one day something
スポンサーサイト
------ / --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-
冬JACKは忘年会でした。
20101228 / 09:40
 
ただいまー。忘年会行ってきました!いやー、ほんと、忘年会だった。
もとから忘年会のつもりでいった人間なので私個人としては非常に満足です!
今年の冬JACK。
まぁ、しかしですね。そうもいってられんよねっていう空気が
昨日の夜の九段下には流れていたと思います。
あの辺の居酒屋はさぞやもうかったでしょう。でも、どっか壊されてたりキムチ投げられてたり
したらすいません。どうしようもなかったんです。
えぇ、だってみんなそこで飲む時間なんてあるとは思わなかったからね!!!
まさか、武道館の使用可能時間よりも1時間ほど早くおわり、
こちら側に、1杯ひっかける時間とやろうと思えば今から日帰りできるっていう時間を与えてくれた
っていう優等生振りをかますとは。しってますかそれ「おせっかい」っていうんです社長。


ただ、私はそこまで無下に非難もできないかなって思う。
以下、事務所側の事情とやらを私の妄想で勝手にお送りします。



シドがでないのはなんとなくわかってた。
とてもじゃないけど、ドームやりきったあとにまたちょこっとあつまって
今年の締めに3,4曲やるなんて気分にはそうはなれないよ。
だからって、何かのカバーをさせるとかそういった特別なことをやるには時間が足りないしね。
あと、シドっちゃん大きい舞台やったあと気が抜けるクセあって失敗すること結構多いから。
そんな気持ちでおわらせちゃならんでしょ2010年。大事とって出なかったのかな。
何より、社長が休ませたかったんじゃないかなって思う。
でも、事務所にいる以上は何か1芸ぐらい披露はせぇよっていう感じ。で、あの出演と。


それを思うと、ほかのバンドも今年はタイミングがよろしくなかった。
みんな予定が立て込んでいた。ラルクソロは、一区切りついたところだからいまさら出てきて
わーってやるのもおかしい(リーダーはみんなが出ないのに自分だけ出ることはしない)。
ムックもよく考えてみたらこの前までツアーだった。
このイベントで中核になるメンツがバタバタしてたんだ。
あとは近年のイベントでよんでた外部のバンドもこの時期ツアーやってましたね。
カラス所属の美月とケンゾはそれぞれ東京にいなかった。
それもあってかしらんけど、今年はギルガメがやはりがんばってました。
去年の冬か、今年の夏ぐらいかな?
ギルガメメンバーが「やっと自分たちの輪からでて先輩たちと話せるようになってきた!」
って喜んでたの。あぁ、次は出てくるなって予感がした。
今回のセッションのメンツ決めの中核はギルガメとムックって感じ。
私はこうやって後輩バンドが成長していくのをみるのがすきですよ。それもJACKの醍醐味。


あとは、これから先も予定が立て込んでるっつーのもあるのかな。
ラルクも、ゾロも、シドも。
今回の冬JACKはそこまで手が回らなかった。手が回せなかったっていうのが正直なところなのかな。
その中で、最大限にできることをやったとは思う。
いっそひらきなおって忘年会としてやりきってたのはいいと思う。
だって、そもそもそんな力はいった大きいイベントじゃなかったんだよ。
kenちゃんとsakuraとEinがチ●コのかぶりもんして出てくるイベントだったんだよ。
なんか、そこ忘れたらあかんなぁってちょっと初心に帰ったような気分。


年々、プレッシャーって大きくなってると思う。
去年よりもすごいものって期待される。
派手なゲストを近年呼んでいたばかりに今年はつらかったと思う。
まぁ、でも、自分たちがやったことだからそこはきちんとケリつけてほしい。
夏が完全フェス形式でセッションなしでやるなら、冬は逆にお遊びセッションもりだくさん、
むしろセッションと呼んでいいか分からないネタもの満載の忘年会っていうスタンスで
やればいいと思う。ただ、そういうスタンスでやるよっていう事前告知はやっぱりいるのかなって
思った。あと、時間さえ伝えれば、ある程度あきらめもつくのにちょっとその辺の情報操作が
今回へたっぴだったな。人ってなにもいわれないと去年と同じものかそれ以上を期待するから。
期待させといて落とすっていうことを今回やってしまったっていうのは確か。


相対的に見ると楽しくなく、絶対的な評価で見るならば楽しかった、ってところでしょう。


まぁ、私はセッションBを見た時点で腹筋が破裂して、ひーひー笑って「いい忘年会だぁ!」って
きぶんになったので、なんかみんなの気落ちぶりをみて申し訳なかった。
来年の動員数とかそんな心配してる人いるけど私ぶっちゃけラッキーって思ってる。
私は人気の翳りに注視する人なので。そこがいちばんおいしいとおもってる人なので。
減れ減れ!それでいいよ。冬JACKは事務所のあったかさとアホさ加減を知れる空間であればいい。
外部バンドとお目当てバンドにしか興味ないならフェス形式でやる夏だけ行けばいい。
だってさぁ、あの武道館で、興味ないバンドが出てきた瞬間にさーっとひいたり座ったりするのを
目にするのつらいもん。夏フェスならわかるけどさぁ。
もっと、武道館ってあったかい場所じゃないのか?って正直疑問に思ったさ。
馬鹿で阿呆な空間だけど、なんだかんだでPAULお父ちゃんが私や私より若い子みたいな
まだまだちんちくりんのロックキッズにいろんなロックがあることを、
本物の音楽がここにあるんだよってことをちゃんと諭してくれる、それがいいんじゃないか。
全部たのしんでほしい。全体をたのしんでほしい。
わるいけど、それができない人にあれこれ冬JACKの文句いわれたくない。


楽しかった感想は仕事帰ってから書くわー!






トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) one day something all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。