは神戸へいってまいりまーす。
あんまし暑くならなくてよかった!!!





起きなさい世の中、おやすみなさい世の中
20100506 / 06:53
さぁ、世の中よ動き始めなさい。
私は今日から夢うつつモードです。


あ、今日は仕事、だけど半分抜け殻状態で仕事します(断言)
やー、棚卸おわったー!ロスすくなかったー!いえええええぇぇい!
わたしがんばった!昨日は7時にお店行って閉店までお仕事でした。
これさえのりきれば!のテンションだったので基本テンション高いんですけど、
たぶん閉店2時間まえぐらいから電池切れおこしてました。
「よつばと!」5巻の海いったときのよつばみたいになってました。
昨日店長に「今日早く来たからあしたぶっちゃけ4時で帰ってもいいよ。」って
夢みたいなこといわれました。何それ夢みたい!
え、帰っていいの、帰ってるんるん気分で遠征の準備してええのん?帰 る よ ま じ で。
今の店長になってから仕事が若干フレックスタイム制になってます。


夢かまことかどっぷり2連休に明け暮れます。
な、2連休でこの浮かれようですよ!大事やのよ小売の2連休。
しかもその2連休が楽しいことのオンパレードならなおのこと!
惰性で迎えるゴールデンウィークより、目的意識のある充実した2連休が幸せー。
もちろん、ただただダラダラすんのもそれはそれで目的意識をもってのことだとは思いますけどねぇ。


くたびれた体に「寝ながらメディキュット」とshinjiさんのプライベートの姿は効きました。
ありがとういい薬です・・・。ってか、逆に元気になりすぎちゃうんですけど!
マカか。タウリンでもビタミンCでもGABAでもなくマカなのか。まぁ、キャラ的にそうか(酷い)
ナチュラル黒髪、本気黒ぶちめがね、インナー白シャツ&ボタンダウンシャツざっくり、程よい髭、
骨ばった手とシンプル黒携帯、薬指にシンプルな指輪ひとつ。
この姿でROCK AND READもっかい表紙やってくれませんかねええええええ(切実)。
とかくあの黒髪のシルエットがたまらん。似た感じでアビングドンの柴崎さんも好きなのです。


メディキュットで夏に向けて足痩せよう計画始動。結構最近人気あるっぽいんで。
とにかく、いかに体の中の老廃物を正常に体外に押し出すかよね。がんばろー。


じゃ、仕事の準備してきまー。
今日の夜、名古屋のこと書き上げよう、今さらかもしんないけど。



棚卸中。
20100504 / 16:41
これさえおわれば…
明日のチラシ初日を乗り切れば(>_<)










(*´∀`*)



ってなれる!
神戸牛にスパホテルにイケメンたちにシドがああああ!
乗り越えるわ。
ライオンのつぶやき。
20100504 / 07:45

おー、kenちゃんがツイッター始めとう。


あのー、私アメーバなうをわりと見ているのであの体裁だとどれがどのレスポンスかはわかるんですが、
本家本元のツイッターの見方がいまいちわかりません。
何なの?@の後ろに名前が書いてあってメッセージがあるのは、kenちゃんへ向けたその人のつぶやきで、
それに対する返信を@の前でしてる、ってことでいいんですよね!?
そして「RT」の意味もわからん。わからんくても大体は把握できるけどきになるー。
残念なのが、お花畑にダイブしたkenライオンちゃんが隠れちゃうことね!かわいいのに。
あのぬいぐるみよくできてるよなぁ。お家にあるminiライオンちゃん(DVD特典)は
最近愛嬌が増してきたけど、目の位置とかお口まわりのもりっとした感じがオリジナルとちがって
ちょっとかわいさが足りない。今、リラックマとコリラの間にはさまれてうとうとしてます。


しかし、常々思うのですが、you tubeとかmy spaceとかtwitterとか、元は海外のものが日本に入ってくると
日本語の文字の大きさとかフォントのダサさが鼻につくのですよ。
せめてな、初期設定を文字サイズ「中」にしてほしい。タイトルのところも説明のところも全部!
文字サイズ大で太い文字とか細い文字とか入り乱れてると、世の中ににインターネットが普及し始めた
ころの(1990年代後半)テキストファイルで作られた「○○のhomepage!」的なものを思い出すよ・・・。
そんなんやったら無理に日本語化せんでえぇ。英語でなんとなく伝わる。


詳細は不明ですがkenちゃんミニアルバム&秋ツアーが決定だそうですよー!
夏までの予定はがっつりつまってるんで、秋になってほっと一安心。
ミニアルバムのタイトルが「The Party」なので楽しく、ゴージャスに、最後はホテルのラウンジのような
しっとりとした空間をkenちゃんがピアノの弾き語りをすることで演出してくれたらな!って
期待してます。ごめん、それだとkenちゃんの胃がさらに痛くなるね・・・。太○胃散送ります。
いや、ガス○ー10的なほうがいいよねストレスからくる胃痛には。

ドリーミンドリーマー。
20100502 / 23:10
 
私のゴールデンウィーク中の休日2日目(一日目は先日のドライブ)はカラオケデー。
めっちゃ晴れてて「これ、ちょっと、海までつっぱしりてええええええええええ!」と
不意に思ったんですがそれはまた別の機会に。海はとりあえず眺めにいきたいですねー。
で、久しくあれこれ歌いましてん。カエラさんが一番歌っていて気持ちいい。
地声の領域といい、ファルセットの入り具合といい。適度に力が入りつらくない。
capsuleの「dreamin dreamin」と東京事変の「電波通信」の歌詞にキュンとします。
はじらいとひたむきさが素敵なんよ。どっちも私にないものなんよ、笑
明希ちゃんあたりが標準装備してそうで。
前にも言ったけど「電波通信」は勝手に明希ちゃんのテーマソングにしてます。
好きな人に対してこうなりそうじゃない?イメージ。
capsuleの歌詞はなんていうか、マオさんの女子化が度を越すとこうなりそうな、気がする。
そんなこと考えてる私が一番ドリーミン。うお座ですから。



帰りに遠征とお風呂のお供を買ってきました。


sagan.jpg


「冷静と情熱のあいだ」以来、久々の辻仁成さんとの競作となる「左岸」(辻さんのは「右岸」です)。
高校生のころ背伸びして江國香織さんの本を読み進め、いちばん読んでいてどきどきした記憶があります。
しばらくはこの人の本を読んでいなかったけど、逆に今ならもっとすんなり江國さんの本を読める気がするし、
何よりあのときみたいなドキドキ感がまた味わえるのかなーというのを思うとこれから読むのが楽しみです。
本屋行ってねー、何読もうかなってまよったのよね。順当に「神様のカルテ」を買うか、金銭的に
伊坂さんの文庫本にするか、気持ち的にはすっきりとよめるものがいいっては思っていたんだけど・・・
これ、当分すっきりできないな、笑。しばし悶々とします。
だってー、1ページが2段構成なんだもの。初めてです。これはきっと時間がかかる。
でもお風呂で読んだりホテルの部屋で読んだりするには最適だと思う。
さらにいうと、主人公の2人の幼馴染が福岡の人ということで、作中に福岡弁(博多弁?)がいっぱい。
わりとそういうところにも胸弾ませました。わ、単純。
さぁ、思いっきり私をきゅぅっと切ない気持ちにさせておくれよ。そういうの、日頃足りないんで。



20100501 / 09:47

ここ2日は気づくとぱったり寝てました。車運転してたからなぁ。
だらだらできるときにだらだらする。あさってからは怒涛だもん。今日まではのんびり仕事するー。


先日のドライブ&ランチ&ショッピングはなかなかに成功でした。
程よく食べ、否、しばらく立ち上がれなくなるほど食べ、程よく買い物し、程よくおしゃべり。
なんかおばあちゃんが長生きする秘訣、みたいになってるなぁ。
あぁ、ジェラートが食べれなかったのだけが惜しまれる。あったのに!確かにあったのに!
ソフトクリーム盛りすぎるんじゃなかった・・・クロワッサンにつけて食べたらおいしいんです、うう。
なんだかんだでよく食べてたらしいけど、翌日体重測ったらすっかり元に戻ってました。
ギャル曽根体系なのねー、といわれました。そ、そんなに食べてたの・・・?
あんだけ昼食ったのに、夜帰ったらのこってたルタオのチーズケーキ食べよ♪とか思ってました。
帰ったら全部食われてたけどね!夜のデザートは別腹じゃねーかぁー!うう。


カチューシャ的ヘアバンドの正しいつけ方を友達におそわり、ちょうどいいのが買えました。
いや、さ、一人で買い物に行った場合あれをどうつけるかでまごまごしてる様を周りに見られるのが嫌で。
そういうのをつけそうな子がいたのでここぞとばかりに聞きました。こんどの遠征のときにつかいましょ。


兄がひとつの人生を終えまして、今東京に羽を伸ばしに言っております。
シドは一応ツアーおわってそれぞれに羽伸ばしてる模様。羽を休めてる人もいるけどね。
明希ちゃんのはっちゃけぶりに癒される今日この頃です。
思わず首里城の前でぴょいんとしてるの待ち受けにした。


あと1週間。
神戸牛が比較的手ごろな値段で食べれる店を探そう。


copyright (C) one day something all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。