one day something
スポンサーサイト
------ / --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
MUCC Tour 2010 "Chemical Parade" in umeda AKASO
20101121 / 11:37
きゃふ!いってきましたムックin大阪。
朝から仕事だっていうのに真夜中に更新です。
いや、暮れも差し迫っており、そうなると去年もそうだったんですが
書いてないライブの感想がいくつあったかを思い返しては後悔の念にさらされるわけで…。
なので、1つでもおおく記録を残したく思い、がんばるわけです。
それより仕事がんばれよって話です。えええええええ。
眠くなる私をささえてくれているのは帰りに駅のスーパーでかった今年のボジョレー(白)です。
今年は結構渋みがきついということで、赤ではなく白にしました。
チーズをおつまみにし、若干アーバン気取っておおくりしております。


えぇっと、事前に申し上げて起きますが、私ムックはお初、でございます。
当たり前だと皆さんが思っていることが私には非常に目新しく写っていることもあり
それを特筆することもありますが、生暖かい目で見守ってください。
と、同時にそれがムックのライブにおける「特徴」なのだと今一度ご認識ください。
いつもより饒舌なのはワインのせいだということにしておきます。では。




※っていうのを19日の夜にかいてましたが、後に、あっさりねむりこけました。

【setlist】


Chemical Parade
フォーリングダウン
零式
ケミカルパレードブルーデイ
ファズ
サーカス
謡声
(わからない曲その1)
A.
アイアムコンピュータ
ポラリス

約束
(わからない曲その2)
(わからない曲その3)
咆哮
(分からない曲その4)

EN
ライオン
(なんかもりあがる曲)
蘭躊
フリージア



な。もう、後半分からない曲オンパレードですよ。その大半が暴れる曲でした。
なので、まぁ、構成としてはアルバム曲+あばれる曲って感じで真っ二つに分かれてたかな。
うまいこと差し込んでくれればいいんだけど暴れ曲のあとにしっぽり「羽」とか、つらいか。
「咆哮」にしたって「蘭躊」にしたってこないだの夏JACKで知ったぐらいです。
ムックの曲はipodに今回のアルバム曲含め27曲しか入ってないのでね。
しかも、大半がわりときれいめ路線のものが多いので
今回のセットリストにはまったくといっていいほど含まれておりません!
たつろーさんが「いげんのがごるあああああああああ!」っていってきて
「うおおおおおおおおおおお!」ってノリよく返すも、次にやる曲が知らなかったため、
「あ、すいません。」ってあっさり引っ込んだことが数回ありました。すいません!勉強しますわ。
でも、なんかみんな見てたら楽しそうだからうっかりのっちゃったってことも多多ありました。


あ、あとSEにどこかで聞いたことのある「君をのせて」が…。
後半のアレンジはちがいましたが、今年シドのライブハウスツアーのSEでも流れていた
あの、「君をのせて」です。おもわずプッって笑った。懐かしいなぁ。
あれ、今年の春なんだよね。もうずいぶん昔のことのように感じる。


【衣装】

たつろーさん→いつものかんじ。ポニテに白シャツ、サルエル?
ユッケさん→ユニオンジャックのセーター?にインナー白のカッターシャツ
ミヤさん→灰色のジャケット?
satoち→見えない。


【落ち着け】

「サーカス」のとき、左右あっちこっち動き回るたつろーさん。
やーもう、なんか、動物園のゴリラみたいじゃん(あやまれ)
逆に、バラード曲になるまえは手を胸に当て静かにお礼するのね。
やたらとそれが印象に残った。歌い手としての自分をすごく大事にしてるように感じる。
あと、MCの冒頭とかは意外とやわらかい声でお話しするのね。
もっと、やんちゃな感じでしゃべるかと思いきや。
「ファズ」の途中で「ひとつになろう。」ってやわらかい声で言われたときはちょっとびっくりしました。
笑っていいのかドキッとしていいのかよくわかんない。
あぁそういえばうちの兄様と同い年だ。不思議だー。



【ここがいい】

曲間のつなぎがかっこいい。
特に「フォーリングダウン」から「零式」にいくときがよかった。アルバムどおりにいくと思ってたのに
一枚はさんできた。その音がものすごくかっこよかった。
あと、「ケミカルパレードブルーデイ」から「ファズ」にいくときの音が
今年の2月にあったMJ特番で、「ファズ」から「オズ」にいくときのつなぎと似ててかっこいい。
Satoちのドラム煽りからの暴れ曲っていうのもよかったなぁ。
この、別の音をさしこんだ曲間のつなぎがいい、っていうのは他のバンドにはあまりないね。
むしろシドっちゃんが苦手とするところだよなぁ。曲間のつなぎ。
ミヤ君がクラブDJイベントをやったりしてる強みがここにでているね。
「零式」はその曲のつながり効果もあってものすごくあほみたいに楽しかった。


【全力お客さん】

ムックのライブの楽しさの1つだろうね。お客さんが全力。
髪を束ねていた人がヘドバン曲が始まった瞬間ゴムをとり、ふぁっさぁ!と、ストレートヘアーを
振り乱してきたときはさすがに驚いたけど、後には隣の人と笑いながらその人ばっかりみてました。
そういう、側から見たら迷惑そうな人でも、見ていてちっとも嫌にならないっていうのは
こらまた、ムックならではかなぁ。
なんかさぁ、「誰かに特別扱いや注目してもらうためにしていること」ではなく、
もう自分がその場を全力でたのしむためにやってるっていうのがよくわかる。
打算的なところがないから、こちらも対抗心より仲間に入れて!っていう気持ちが表にでやすい。
今回残念ながらみんなでわっちゃわっちゃできる曲は少なかったですが、「謡声」だけは
がっつり参加させていただきました。


【初めて】

初めて、ライブハウスで地べたに座った。「蘭躊」です。
たつろーさんが、「えー、今日はとってもいい天気で、こんな素敵な日にみんなと一緒に死ねるなんて
さいこーです。」たらなんたらかんたら言ってる最中、
これさ、すわるっつーことはとびあがるってことだよな、タイミングがわからんんんんん!
ってヤンキー座りしながら一人焦っていたド新規。
カウントしてくれたからとびあがれたもの若干タイミングがずれ、斜め前にいた女の子の頭が
私の肩にゴッ!とあたりました。ごごごごごめんなさい!勉強します!(2回目)
もうちょっと夏JACKしっかりみときゃよかったな。


【MC】

覚えている範囲で。

(冒頭)
「大阪ー!ようこそ"Chemical Parade"へ。今日は梅田でここが一番熱いところにしようぜー!
ね、なんかこの周辺はとってもHOTな店がたくさんならんでいますけどね、笑。
いけんのかごるぁあああ!」

そうです。AKASOの周辺は歓楽街なんです。TSUTAYAの横を入れば魅惑の通りです。
帰りは、V系バンドのビラ配りとホストとおねーちゃんとサラリーマンでごった返し結構カオスな
通りとなっていました。しかしAKASOロッカーすくな!まぁ、阪急にロッカーあるからいいけどさ。


(中盤)
「えー暑いですね!今日の大阪の暑さのバロメーター知りたいですか!?
えー、ユッケさんユッケさん!(袖に若干はけてたユッケさん戻る)彼がまだこの状態です。
(白カッターの上にユニオンジャックのセーターのまま)えー、ユッケさんが着ている
このジャケット?をですねー、全部脱がすぐらい熱くなれよ大阪ああああああああ!」
ユッケさんはそんなに汗っかきではない模様。


(アンコール)
「あついですねー!皆さんあついですかー!(暑いー!)はい。このステージもですね、
皆さんの熱気のおかげで床がびっちょびちょになりました。すごいね。」
それに対し、ユッケ。
「俺さぁ、本編終わってさ、楽屋戻って汗拭くじゃんか(なんかこの辺の語尾がかわいかった)
そんで、着替えてここに戻ってきてるんだけどもう、すでにぬれてるの。
天井から水がぼたぼたおちてきてるよね?」
「(Satoち)ユッケそんなに汗かきじゃないのにね。」「うん。」
「(ミヤ)ライブちゅう、そっちの方いったりするとさ、すべりそうになって危ない。」
「(ユッケ)転ばないようにしなきゃね。」
といって、この辺でユッケがムーンウォークに挑戦してました。で、ミヤ君も「やってー!」と
いわれ、やろうと努力してました。

「(ユッケ)Umeda AKASOって、前にも1回ライブやってるんだけど…(この辺で客席から「バナナホール!」だの
Satoちにもムーンウォークをやらせようと煽ったりごちゃごちゃになってきてみんなユッケの話無視)
あのさぁ、なんでみんな俺の話聞いてくれないの?もういい!話さない!!!」
「え、おわり?もういいの?」「うん。」

「はい、じゃあミヤ君、どうですかねー大阪。」
「(ミヤ)あついぞーーーーー大阪!」ミヤくんがこんなに声を張り上げる人だとはおもわなかった。
客席がおー!とかミヤー!って叫ぶ中、一人、男性客が「かっっこいいいっ!」と
叫ぶ。客席爆笑

「なんか、今、男子からの『かっっこいいいっ!』発言がありましたね。
ちょっとあやしいですよ、笑
あー、昨日ですね、ユッケがね、『ピグの本』がほしいって言って、セブンイレブンによって買って
ホテルに帰ったの。でも、それを彼はホテルにおいてきたんですよ。」

これ、ツイッターでつぶやいてました、本人。

「(ユッケ)あんだけ欲しいって言ってたのに、1日でなくしました。」
「っていうか1日も持ててないからね。」

「さて、この流れをうけてSatoちさん、これ以上に盛り上げていただいて次の曲に参りたいと思いますが
よろしいですか?」
「(Satoち)えー、俺もね、実はユッケに『ピグの本欲しい』っていわれて、
コンビニで探してたんだけどさ…」もう、そこで素直に探してあげてるSatoちかわいい。
「どこにも売ってねえんだよおおおおおおおおおおおお!!!!(ドラム連打)
ピグの本ぐらいおいておけってんだヤマザキデイリイイイイイイイイイイイイイイ!!!」
興奮しすぎてデイリーヤマザキがヤマザキデイリーになってるあたりSatoちアホ可愛い。



【お帰りの際は…】

「業」がながれ静かにライブが終わり照明が明るくなったころ聞こえてきたアナウンス。

『以上を持ちまして、本日の公演はすべて終了いたしました。本日は、ムックツアー2010…』

客席がニヤニヤしているのでなんだろって思った瞬間アナウンスの声に「ぷへっ!」と
笑い声が混じる。ちょっとでてしまったであろうよだれをぬぐいつつしゃべるような感じで
なおもアナウンスは続く。最初誰がやってるのかわからなかったけど、最後のほうで
「うぉらあああああああああああああ!!!」と叫んだので一瞬でSatoちだと分かりました。
と、いうわけで最後まで楽しい楽しい初ムックライブでございました!



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) one day something all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。